地鳴りが続きますねぇ・・・

d0347140_11031449.jpg



昨年の11月22日、M7.4 震度5弱の地震があって以来、毎週のように地鳴りがあって 
12月28日には震度6弱の大地震が発生しました その後、茨城北部で25回も余震が起きて
仙台でも毎晩5秒か10秒の地鳴り後に グラッと揺れ始める、深くて周波数の長い地震が続きました。

昨日も、今朝方も、あったんじゃないですか? 寝てる時に ゴオーーーっと地鳴りがしてて 
そろそろ 来るなぁーーーって時に ユラユラしはじめる。
今朝の震源地は宮城県沖だったそうで、東日本大震災の余震・・・いまだ余震は続いています。
太平洋岸が4mも後退していたのに、11月22日は50cm海側に戻った、、、と言うんで 
いよいよ房総沖の反発が始まったという学者もいます。実際、唐桑半島では5mも海岸が東にズレたし。

いつ来てもおかしくない、南房総沖の地震については南海トラフ以上に喫緊の課題とされているようです。
深さが地表から10kmと浅ければ 「激震」になるはず。津波も発生する。



千葉と横浜に住む娘たち、2家族5人分の避難用品を一揃い(大震災の被災地支援で考えられた必要品)
それぞれ50リットルザックに詰め、、、この正月に父親からの「お年玉」として2家族に手渡しました。
どんなことがあっても 「生き延びろ!」です。 気持ちは伝わったと思います。

バーナー ガス3本 コッヘル 軍手10足 子供用軍手 笛 ヘッドランプ 発電装置付きの携行ライト 歯磨き歯ブラシ
ろうそく 洗濯バサミ クリップピン カーテン用ロープ ゴミ袋(黒) サランラップ ガムテープ 洗剤 割箸
折畳式水槽 子供用ヘルメット ウェットティッシュ マスク 子供用マスク 携帯トイレ(大、小) ロールペーパー 
消毒アルコール コンタクト洗浄液 テント用シート シュラフ夏用 緊急保温用アルミシート 20000mAhUSBバッテリー 


関東地方に わが子を住まわせている親御さん 
孫子の心配をしてばかりいてもしょうがないんですが、やれるだけの支援をし 経験を活かして必需品を準備して
送っといたほうが宜しいんじゃないでしょうか? やらずに不安で過ごすより 「やって、安心」を選ぶ! 

「帰宅難民」・・・2011年大震災では 帰宅難民と化した勤労者学生が5百万人と推計されました
環状7号線の封鎖・通行規制と「備蓄」条例とで 都心部企業か公共機関への泊まり込みも増えるとしています
常に持ち出せるようにザックに当面の緊急用品を詰めておくことを 我が子には申しつけました。
既にあちらの勤務先では ヘルメット、水、食料などは社員全員分、ロッカー室に据え付けられたそうです。

登山も、山スキーも 気になるんでしょうけど・・・がまんがまん (´艸`) 


--------------------------------------------


今村雅弘復興相は マラソンに例えて「今現在は30キロあたりで、勝負どころだ」と強調したそうですが
福島県民はいまだにスタートラインに立てないでいる 「政府と現場との認識」の大きなズレがありそうで
福島県知事からも この大臣発言に苦言が出たようです。

さらにまた 大臣から「フクシマ フアースト」という 今流行りの言葉も出たそうですが
この言葉さえ「福島第一」原発を連想させるので 言葉遣いには細心の注意を図ってくれと苦情が出たとか。
自民党はオリンピックの綱引きとテロ「等」準備罪の成立に躍起だから・・・呆れる発言ばかりが続きます。







[PR]
トラックバックURL : http://tabilogue2.exblog.jp/tb/23808521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tabilogue2 | 2017-01-29 11:18 | アラカルト | Trackback | Comments(0)