好天待ち・・・CHOUINARD

d0347140_13480658.jpg


好天待ち 山頂は荒れているらしく 
彼の「東面」は ガスの中、今日も姿を現さず

先週から 舌下状の寒気団が居座っており 
なかなか 安定した日柄にはならないみたい

この風は 水曜から木曜にかけて止みそうだが
移動性低気圧のため、金曜から再び冬型に戻るようだ

-------------------------------------------------

暇で・・・ 手持ちのカラビナをピカールしていた
リンク先の「ばやん老人 風塵日記」で 
ばやん氏が「刻印」について 一くさり書いていらしたので
自分も刻印付きのガチャを取り出し 感慨に耽ろうとw 

-------------------------------------------------

今日はカラビナの話

「CHOUINARD」
古いクライマーは ショイナードと呼んだりしたものだが
イマジンは シュイナードといったりするのだろうか?
「Black Diamond」とは いちおう 口にはするだろうけど 
それが「CHOUINARD」のリボーンだとは 多く知られていない

いまさらだが、、、シュイナード氏は
「patagonia」社を起こした創立者でもある

横道にそれるが、、、
二人の脱サラ男が 1988年 鎌倉に日本支社を創るまで…
当時の僕は patagoniaの”チンチラ”を個人輸入で手にしていた
今は”シンチラ”というのか? 「フリース」のことであるが

特に思い出すのは、、、
『patagonia』のタグが monochrome から 現在の color タグに 突然変わった
理由は 偽タグを市場から排除するためだった 
高級バッグのブランド品の紛い品がネット市場に流されていた頃の話
シュイナードが衣料部門として残した、小さなパタゴニア社は成長を遂げた
そんな話も付け足しておく
ユーザー歴はかれこれ35年?になる


さて、、、写真のカラビナには新と旧とがあって
旧いほうが打刻印タイプ 新しいほうがエンボスタイプだ

で、先述のばやん氏のBlogで 
打刻印 "S" に 一種の情感を抱いた風に記してあった 
自分もそういえば カラビナは
エンボスよりも打刻印のツルっとした手触りを好んでいたっけ
 
ブランドマークの「ダイヤモンド ”C”」のロゴ刻印
今更 旧いカラビナを並べて 
30数年前の「あの頃」を呼び覚ましていたところ(笑)
「CHOUINARD」は「ダイヤモンド ”C”」のロゴマークで
「Black Diamond」のBla”C”kに引き継がれていたが 
それは 創立世代の「男」たちの”友情の証”だ

打刻印タイプのシュイナードはもう手に入らない
時の流れを知る者にとって 
Chouinard と BlackDiamond の関係は語り草
Patagoniaという大きな礎を築いた流れも



旧いカラビナを一枚一枚手にとって並べた
エンボスタイプより打刻印タイプに 趣というか 風味を感じる
でも カラビナの味なんて・・・?
わっかんねぇだろう が、じつは色々と ショッパイのだ




d0347140_13501048.jpg
手前下からの4セット 左のカラビナがCHOUINARDの打刻印タイプ 
つづく2セット 左のカラビナがCHOUINARDのエンボスタイプ 
奥の1セット 左のカラビナがBlack Diamondのエンボスタイプ
環付きカラビナ Black Diamondの刻印タイプ(おそらく鋳型)






[PR]
トラックバックURL : http://tabilogue2.exblog.jp/tb/23855579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ばやん老人 at 2017-02-16 12:01 x
お呼びですか。
英語圏の俗な言い回しはわかりませんが、ブラックダイヤモンドのひし形ロゴにシュイナードの “C” が隠れていたんですね。
Commented by tabilogue2 at 2017-02-17 14:24
> ばやん老人さん
呼びました(´艸`) Black Diamondの Blackの”C"を意匠的に菱形で囲んでいるロゴデザインを見つけて一人ゴチに入っておりました。昔、25年前のアイスバイルを引っ張り出したら ちょうど菱形が”C”を囲っていたロゴで、、、なるほどと勝手にそう思い込みました(笑)
by tabilogue2 | 2017-02-12 13:53 | アラカルト | Trackback | Comments(2)