JR通勤登山も終盤だね

d0347140_13410911.jpg

”縞男”simao  縞男本舗 提供

-----------------------------------------------------------------------

お硬い話をすれば・・・

今まで此の方、「里山を歩く」という概念を 自分は持ちあわせてこなかった。学生時代から「山岳指向」で 今もって頭の中は 標高でいえば4桁以上(出羽丘陵など例外はあるが)、高低差なら00m以上、時間で言うなら 登り2時間以上。それが 自分にとっての「山岳」であったし、それ以下は意に適わぬ山だった。いわゆる「山の深さ」を尺度にあてがっていた。その尺度以下を「山」と称する感覚が自分には ない。福島育ちだからか、学生時代から山は「飯豊、朝日、吾妻…縦走一本」だった。社会人になってからも南会津の雪山だったし、仙台では「沢登り」ばかりで・・・里山といえば泉ヶ岳ぐらいだったろう(泉ヶ岳は奥山に分けられるけど)。逆に… 僕にとっての本当の里山は、所詮、焚き付けに拾う「芝刈りの裏山」だった。会津じゃ 芝刈りでさえ「山止め」を決めて入山できなかったもんだが。。。

幸か不幸か 体力的に登れるうちは「山岳指向」でいたい 今もそう誓ってる。飯豊、朝日、南会津…、テント山行が主体、小屋泊まりも多くなる。朝晩の「空気感」を身に着けずには 公然と「山に登ってきた」とは言い難かったし 山が深かったので野営は必然だった。逆に言えば、それができなくなった時、「自分の山」という概念を捨て去ろうと思っている。その頃からでも 里山歩きやスポーツ登山をしたいとも思っている。しかし いつまでも「自分の山」に未練タラタラ…ってのが一番よくない 一応、わかってはいる(´艸`)

---------------------------------------------------------------------------------

さて、いよいよ2月も終盤になってきました 

冬は走れる車がない 「泉ヶ岳」も凍結するうちは登れない ム~リ~ かといって 自分の考えを曲げてまで 低山や里山を徘徊する気もないw 結果 淡々とJR登山を重ねてきた。 仙山線沿線が雪崩れ始めるまであと2、3回は、、、「雪稜」に対峙するのは可能だろう。 というわけでこの冬6回目の「JR仙山線」登山、3回目の東面。まだグズグズと潜る雪w ツライ 3月の堅雪まであと少しの辛抱。堅雪となれば、いよいよ春山解禁 いよいよ「厳冬期」の面白山ともオサラバ まもなく仙山線ともオサラバか? ちょいと 寂しい けど嬉しいw 春山は そこまで来てるもんね♪ 行かなきゃ 春山! 残雪と霞む空♪


d0347140_18315798.jpg
沢内から真昼山へ

d0347140_17002286.jpg

d0347140_17025967.jpg
枯木山にて 私とチャウ  撮影者:A山



[PR]
Commented at 2017-02-26 22:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabilogue2 at 2017-02-28 18:12
A山くん、ひさしぶり。YMCA山岳会を辞めてもう15年になりましたか?あれから古巣も色々あったようで 佐野さんが抜けてからは昔のYMCAの良さ、面影がすっかりなくなったようです。むしろ、辞めた佐野さんの影響が強く出て 今は不甲斐ない、何も考えていない、山岳会になったようだな(笑)

「結局 私って仙台時代が基礎になっているのかなぁ・・・」おそらくその通りです そう思って当然ですよ。僕なんかも楽しい山行にするために「礎になってもいいや」とまで思ったほどでしたからね。当時は最強 最良のメンバーでした。事故もありました 遭難死亡事故もありましたが 会員の心の何処かに「誇れるもの」が棲みつき、人間形成に必要な酵母が良い酒を醸成するがごとく思い出多き山岳会時代であったんだろうと思っています。

できることなら 佐野さんの復権と楽しい山行の日々の復活をその場に臨みながら進めてゆきたいのですが いかんせん 戻れる雰囲気は今はなくなったように思われます。

硬派な考えがないと・・・ 直ぐに流され「迎合」しちゃうので 自己の基準は常に考え、「迎合」ではない「柔軟」さで 会運営にあたってくださいね。またコメントください。昔のメンバーがこのブログを読み始めてますので 復権復活のきっかけになるブログでありたいと思っています。
Commented by tabilogue2 at 2017-02-28 18:17
そうだ! 3月、雪が残っていれば栗子に行きますが・・・(雪がなくなれば予定変更ですが)仙台に来る予定があればいつでも書き込んでください。
Commented by Aです。 at 2017-02-28 23:14 x
3月いいですね・・行きたいのですが・・3月は期末で仕事厳しいです。実は震災の5か月前に船形の沢に行った以降、仙台に行っていません。暖かくなってから、会津の沢とか、行きたいです。検討お願いしたいです。
(追記)現在所属の山岳会は正直厳しい・・。もともと百名山とか北アのクラッシックルートとか、人の基準に迎合している人が多く、趣味だからこその、その人らしさがないので、むしろ山で会う単独の人のほうが面白いです。自分で見て触れて自分で判断したらいいのに・・。当会、雪山で同時登攀、いわゆる電車ごっこ状態になっていて・・何人ぶらさげたら気が済むのか・・行きたいだけで技術的にも迎合?規範なさ過ぎで最近さすがに無視できなくなり・・・。愚痴っぽくなりすみません。今思うとYって良い会でした・・もときちさんにもお世話になりました。ありがとうございました。
Commented by tabilogue2 at 2017-03-01 12:25
> A山くん
そうか、そうか、人の山行にぶら下がって?いったい何人ぶら下げて登ればいいんだ???つう状態、それが常態になってるんだね。A山くんは会のメンバーにすれば 若くてガンガン引っ張ってってくれる、任せられる人?いい人なんだね(笑)。YMCAじゃあ考えられないね 年間300も400も山行計画が上がってくる山岳会だったからね。会員それぞれ趣の違う山域で山行してましたから、そういう点で自分の山、自分のスタイルのないメンバーばかり「連れてって登山」になっちゃってるんだね。そちらとは落差が激しいようだ。

基準ラインを曳いて それに合致するような努力家以外は選考漏れにするといいよ! 宿題を決めて、考え方や技術の磨き方に合致するような人を たった3人育てて「組織の核」を作る。月2回で沢と稜線と交互にやっていくと A山のスタイルに他メンバーが馴染まざるを得なくなる。連れてってもらうから ココに行くためにはどうすりゃいいんだ?と 悩む会員が増えてくる。そうなれば今年一年は御の字になるんじゃないか? 来年はその核になるメンバーで年間計画を核のメンバーだけで協議して作っていく。だんだん 自分の山を持つ目が養われてくる、、、A山くんは その統括をする プラス 自分の山も加えていく。。。

必ず 上手くいくと思うよ 自分の山を考える 自分の山を持つ チャレンジに不足な点を充足努力する人たちが3人 ゆくゆく 会を仕切れるメンバーが数人増えていく こういう図式で増やせばいいか? 育てる時間がないとなれば 他会に逃げるしか無いけどね それもイヤだろうから 核のメンバー3人できたら何とでもなるよ(´艸`)

会津の沢・・・??? A山とチャウと三人で枯木山が最後か??? 4年前に会津の沢も大水が出てズッタズタになってしまった。丸山の東か? 御神楽か? 
Commented by tabilogue2 at 2017-03-01 23:42
あ、俺の名前はネットに出しても構いませんよ ネットだからハンドルネーム「もときち」にしてあるだけです。高橋でいいですよ。

残雪の頃にでも「南会津に登ろう」と 安田くんから提案がありましたが、なんせ職業柄いまが繁忙期なので、アイツも体が空かずに話だけで終わってるんですよ。でも大阪のマツムラ君にも話いってるんで 連休雪が無くとも歩ける範囲で沢で焚火でもして酒を酌み交わすのも有りかと。会津駒-三岩-会津朝日の稜線上 5月 連絡取れたら いつでも行けますので 酸素不足になったら書き込んでください。yahoo.co.jpならメールは読んでいます 。最近はネパール在住の会員とも連絡が取れております
Commented by tabilogue2 at 2017-03-02 22:42
会津の沢で常に行きたいと思っていた沢がありました。郡山の友人と行こうとしてましたが 歳に負けたようで行かずの山になってました。

檜枝岐から尾瀬黒岩山に至る沢が歩けてません 今夏 行きたいと思っていますので 計画を送ります 夏休み休暇を調製して松村、安田、佐野、太田、幡野にも声をかけようと思います。実川の源流、赤安沢、硫黄沢あたりの花沼湿原を巡ろうと思っています。でわ! コノ後はメールにて。
Commented by Aです。 at 2017-03-02 23:32 x
基準ラインを曳いて・・・アドバイス、ありがとうございます。がんばってみます。

ところで、そう枯木山が最後ですか・・実はちょっと前、会津の山+藪専門だったという入会希望者が来られて、会津の沢の話をしたので、会津の沢も話を書きました。
今夏の計画、よろしければ(日程が合うようでしたら)お願いします。メールの件、了解です。
by tabilogue2 | 2017-02-22 13:44 | 面白山 | Comments(8)