d0347140_16102737.jpg
南面白山はガスの中



雪慣れ(初雪)山行
「 JR登山 」 仙台発7:07-面白山高原8:07


今日のお山は 昨日からの雪が降り続いて 
10~15cmふわっと積もっている

雨降り後に急速に冷え 岩に氷の被膜が張りつく 
初冬や、春先の氷爆によく見られる 

”ベルグラ”

でもなんか 新鮮だ まさに初冬って感じだなぁ


d0347140_12300972.jpg

いちおう登る前に 携帯電話の電波は確認してるけど
それでも ソロの心理は… まあ 揺れる

時に 風雪の際には極限状態まで追い込まれたり
休憩を取らずに 必死に動き回る傾向もあり 
我を忘れ 自制不能らしい > 蓄積疲労で落ちる


でも・・・こんなことブログには書かない
”強がり”と”結果オーライ”のみ記述 それが当世流だ

真実は秘匿されたまま 誰にも知られない 
それが 今風のブロガー心理(´艸`)

カッコイイとこ ウケのいいとこだけ 切り取るのが上手い
反省なんか するもんかw(?)

でなきゃ、冷蔵庫に寝転んでピース写真なんか撮らないはず
50歳越え 60歳になってもこの心理は普遍だ

 表面で笑いを繕って 内心を隠そうとする 
人間心理てヤツは…おぞましい

d0347140_16120533.jpg

ガチャガチャ重なった岩だらけの登路
ここじゃ転びたくないぜ

南面白山の急斜面トラバースの登路 岩がゴロゴロのガレ場
ローリング・ストーン状態の岩の重なり
ベルグラの岩にふわっと10cmほどの雪が被ってる

ここで足を滑らせ グキッとやったら? 
それこそ??? 
たぶん 登山者は…悪天予報の土曜・日曜は…こない
発見されずに? ココで終わることになるw

そんな ”ソロ”のリスクを承知で登る
だから対策を十分にして ”ソロ”に臨むわけ


この急斜面なら アイゼン先端部にツァッケが欲しいのだが
6本爪でも 履かないよりはマシ(下山時は大助かり)

アルミ10本爪アイゼンでなら もっと楽 
滑って 立てない 手も足も出ない… ベルグラ対応
いい「山行テーマ」になった(´艸`)

雪に馴れてこその「雪山」だ
コタツに入ってばかりじゃ 雪にも山にも馴れないままだぞw

d0347140_16110798.jpg

人生は「ローリングストーン」 
分かりやすく言えば今日のガレ場だ。 ん?余計わかんないか…(笑)

「苔も金も身につかない」ロックンロールな人生観から観て
晩年期に骨折するよな「破天荒」さは 案外 歓迎されるかもw

「ローリングストーン」…成り行きと結果は甘受せねばならないw
となると
ベルグラこそ ロックな人生に関係がありそう( ̄ー ̄)bグッ!

だが? 自分はロックな人生を歩めない。。。つか 性格的に無理
その証拠を以下に挙げると…

なんせ 首尾よく 
持参の軽アイゼンをザックから取り出したじゃないか
「準備万端」「用意周到」・・・って ロッカーじゃない証拠
至って 普通ジン 極めて オジン


沢を一本見落としてあらぬ方向に下りてしまい「遭難」同然、道行く車に救助されたり・・・
超激込みの山小屋にツェルト持たずに行き「漂流」同然、ブルーシートで野宿したり・・・
一般登山者のほうが よっぽどロックンロール人生やってる♪

「遭難?」「結果オーライ?」「永遠の笑い草」 なんと素晴らしい人生だろ
怖いもの知らず 実力不足 興味本位 展望持たず で物事を進めちゃう 

でも、、、いつかは…大きな事故を起こすぞ、、、マジ( ̄ー ̄;;
山岳会員であっても一般登山者であっても 事故発生パターンはいつも同じなのだ

d0347140_12275626.jpg

隻眼になって8度目の冬 相変わらず斜面がフラットに見えたりする
天候が曇りの時は最悪だ 突然、崖が出現するのにはビビるw

ストックで斜度や凹凸を探りながら 慎重にクリアする 
ガレ場の上部、、、じつは今日 「夏道」の道形が判別できなかった

藪の少ないところを狙っていく そこが「夏道」のはずだが? 
どこも…白くてwわからん つまりは雪慣れ不足だと思うが 

初冬の山、、、藪が覆い被さり道が不鮮明だ 
初冬の山、、、ルートの判別が難しい

岩のあるところは盛り上がっているので 避けることができたが
雪が中途半端に積もって 藪が被さっていて 判断が厄介 直登も敵わん


降りはじめ、積もりはじめ、初冬の雪山、、、意外にコレが厄介なのだ
何度も経験したはずなのに 老いぼれソロとして
あらためて良い経験をし直したと思う また行こうなw
 

次回は ラッセル訓練山行だな
札幌で一気に積雪29cm はたして ソロでどこまで行けるか?
ヤッてみなくちゃわからない
同じ山に通って、不得意をなくす! コレが一番の特効薬。

d0347140_16131567.jpg

今日のチェックポイントは 「雪」
●昨夜どっちにすべきか迷ったあげく軽アイゼンを選んだ
「初冬だから…軽アイゼン」って考え方は間違いと再確認 
これもいい勉強になった つい甘い判断をしてしまう
●降雪用パーカ&降雨用ヤッケ2枚 冬季は降雪用になる
●ウール目出帽 ウール手袋予備 (軍手は炊事に使う)
●ホームセンターで買った「防寒テムレス」は暖かかった
●ウールシャツを2枚、いづれも正解で全然寒くなかった
一枚はスマートウール社のメリノウールの肌着サイズS
一枚は7つボタンの厚手ウールシャツ 休憩時役立った
●冬シーズンに入る前に 毎年ソックスを買い足している
●シュラフカバーをどんな山行でもザックに忍ばせている
●自立式ツェルト一人用は常時携帯する 安全安心登山!
●面白山は携帯(au)のアンテナが立っている 使える安心

まだ11月だが、「完全冬装備」で安全登山に心がけよう!


11月17日 南面白山装備一覧(セルフレスキューに基づく)
①登る前に「安全圏」を確認して・・・GPS電源 携帯電話電波状況のチェック 予備バッテリー
非常用救急袋の中身・・・GPS用予備乾電池単3✕2本(充電済) 赤布10枚 テーピングテープ
 ラジオ ランタン ナイフ 包帯 膝用テーピング 洗濯バサミ2 細紐 スパッツ用ゴム予備
③セルフレスキュー・・・手袋 バーナー コッヘル ツェルト シュラフカバー アルミ泊シート
防寒衣料 アイゼン スリング 環付ビナ2 呼笛 (ロープ ピッケル わかん のこぎり)
④食糧関連・・・湯・水 予備食 行動食(かりん糖、甘納豆、煎餅、キャラメル、酢昆布、梅干)
おにぎり3個(内1個は下山時まで食べない) カップヌードル

「ソロ山行」…一般登山者よりセルフレスキュー意識は高いつもり。
その分、携行する項目は多くなる 決してロッカーじゃないw
 
d0347140_16135183.jpg

北面白山はガスの中




d0347140_19123183.jpg




d0347140_12325108.jpg
ゲレンデトップで10cm






[PR]
# by tabilogue2 | 2017-11-17 16:25 | 面白山 | Trackback | Comments(0)