d0347140_11111076.jpg
正面に 南屏風岳が見える いいところだ

d0347140_11124024.jpg


せっかく 芝草平についたんなら 
立ち寄らぬ手はない

いつも 時間があれば 
1時間ほどのんびり過ごすことにしている



ここにきたら…世事を忘れ 
しばし 山野に酔いしれ 
できうる限り「妄想の世界」を膨らませ 
時間を逆回転させるべきだ 

そのことで時空を彷徨うことに成功すれば… 
少し若返りができるかも?



世事にかまけた自己喪失のあなた
是非お試しあれ お勧め!






d0347140_11141095.jpg

トキソウの花期に当たったようで たくさん咲いていた
その代わり
いつものサワランには数輪しか会えなかった
どこかで
悪い意図に してやられたりでもせねばよいが…


d0347140_11162256.jpg


d0347140_14021777.jpg
黄色の花が夏花のキンコウカ

d0347140_11132872.jpg
同一種族の中で もっとも清楚な花と思っている
ミネウスユキソウ
d0347140_11131755.jpg


d0347140_11130394.jpg


いまから 30年ほど前に戻るが・・・
あの頃は…登山者も少なく ここ芝草平に木道などもなく
うちの娘どもは この原っぱで それこそ自由に飛んだり跳ねたり寝転んだりしたものだった

今じゃ とても考えられないことをしていたわけだが それほどの「秘境」味があった 
まさか これほどまでに登山者が押し寄せるなど 誰が思っただろうか

登山ブームとともに入山者が増え それに社会的な「自然保護の通念」が後追いして
ここの原っぱもすっかり世間並みになり 足を踏み入れることは叶わなくなった

無論 自然保護の通念を抜きにして、「昔話」を語っているわけだが
自然保護の名のもとに規制が必要になったのは その後10年ほど過ぎてからだった
登山道が整備され 木道が敷かれ 失地回復とやらで「湿原」は保護された

それは世の流れであり 至極当然ではあるのだが
仮に…、登山ブームとやらが来なければ 野放図のままであったかも…?
湿原は自己復元能力があったのでは? 今はそんな気がしてならない

罪作りなのは人間 ということか、 いいにも悪いにも「ブーム」の功罪は大きい 



d0347140_11124024.jpg


d0347140_11121882.jpg


d0347140_11115179.jpg
南屏風が見える 池塘が点在する芝草平

d0347140_11113164.jpg


d0347140_11165438.jpg
地味で小さなヨツバムグラの花 
いつも愛おしくなる



[PR]
# by tabilogue2 | 2017-07-20 11:33 | 蔵王連峰 | Comments(0)