カテゴリ:吾妻連峰( 3 )

d0347140_19310527.jpg
一切経山と噴煙 : 東吾妻山頂から

d0347140_20442263.jpg
吾妻小富士と樋沼、浄土平 : 東吾妻山頂から
信夫山を南端にして、北へと信達平野が広がる

d0347140_19285433.jpg
磐梯山と猪苗代湖 : 東吾妻山頂から



積雪期シーズンの最後になって ”群青”の空を得た。
少し早いがこの碧さは5月の天気だ。

思えば今季今冬を通して初めての晴天山行となった。
きょうは「山クラブKAMURO」の皆さんと2回目のグループ登山 東吾妻山だ。 

吾妻は 目を瞑ってでも歩けるほどの 我が郷里の山ではあるが 
じつに、コレほどの好天の中を登るのは 僅か数回の記憶しかない。

それほど今季は 強風と曇天と雪降る中で「仙山線」利用の登山が続いた。

本日同行のヒロシさんから「今季の面白山は?」と尋ねられ、指折り数えてみた
面白山カモシカ尾根が4回(うち雪稜が2回) 奥新川から2回 南面白山1回・・・のうち
丸一日晴天だったのは奥新川からの新川岳登山のみ。

今シーズンは通して強風に泣かされた。

東栗駒は恐ろしいほどの強風だったし ほぼ毎回、冬風に吹かれまくりだった。
船形山と北泉ヶ岳ともに、午前中の晴天は午後になると崩れていたのだった。



d0347140_19301196.jpg
西吾妻山 西大巓 奥に 飯豊連峰が僅かに見える : 東吾妻山頂から


d0347140_19032470.jpg
もうすぐ山頂だ



「山クラブKAMURO」の男性陣は山スキーがうまい
古巣YMCA山岳会よりも 上手い人が多いんじゃないか?

もっともスキーは目的じゃなく「移動」手段として捉えているのだけれど・・・w
にしても どんな斜面でも飛び込んでいけている

ショーアップに耐えうる技術を持ってる 見ごたえがある。



d0347140_17353979.jpg


ヒロシさんは 実にきれいなフォームで滑り降りてくる
無関係な人にも 見せてあげたくなるほどだ(´艸`)
春山の少し薄汚れた斜面に きれいなショートターンの白い弧を描く

ひとつ 僕も・・・と 
20数年振りに?再開しようか…と 武者震いするほどに刺激を受けた

今、、、
道具は一つも無い、、、が (´艸`) 

いづれ 負けない(笑)


d0347140_19092543.jpg

女性陣も トレーンで離れずついてくる

d0347140_19102989.jpg
とまあ この辺で…、

あまり 深くは突っ込まないのが ”吉”かとw

d0347140_19123755.jpg
肘を身体に近づけすぎると、その分だけ後傾が強調されてしまう
特にターンイン側の左腕を前へ構え、視野に入る位置にするとバランスが保てる
d0347140_19140559.jpg


d0347140_19152253.jpg
簑輪山 鉄山 安達太良山を背に滑る 


おっ? なかなかいいフォームだ 外足に乗れている

内倒せずに・・・?  といっても 
なにが ナイトーで??? どれが ガイケーなのか???
本人さえも分かっていないだろうけど?(´艸`)

ターンの外足、外腰、外板で 雪面を押さえる意識で挑むと
エッジが立ち、自然に腰から上は「起きてくる」 

それを 言葉では「くの字」というけど
巧く滑れたときには 自然に「くの字」になっているもの

なかなか 意識して気づくものではないのだが
エッジが立ち、シュプールも細く、ターンも切れ上がりを見せてくる

次のターンに「入り易くなった」・・・ 
そんなことが 頭に浮かび イメージが描けたとき・・・
たとえば「くの字」姿勢が「できている」という理解の仕方だ
(実際には ビデオで納得すべき だが)

左右のターンに対応できる=「中間ポジション」
このポジションが重要だと気づくようになれば
テクのランクは(その技術レベルにおいてだが)「上位」になる

技術は「修練の結果だ」、というのが 初めて具体的に解ってくる

----------------------------------------


今日は 典型的な「春スキー」の一日だった 
最後に蓬莱山の山頂からダウンヒルで 今日のフィナーレとした

僕は この時のために 狙っていた「あること」を実行した 
わざわざ『その為』だけに スコップと長めのピッケルを背負ってきた
スコップにピッケルの柄を差し込んで それを尻に敷いて
ピック&ブレード部とに足を載せ 左右の足で舵を切った
 山頂付近からの一気のダウンヒルに興じた

少年時代に戻ることができた(笑)首尾は上々、狙いは上手くいった 

まだまだ 「オイタ」が止まらないらしい…(´艸`)


d0347140_19180842.jpg


おまけ。。。
d0347140_09380730.jpg
d0347140_09374436.jpg




[PR]
by tabilogue2 | 2017-04-23 19:32 | 吾妻連峰 | Comments(4)

吾妻へ・・・

d0347140_19134026.jpg



今年 「吾妻の白兎」は すごく痩せ細っていた
気になる雪の状況を見回ってきた


人形石・・・

ここに立って 眺めているだけで・・・
かつて 縦走ばかりな青春が蘇る

この吾妻の たおやかな山稜にこそ 
他にはない特別な情感がある 

それが確と掴めるまで・・・
探し歩き廻るのも いい山旅だ

十八の夏 僕らがそうだったように


---------------------------------------------


ブログも含め、記録なんて 
想い・・・の結果にすぎない

想いこそ 大事
それを忘れて登れば 単に登山行為だ

想いのない山登りなんて・・・
とっくに卒業していなきゃ

山はスポーツの場じゃないんだから( ´艸`)

想いのない山に登って
想いのない記録を書いて

それで・・・どうしたいの?

いや、もう 止そう

---------------------------------------------

いつか ふたたび・・・
小屋を繋いで歩けたらいいなぁ、吾妻嶺 
そんな 想いに耽る登山がしたい



d0347140_19250727.jpg


谷地平から 藤十郎を巡り
ふたたび谷地平に降りるのもまたいい
人形石に上がって眺めるのもいい

弥兵衛平に 寝転がって
ずうっと 空を眺めて 風を感じて
生きる を感じていたい

テッペンだけが山じゃない
登るだけが山じゃないんだから・・・


なんで いつまでも 名山指向なんだろう?


d0347140_19163901.jpg



d0347140_19271040.jpg



d0347140_19221827.jpg

ガンコウランの「庭」


d0347140_19285032.jpg



d0347140_19251277.jpg



d0347140_19211200.jpg


d0347140_19211818.jpg



d0347140_11082591.jpg




[PR]
by tabilogue2 | 2016-03-29 22:48 | 吾妻連峰 | Comments(3)

栗子山 雪の状況

d0347140_20331340.jpg

吾妻から見た大杭甲山と栗子山と七ツ森。左手に豪士と駒ヶ岳。 奥は蔵王




栗子に新しいルートを見つけようと思って・・・ 
今季最後のアプローチを試みたが・・・既に 雪が無い! 
見るからに 藪山と化したいつもの栗子になってしまい
・・・登る気が失せた

しかたないので 天元台まで移動し吾妻に心を向けた。





d0347140_22423244.jpg



[PR]
by tabilogue2 | 2016-03-29 20:35 | 吾妻連峰 | Comments(0)