「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:吾妻連峰( 2 )

吾妻へ・・・

d0347140_19134026.jpg



今年 「吾妻の白兎」は すごく痩せ細っていた
気になる雪の状況を見回ってきた


人形石・・・

ここに立って 眺めているだけで・・・
かつて 縦走ばかりな青春が蘇る

この吾妻の たおやかな山稜にこそ 
他にはない特別な情感がある 

それが確と掴めるまで・・・
探し歩き廻るのも いい山旅だ

十八の夏 僕らがそうだったように


---------------------------------------------


ブログも含め、記録なんて 
想い・・・の結果にすぎない

想いこそ 大事
それを忘れて登れば 単に登山行為だ

想いのない山登りなんて・・・
とっくに卒業していなきゃ

山はスポーツの場じゃないんだから( ´艸`)

想いのない山に登って
想いのない記録を書いて

それで・・・どうしたいの?

いや、もう 止そう

---------------------------------------------

いつか ふたたび・・・
小屋を繋いで歩けたらいいなぁ、吾妻嶺 
そんな 想いに耽る登山がしたい



d0347140_19250727.jpg


谷地平から 藤十郎を巡り
ふたたび谷地平に降りるのもまたいい
人形石に上がって眺めるのもいい

弥兵衛平に 寝転がって
ずうっと 空を眺めて 風を感じて
生きる を感じていたい

テッペンだけが山じゃない
登るだけが山じゃないんだから・・・


なんで いつまでも 名山指向なんだろう?


d0347140_19163901.jpg



d0347140_19271040.jpg



d0347140_19221827.jpg

ガンコウランの「庭」


d0347140_19285032.jpg



d0347140_19251277.jpg



d0347140_19211200.jpg


d0347140_19211818.jpg



d0347140_11082591.jpg




[PR]
by tabilogue2 | 2016-03-29 22:48 | 吾妻連峰 | Comments(3)

栗子山 雪の状況

d0347140_20331340.jpg

吾妻から見た大杭甲山と栗子山と七ツ森。左手に豪士と駒ヶ岳。 奥は蔵王




栗子に新しいルートを見つけようと思って・・・ 
今季最後のアプローチを試みたが・・・既に 雪が無い! 
見るからに 藪山と化したいつもの栗子になってしまい
・・・登る気が失せた

しかたないので 天元台まで移動し吾妻に心を向けた。





d0347140_22423244.jpg



[PR]
by tabilogue2 | 2016-03-29 20:35 | 吾妻連峰 | Comments(0)