「ほっ」と。キャンペーン

d0347140_10262871.jpg


今日の写真は 2011年2月撮影からの一枚。転んで片肘をついた時に折った…と穏やかにお話されていたお年寄り。 ひとり、陽光燦々の縁側で日向ぼっこしてた。当日は気づかなかったけど、この日は ”雨水の節気” でした。 この3週後ぐらいに大地が大揺れしたのでした。

まだ 恐ろしいほど高レベルの放射能に覆われ 除染の効果も半信半疑。子どもを連れて帰宅だなんてとても考えられない。「帰宅忌避」を訴える人がたくさんいるというのに 国と福島県は 自主避難者への住宅の無償提供を今月末打ち切るそうです。年度末になると「打切話」がでてくる、その都度「延長」になってきた問題。「こんなおかしな政治を黙ってみていろ!」とでも言うんですかね?

国も「復興という名」の箱ものづくり、沿岸をコンクリートで固めただけ、、、アレだけの水素爆発・放射能拡散・被曝事故を起こしたにもかかわらず さも忘れたかのように「再稼働」に躍起になってる。「東電」も賠償責任から逃れようとするし、政治も国会で大きな取り上げ方になっていない。

今村雅弘復興相は マラソンに例えて「今現在は30キロあたりで、勝負どころだ」と強調したそうですが、福島県民はいまだにスタートラインに立てないでいる。「政府と現場との認識」の大きなズレがありそうで 福島県知事からもこの大臣発言に苦言が出たようです。 

さらにまた 大臣から「フクシマ フアースト」という 今流行りの言葉も出たそうですが、この言葉さえ「福島第一」原発を連想させるので 言葉遣いには細心の注意を図ってくれと苦情が出たとか。自民党はオリンピックの綱引きと テロ「等」準備罪の成立に躍起だから・・・呆れる発言ばかりが続きます。

安倍首相はオリンピック招致を決める2年前のIOC総会で 「今までも、現在も、そして将来も! まったく問題はない! ということをお約束します」「福島についてご案じの向きには、私から保証します」と世界に向かって まるで「自己陶酔」したかのような「大見栄」をきった。「アンダーコントロール」 この言葉で被曝地はほんとうにガッカリさせられたものでした。 虚栄心の強い人が語るに落ちる、二枚舌。 嘘を嘘で塗りたくって 平然とできる政治家とは不思議な人種、職業だ。

しかし「まったく問題はない!」と、願望すれば解決するような事態ではなく、現実はコントロール不能で大問題ばかりが山積し、凍土壁も不完全で、メルトダウンで核燃料が原子炉に留まったままかどうかさえ 不明なのが現状。最近のニュースではロボットは進入不能で 堆積物の究明もできずにいる。 最高水準の技術が原子炉の暴走に太刀打ちできずに翻弄され続けている。これが「二枚舌の裏側」「フクシマファースト」の現場なのである。

6年経てば 大震災は「過去形」なの? 10年経てば 罪は消えて無くなるの? 忘却の彼方? 30年、放射能の半減期まで 福島は「不安だらけ」で戻れないというのに そんな国の原発政策で「被曝地帰還の人体実検」が 許されるとでもいうの? 

原発事故で避難した子どもが ゆすりの虐めにあって150万も掠め取られた。にもかかわらずイジメと認定せず、マスコミが騒いで 全国的に取り上げられて、ようやく教育委員会が謝罪して やっと「イジメ認定」だって呆れた話だ。教育委員会こそ 自由な発想ができず硬直しているのでは? 

その一方、「神の国の教育勅語」を幼稚園児に朗誦させる? 歴史の逆流に子らを泳がせる?「天皇」を利用する? そんな怪しげな神道式の学校法人に一国の総理婦人が小学校名誉校長を務めるって? 国会で追及されると、紛糾する前に「辞退」でもみ消し? でも「主人も教育方針が幼稚園から小学校まで一貫されることは素晴らしいと言っております」って 教育勅語を暗唱させる「幼稚園・小学校一貫『洗脳』教育」に疑いを持たない。ヘンな夫婦だ。 

それにどういうわけか? その法人に国の土地を「数字の差し引き」で超安価で売ったって? つまり、9億3千万で払い下げた土地代の約90%にあたる8億円を「土中のゴミ」をダンプカー4000台分で撤去する費用に充てる「見込み」で差し引いて譲渡契約したと説明した。 が?、付近の住民はダンプカーが4000台ほどの「事実はない」と証言するや、そのゴミの半分は再び埋め戻したと答えたという。まさに9億の土地を8億国庫負担で 差し引き1億で譲渡したという事実が浮き上がった。 国の機関が一法人に便宜を図る…という典型的な政治的利益供与の略図が描かれた。

どこぞの国の「おとぎ噺」かと思えば この「日本の今」だと言う。なんだろ? この時代錯誤! 異常な感覚てば、、、…? 総理大臣:安倍晋三も 森友学園理事長:籠池泰典も 防衛大臣:稲田朋美も みんな出処は一緒・・・侵略戦争を正当化する歴史修正主義者、右翼、国粋主義者の集まり、「日本会議」のメンバーだ!

右傾化! 保守派のやりたい放題 この腐れ加減…、呆れたものだ。そんな「政治的貧困」の真っ只中に我々は暮らしている。 アハハ オホホ と 山などに通ってる場合じゃない (でしょうけど、、、) 第二次安倍内閣になってからというもの 福祉に宛がうはずの消費税はどこへやら 貧乏の見過ごし 福祉のやり過ごし 福祉と教育の切り捨て 教育を受ける権利の格差化 教育の右傾化 歴史の修正主義 金融と市場優先 TPPと資本家の言いなり PKO派兵と軍備予算の膨張 ・・・ホント 情けない。。。 おかしな国になりました。

皆が皆を思いやる そんな国、政治にしたいものです。 そうは願っても、、、「小選挙区」選挙制度の世の中じゃ 保守が半数以上。困った人は どうすりゃいいの?

「反安倍」、コレでまとまるしか 勝つ手はない。




[PR]
by tabilogue2 | 2017-02-23 15:12 | コラム | Comments(0)

d0347140_07471433.jpg




政治と無縁なところに 「趣味の世界」があるとすれば
いったい そこは …どこなのだろうか。。。

モノ言わぬことで 単に山に興じたとして
それは人間として 真に正しい姿なのだろうか?

歳を重ねるごとに中年は・・・
あらゆる意味で 卑怯な生き方になってゆく

分かっているのに、
その出るであろう一つの答えに 盲目と聾唖を誓っている

沈黙の殻を破り、心動く対象を守り抜くには
大人たちの言動が必要になる。



その感動も言動も
愛する子らの 「未来」に関わっている。












[PR]
by tabilogue2 | 2016-07-04 07:25 | コラム | Comments(2)


d0347140_14592014.jpg




自民党は「参院選の公約」として
「憲法改正を目指します」と掲げていますが
街頭ではそれに触れず 争点を隠したまま

自民党の狙いは「9条2項」を削除し
自衛隊を解散、「国防軍」を創設すること
そのため
改憲の国会発議に必要な3分の2議席を
占めようと目論むこと

自民党、公明党の候補に投票することは
子らを戦場に送るのとイコール



日本国憲法 

第二章 戦争の放棄

 第9条 (戦争の放棄)

  国民は 正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
  国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
  国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する



第9条2項 (戦力の不保持、交戦権の否認)

  前項の目的を達成するため、陸海空軍その他の
戦力は、これを保持しない
国の交戦権は、これを認めない



国民生活面では 
アベノミクス「第3の矢」は放たれまないまま

この3年半で福祉は切り捨て 
ことごとく「受益者負担増」ばかり
いっこうに 
地方が潤うことはありませんでした

安倍政権で得をしたのは 
資本家、投資家、大企業と金融関係のみ


もう だまされません

平和憲法を護り 国民生活を守る人を
私は応援したいと思います

7月10日の投票日には
自民・公明以外に投票しましょう ( `ー´)ノ































[PR]
by tabilogue2 | 2016-07-01 15:02 | コラム | Comments(0)

5年を数え終える・・・


今年もいよいよ暮れてきました。2016年、震災から、まる5年が過ぎ、6年目の年を迎えることになりますが・・・
その前に 自分たちは「あの日」どんなことをしていたか あらためて「想いなおしたい」と思います。
好きな車にも乗らず 山へも行かず 好きな撮影もせず 2011年は「仕事」と「支援活動」とで精一杯だった。
それもこれも イッズミーには「支援の輪」ができていて、「分かち合う」「助けあう」「共助」があったからだ。

以下の記事は 震災直後から”3週間がたった”*イッズミーブログと、”3ヶ月経過後”のイッズミーブログからの引用です。




------------------------------------------------
d0347140_21035201.jpg
野蒜地区での支援物資配給 2011.04.29 野蒜駅裏地区


d0347140_21274553.jpg
東松島ボランティアセンター・テント



皆さんから たくさんの支援物資がよせられました。遠くは九州の車仲間から、会社関係では九州 大阪 名古屋 東京 札幌から イッズミー関係では山形 福島 仙台 その他 神奈川 仙台YMCA山岳会 皆さんたちから寄せられました。

下着類 肌着類 靴下 帽子 作業着 作業服 ジャンパー トレーナー ジャス シャツ Tシャツ ゴム手袋 軍手 軍足 洗剤 たわし シャンプー ハンドクリーム 赤ちゃん粉ミルク 紙おむつ おしりふき 除菌スプレー ウェットティッシュ からだ拭き タオル リンゴ 味噌 お茶 お菓子 カップ麺 レトルトご飯 飴 水 ガスコンロ ガスボンベ 長くつ スニーカー ひも 輪ゴム ゴミ袋・・・ 

下の写真は それら皆さんから送られてきた物資で、運ぶのはこれで5回目になります。肌着・下着類で600枚その他400点 リンゴ箱 帽子の箱・・・5回目の支援物資だけでリビングの半分が埋まっております。中には お菓子やお婆ちゃんの紙細工(おり紙など)も送られてきました。そうなんです 緊急支援から生活支援へと送られてきた物資は変化しております。皆さん、わかってらっしゃる。。。

d0347140_21341682.jpg
わが家のリビングは毎月2回、支援物資で占拠されてしまう



次回からは 生鮮食糧の調達が課題になります。お米、味噌、醤油、調味料、果物と野菜と塩干ブツを送ろうと思います。
皆さん、今後も継続的なご協力 宜しくお願いいたします。

*生鮮食料品は 
岡山県のカモイ紙工株式会社様、秋田県の高茂合名会社様、イッズミー参加者の松崎さん、誉田先生から
月2回の支援物資を受けて、毎回300食ほど配送できました 報告追記しておきます。


d0347140_21042860.jpg
仙石線 野蒜駅遮断機付き踏切



4/3の避難所状況
野蒜「常林寺」避難所の3週間経過した今日の状況です・・・今まで地域の公民館やお寺さんで避難生活を送っておられましたが、電気が通り水道の再開にともなって、半壊の自宅に戻ったり縁戚を頼って出ていく被災者が増え始め 避難者が3週間前の半分に減ってしまった・・・というのが今日の大きな変化でした。残された避難住民のさらに半数が、直線距離で7km離れた国道346号線沿いにある、松島野外活動センターという公共施設に再入居し 新たな避難所生活に入るという局面に至っております。常林寺に残っているのは今は当初の三分の一、たった3週間で40名足らずになりました。

春休み中には避難所として利用していた小中高の校舎も、新学期を迎える子供たちの教育のために明け渡さねばなりません。今後も学校避難所の廃止と統合が進みますが地域社会の助け合いコミュニティが崩れる中、住民には新たなコミュニティの再構築という精神的な負担が圧し掛かります。
   

被災地のリクエスト
それが原因になるかどうかは 今後の仕組み次第なのですが・・・ 今までは地域の方が青果物を供出し、近くの畑から採ってきた野菜を持ち寄られていたのですが 今回の移動によって地縁のない施設での暮らしとなるため 思うように青果物が摂取できないことが怖れとして訴えられました。

「葉物や根菜などの青果物と新鮮な果物があれば助かるのですが・・・」

というリクエストでした。


青果物などの継続供給の仕組み
味噌 醤油 しいたけ 蒟蒻 野菜 できれば冷凍肉などをワンセットにして段ボールに梱包していただくと助かります。野菜と一口にいっても たとえばカレーを作るのにも玉ねぎ 人参 ジャガイモ・・・野菜ごとに分担され一梱包荷造りするとなれば 少なくとも供出仲間が2、3人いないと という気持ちになるはずです。個人の負担を軽くしてあげないと 長続きする支援となりません。この震災被災者への支援は長続きすることが前提ですから、よほど根性を据えた方がリーダーになっていないと年間活動 長期戦としては上手く戦えません。

さて 誰かがそのリクエストに応えなくちゃならないのですが それをやるのは誰なのか?僕には分かりません。国でもなければ 県でも町でもないというのが一つの私の見解ですが 僕らの中で「野菜の集荷と供給の仕組み」を作れたら、避難所の生活が安定化するのではないか?と思っています。地域という一つの社会が崩れてしまった避難所生活ですが 皆さんの考えをお聞かせください。


継続支援、特定避難所支援の理由
僕は たまたまイッズミー仲間の武藤君の自宅近く、野蒜地区を3週間ほど支援物資を届けて参りましたが、「被災者」と「支援者」とが互いに顔を見せてこそ初めて「長期支援」が成り立つと思うのです。ですから毎回避難所は同じところに通っています。避難所の空気や避難者の顔色一つで「何か困っているぞ?」と分かるようになればいいと思っています。

それぞれの支援形態
それ以外の支援なら義援金を集める運動に参加すればいいのですが それは半年を経過した頃、今年の9月に本腰を入れても遅くはないと思っています。水道が出る今となって 雑巾・たわし・おにぎりを持って 長靴履いてマスクに軍手姿で4人一組で清掃作業・片づけ作業に出向けばいいと思ってもいます。でも、なかなか中心軸になる方がおりません、月に1回の支援であってもです。

片づけ隊 必携七つ道具
 長くつ ゴム手袋 帽子 マスク  
 雑巾 たわし 軍手 洗剤 スコップ
 水 お弁当


支援者たちの状況

朝夕、サイレンを鳴らして被災地に向かう消防自動車。今週に入って、走る台数が6分の1ほどになりました。地震後数日は30台以上連なって走っていたのに今朝がたは5台でした。その代わり昨日今日の三陸道は支援物資を積んだ普通車やライトバンやミニバンで大渋滞を起こすほどでした。みなさん一様に石巻や南三陸方面を目指していました。こうした姿を目にすると人間まだまだ捨てたもんじゃないな・・・ヤル気が湧いてきます。3週間過ぎてなお、宮城県南部のニュースが流れませんが 実は荒浜・亘理・山元地区は物資調達難が続いてるそうです。そちらにも目配りお願いします。

緊急支援の要請
頭の中では「何とかせにゃならん」とわかってはいても 実に手や足の出せる方は少ないのが現状です。他県からの応援車を見るたびに・・・僕は呼びかけます! どなたか「手伝い隊」を結成しようという漢はいませんか?リーダーになる方はいませんか?仲間を誘って、亘理・荒浜地区や 塩釜の北浜の民家や 東松島の矢本地区や それこそ石巻専修大学に出向いてみてください。

d0347140_21050496.jpg
中下地区公民館横のテント



<6月10日現在 東松島市の震災による被害状況>

 ●死者:     1,038人
 ●行方不明者:   149人

ライフライン被害
 ●電気:    22,574戸(復旧19,437戸)
 ●水道:     15,007戸(復旧13,848戸)

家屋被害
 ●全壊:    2,133戸(概数) 
 ●半壊・破損:  4,160戸(概数) 
 ●床下浸水:  2,659戸(概数)           

避難所・人数など
 ●市内47個所: 1,967人 

◆ イッズミー支援活動ご報告

①博多 焼津 札幌などから寄せられた「魚の開き」クール便は 昨日の朝にお届けしておきました。
お手配いただいた御三方には感謝申し上げます。

《業務連絡》
夏場にはいり 冷凍庫のキャパの関係で「土曜日午前中着荷」時間指定できますでしょうか。

一人あたり2食分 皆が魚を食べれるようにと 300食ほど。これは毎回 特に大好評です。
今回もアジ、ニシン、イカ、カマス、ワカサギ、カタクチイワシが問屋さんを通じて送られてきます。
貴重なタンパク源です。地味な活動ですが、、、魚の集荷ご協力ありがとうございます!

石巻や女川での「炊き出し」のニュースは耳にする。
東松島市でも炊き出し支援は沢山あるけれど、「避難所へ 直に!」生鮮食品を届けるグループは極めて少ない。
震災直後から 毎月2回「野菜と魚を届けている」グループはなんと イッズミーの僕らだけ!?
電気がない 水が出ない 電気が通っても冷蔵庫がない そんな時に「調理できた」「美味しかった」と感謝された。 
雨に濡れたら庇を貸す 傘を差し出すのは当たり前なのに。まだまだ少ない。。それより栄養状態が心配!

②野菜ですが 今日もたくさん集荷されました。
トウモロコシ 新鮮なトマト 大根 玉ねぎ サヤエンドウ プチトマト ピーマン きゅうり 持ち寄り感謝!
果物・・・パイナップル メロン オレンジ グレープフルーツ、車に積みこめないほど。

「桃屋のラッキョー瓶詰」を20数個いただいた。カレーのラッキョー添えは旨味倍増するね!
玉ねぎ、人参はもちろん 各種野菜の入ったカレーは極めて普通の日常食だが、、、
野菜がなければ レトルト「のみ」カレーでおわる。 避難所ではこれが普通だ・・・。

 
皆がイッズミーブログのリクエスト品目を見て、想像力を発揮し各種野菜を持ち寄ってくれた・・・
嬉しいネ 正回転です サンキュー

③Tシャツは前回298枚届けた。今日さらに岡山のサムネさんから大判Tシャツ25枚  ok@zくんからも5枚。 
117さんから段ボール2箱分の下着を受けとる。マツケンさんから作業着30枚受けとる 皆さんどうもありがとう。
バンド「KUMAS」のクマさん 愛車ワゴニアでTシャツ10枚も届けに来てくれた。クマさんありがとう!
「らーめん本竈」の久さんから 15枚ほど名入りTシャツ戴いた。彼自身も避難所暮らしの最中だけど・・・。

あっ そうだ、117さんが急に東京へ転勤決定となった!  ありがとう また来てください!


d0347140_21260588.jpg
イッズミー会場での支援テント


[PR]
by tabilogue2 | 2015-12-27 21:30 | コラム | Comments(2)