カテゴリ:虎毛山( 1 )

虎毛に遊び 友を偲ぶ

d0237340_13490374.jpg
湯ノ又大滝




虎毛山を囲んで十数本の沢水を集め、皆瀬川は夏に入ったばかりの渓谷をゆったりと流れている。ブルーグレーな沢床を一層濃くさせながら、水面はキラキラと光の反射を繰り返しゆったりと明るい渓相の連なりである。黒い幽谷から流れ出る奥会津の渓とは大きく違っていた。田代沢林道から皆瀬川を徒渉し、いとも簡単に春川の出合いに達した。出合いはトロッコの軌道敷跡のコンクリート支柱を立てて、いつもの虎毛沢へと誘う。

思い出多い、青味を帯びた戸沢入口は数年前の大地震で崩れた倒木によって遮られていた。赤湯又沢の出合いに至るまで山肌は大きく崩落の痕跡を連続させ、情感さえも抉り取り去るかのようだった。赤湯又の出合い・・・。ここの小さなゴルジュは硫黄泉質の混ざりあいのためか この溪の中では異様さを際立たせる。ここで、先日この出合いに吊り下げた 無為な赤布をようやく回収する。


知沙子なる 逝きにし友を 偲びつつ 
 赤湯又の ゴルジュを越える


虎毛の沢は山人を楽しくもさせ、浮かれた夜にはさぞかし心を打つ宵を与え、見過ぎ世過ぎの身の垢をも洗い流してくれたことだろう。この赤湯又はそんな魔力をことさらに秘めたところだ。ここからは少しずつ竿を出しながら行くはずだったが・・・先行したであろう釣師は我らを嘲笑うかのように、重そうな魚籠を抱えて立ち止まる。殺生を自慢するような奴は早く立ち去ってくれ! 数十尾を釣り上げてどうするというのだ? 情景を破壊した先行者は 虎毛に黒雲が発生しつつあることを言い残し去っていった。素麺を茹で沢水に晒し、啜る。真夏の沢にはこれが実に堪らん。飯を終え、山女魚止めを過ぎてから竿を出し始める。

一尾二尾と上げ 竿をしまった。黒く重い雲が見え雨の予感がして 左右のスラブ壁を一瞥しながら滑床を小走りで駆け抜け、今宵の幕場を得ようと急いだ。赤紫の亀甲紋様が鮮やかな滑床に至って幕場に着いたことを知る。右岸台地にフライを張り、ツェルトを構え、柴木を集め、疲れを癒す今宵の地味な宴の場をこさえ終わると、、、我慢の限界とでもいうのか 大粒の雨がブナや笹を打ち始めた。

土砂が沢を濁す前に、コッヘルに水を汲み米を研ぎ やがて来るであろう夏の嵐を待った。稲妻が走り 反響を繰り返しながら雷鳴が頭上に近づく、轟音とともに沢が濁流となる。この間 僅か小半時。生と死の境というものはこんな場面を指すのか? 安心の場を得たと思った途端、、、かつて遠藤甲太が記したように「カタストロフィに飾られて」恐怖は襲い来る。その濁流の沢を バリッ、バリッ、音をたて 今日の陣地を襲わんと岩が押し出される。今は天が支配する時。自然という舞台で弄ばれた三文役者の如く、我々はのた打ち回って5m上の段丘に退却した。

すでに、、、テン場には上段のブナ林に退避用ロープを結わえ済み 準備よろしく垂らしてある。こういう勘所はまるで「訓練」でもしてるかのよう。沢泊まりの際に逃げ道の確保には手抜きをしない証しだ。思わぬところで 証のそれが役に立つ。計算したわけでもないのに巧くいって 苦笑いする余裕が生まれた。詰めれる物はザックに投げ入れ、担ぎ上がった。オオタが最初に上がり、次にミトベが洗い終えた米をいれ、炊きあげるだけの飯ゴウを上段のオオタにリレーする。銀マットとツェルトを首にぐるっと巻き ザックを背負って、所持品の有無を確かめ退避した。オオタは慌てたのか?行動食の握り飯をポケットから落としてしまい、泥に転がり落ちるそれを見やって悔しがっていた。

恐ろしくも激しい濁流を眺めつつ、明日の山行を慮りおろおろする。人間など如何に在ろうと、これほどの猛威に為す術もなくただ茫然と立ちつくし 荒れ狂う沢の治まりを待つだけである。「おい、男がブルッてどうする!」 若い二人は初めての経験に泡を食ったようだ。が、生きていれば こんなことの一つや二つ 無かろう筈があるまい。



飛びかう泡沫が消え 流れも落ち着きを見せた夕刻、テン場に下りた。ツェルトを貼り直し 焚火にメタを投じた。いつもの宴は 小さな明かりを灯すように静かに始まる。焚火がどれほど心を癒し、勇気づけてくれるものか、、、 この時ほど焚火のありがたみを感じた時はなかった。熾火で岩魚の肉汁をじっくりと飛ばす。焚火に放り込んでおいた焼き茄子を口にほおばる。瞬間、生姜醤油の香りがツンと鼻をついた。アルミホイルに包んで火床に置いた玉ネギが、ホイルの穴から湯気を吹き出している。レーズンバターの1切を加え、醤油を差し美味しく戴いた。

地味ではあるが じつに落ちつき払った、心豊かな酒飲みだった。酒をキュンと煽り、恐怖からの解放を筋肉の弛緩とともに味わい ことさら楽しんでいるかのよう。消えていた笑いが安寧とともに蘇る。大いに実感したであろう危機回避の手づるを 各々とも反芻したに違いない。これはこれで山を肌で感ずる貴重なひと時なのだ。じつのない浮かれ愉しむ山など 男どもには似合いはしない。 中年になって・・・、そんなことはとうに知り尽くしている。静かな夜更け、天を仰げば星、、、明日の青天は克ち得たり・・・。しとどに濡れる闇がその深さを増したころ 張りなおしたツェルトに 酔いの回った身を転がり込ませた。



朝もやの中、、、濁りが僅かに残る沢床に おそるおそる足を踏み入れ 感触を確かめる。ああ これで帰れる・・・。 歩みを進めながら、変わり果て 荒れ果て 薙ぎ倒されたいくつかの台地を眺めて・・・昨夜 我々に与えられた台地が いかに最強最善の陣地であったかを知る。保水能力を持たない沢の宿命か、虎毛の沢は山肌からの倒木で埋められていた。沢は底荒れの所為か浮石で男どもを悩ませた。 

両岸のスラブに僅かに身を支えていた根さえも 耐えきれぬ程に浮かされていた。その頂点にあるべき梢が沢水に浸って長らえている 哀れである。雪渓の残骸があるのか?、、、靄が漂う。崖を回り込めば 案の定、スノーブリッジ・・・。その片足を失い 山肌に半身を預けていた。昨夜は荒れたであろう二俣には1時間で着いた。この二俣はタマガワホトトギスの黄色い花で 左岸はすっかり埋め尽くされていた。ホトトギスの緑の茎葉はしっかりとしており、昨夕の増水など夢のようで戸惑ってしまった。

いよいよここからの右俣は小滝の連弾となる。途中、高度を上げた滑床で 黒蜜入りの紅茶を味わい、ミトベ家の畑で採れたトマトと朝に茹でたばかりの玉子とを戴いた。とうに背景の一つと化した前森山の頂を見ると、、、こちらと水平になりつつあることを知る。高度はコンタ1200あたりか。あと30分程で稜線に抜け出ようという地点 水量は豊富で源頭にはまだまだと思わせる。忠実に窪を追い続け藪漕ぎなしで夏道に飛び出し、草原に覆われた虎毛の山頂へ向かった。

平らかな頂は 幾百幾千ものアキアカネが 舞い蔽う。まるで 雲母のような きらやかさの浮楊 だった。6度目の山頂、、、。 草原は秋風に靡いていた、、、 この山の「去りゆく夏」を感じ取った。既に移ろいの時は 夏から秋へと扉を開け放ちつつあるようだ。

「もう 行っちゃうのか?」
後ろ手にしながら 拗ねた仕草で体を捩らせていた知沙子が 
振り向きざまに呟く。
「ああ いろいろと楽しかったよ そろそろ帰らなきゃぁ」
「・・・」
「んんっ?そうか! 昨日の嵐、あれは君の仕業だったのか?」
「・・・」
「こいつはウカウカしておれんな、君の悪戯にお返ししてあげなきゃな・・・」


この秋の会山行、、、「虎毛山集中」を楽しみに 山頂をあとにした。



                         
2002年発行「やまびと季報」Vol.23(上巻) 
故 池田知沙子に捧ぐ
文 もときち



d0237340_14024375.jpg






[PR]
by tabilogue2 | 2015-10-25 12:40 | 虎毛山 | Trackback | Comments(0)