「ほっ」と。キャンペーン

月山 弥陀ヶ原から

d0347140_07492777.jpg


d0347140_07493257.jpg
ヨツバシオガマ





原に遊び ベンチで時間を忘れ 遠い雲を目で追っていると
煩わしい日常さえ かなたへ吹き飛んでいく

行き交う人も少なく 静かで 飛行機の音が時々邪魔をする
トンボさえ 我が身の羽を忘れたのか? 時の風に浮いたまま

せわしなく 車に乗り込むピークハンターたちを尻目に
誰も居なくなったこの原で 自分の「翼」を ひろげたくなった
 
思いっきり 両の腕をひろげ 風にかざした 
さあっ 飛ぶぞ! ひと思いにっ☆




d0347140_07500492.jpg



古生代からの贈り物 
ミツガシワ モウセンゴケ ホタルイ
オゼコウホネも黄色の花を咲かせている


d0347140_14282504.jpg


ホタルイの浮く池塘の先には先日登った鳥海がある 

深田久弥は鳥海をとらえて・・・
東北に在って鈍重さのない山 
東北にあって秀麗であり 重厚で 颯爽とした山
と表現している

およそ東北人には似つかわしくない山 
と言いたげだ(´艸`)

それに比して 月山は
ただただ 「優しくーーーそれが月山である」 と。。。


d0347140_07491258.jpg


月山筍を採りに この道を通って笹薮に入っていく
帰りには 30キロ前後を担いで登ってくる  ↓

背負子には「熊撃退スプレー」が載せてある
筍は1キロ当たり1800円ほどで買い取られ
いい現金収入になる。
 30キロの筍を担いで あの石だらけの道を
しっかり 降りてくるんだから
たいしたもんだなぁ。。。

訊けば、手向(とうげ)地区の人
手向の町は「羽黒山修験道」とともに暮らし向きをおく



d0347140_22444669.jpg


d0347140_07492003.jpg


d0347140_07490641.jpg


d0347140_08305780.jpg
ウサギギク








[PR]
by tabilogue2 | 2016-06-30 14:17 | 月山 | Comments(0)

月山点描



d0347140_07593105.jpg



月山山頂神社 御祈祷料は500円だったかな?
ついでに 三角点は何処にあるのか・・・ わかるかな?

佛生池小屋のホームページに 容易な歴史と謂れがかいてあります
三角点についても・・・ごらんください 


この周りだけでも 花の種類は多い
ハタザオ、キンポウゲ、ヒナザクラ、チングルマ、クロユリ、
アオノツガザクラ、ハクサンイチゲ、コマノツメなど代表的な花がたくさん




d0347140_07541015.jpg
肘折側へ下りていくと 石のオブジェがごろごろしている

d0347140_07560964.jpg



d0347140_07575444.jpg
アオノツガザクラ


d0347140_10561079.jpg

ミヤマシオガマ


d0347140_08542945.jpg

ヒナウスユキソウ と 黄色のコマノツメ

d0347140_08080794.jpg


d0347140_08265894.jpg

チングルマ

d0347140_08204787.jpg



d0347140_08283623.jpg


d0347140_12303679.jpg
ピンク色がコイワカガミ 
白く開いた花がチングルマ
緑がかった粒のような花がアオノツガザクラ

d0347140_09181792.jpg
あと500m 最後の雪田登りだ 

d0347140_08034490.jpg
春スキーコースで有名な品倉尾根

d0347140_07495039.jpg









[PR]
by tabilogue2 | 2016-06-30 09:14 | 月山 | Comments(2)

黒百合 Chocolate Lily

d0347140_07061512.jpg



月山山頂の黒百合 
年々 株数が少なくなってるというので
あえて それだけの為に 赴いた


登山道わきから 確認できただけでも
20株以上 😥


地ネズミの食害に遭ってるそうだが、、、
タカ、ワシ、テン、イタチなどの上位動物が減れば
連鎖の下位に位置する地ネズミは増える

自然の成り行きはどうすることもできない
”自然保護”などと叫んでも 違和感がある

それより 頂上の草原は・・・弁当を食べる、休憩をとるなど
名山志向者たちの入り込みで地肌が露出、丸坊主に




d0347140_07075393.jpg



アイヌには愛しい人や恋する人のそばに、
クロユリをそっと置く習わしがあったそうです。

相手がその花に気付いて手に取ってくれれば
思いが通じて 二人は結ばれるのだ・・・とか。


d0347140_07083208.jpg



d0347140_07090643.jpg



d0347140_07092704.jpg



d0347140_04474085.jpg


d0347140_04474596.jpg

d0347140_08100923.jpg



[PR]
by tabilogue2 | 2016-06-30 04:56 | 月山 | Comments(0)

弥陀ヶ原から月山山頂へ

d0347140_07075393.jpg





たぶん 今日しかないという好天日でした
前線が抜け朝から晴れ 午後にまた前線がかかってきました
天気予報通りの一日でした


弥陀ヶ原をぐるっとして 月山山頂まで登ってきました。
目的は 佛生池小屋とクロユリです。

弥陀ヶ原から山頂を目指すコースは石や岩がゴロゴロして
とても歩きにくいのですが 足首がそれなりに鍛えられるので
自分的には満足しているコースです

八合目からずうっと横移動です だらだら坂を行くのですが
残雪だらけの志津からのコースと大きく違い
この周りは緑が多く、季節を感じ、夏花の宝庫で、あきることがありません

アオノツガサクラ、ミヤマウスユキソウ、ハクサンイチゲ、ヒナザクラ、
ミヤマシオガマ、チングルマ、イワカガミ、ハクサンチドリ
キンバイ、コメツツジ、ヨツバシオガマ、カラマツソウ、キバナノコマノツメ・・・

雪解け際にショウジョウバカマやシラネアオイの群生もみれます
藪を漕げばキヌガサソウにもあえます


月山は多種多様な花が咲くので 好奇心を刺激されます




仙台4:30-八合目駐車場8:00(下道オンリー)
汗を流した温泉は昨年同様、月の沢温泉 350円
佛生池小屋 一泊二食付き 8400円

水1リットル ジュース おにぎり2個 トマト2個 塩
バナナ2本 オレンジ1個 カップヌードル1個 塩飴 





d0347140_21212157.jpg

d0347140_21194635.jpg
佛生ヶ池


d0347140_08271016.jpg
アオノツガザクラ


d0347140_15045749.jpg


[PR]
by tabilogue2 | 2016-06-29 21:28 | 月山 | Comments(0)