「ほっ」と。キャンペーン

d0347140_15520041.jpg



いつもの「ゆうゆう館」で ヘルメットを購入してきた。。。

-----------------------------------

「どうしたんですか? ヘルメットなんて 突然???」 
続けて店主・・・「深野さんも本を出したし・・・、何かYMCA山岳会には有終の美を飾るに 
なにか過激なことでも流行ってるんですかね?異変?」ともいわれて、、、
あ~また彼、出版したのか・・・と知った。 

お彼岸に山に登るような男じゃない と店主は観ているのか・・・、
「お暇でしょうから・・・」の一言で、新刊「てっぺん駈けた記」を読んでみることにした。

------------------------------------

話をヘルメットに戻そう、、、

長年愛用のGalibier製も手元にあるが 「黄ばんだガリヘル」じゃ、向かう山に申しわけない。
それに新調したのには ちょいとした目的と確固とした意志があって・・・
「今夏は沢を遡って遊ぼう」という魂胆だ。
出羽丘陵:弁慶山地を沢から訪ねようと、かつての仲間に声がけしていたものだが 
いよいよ今年、現実味を帯びてきた。片眼を失い、昔日のように登れるのか?ちょいと不安だが・・・。

というわけで 大袈裟だが「出羽丘陵3ケタ遡行同人」(仮)を結社した( ´艸`) 
たかだか標高3桁の山だが、弁慶山地の標高200m~400mあたりの沢がじつに面白いのだ。
沢の詰めは滝だらけで稜線に抜けだせないかもしれないけれど、それはそれでまた面白い。
 
先日、大阪からMが来仙したので さっそくイロハ横丁に集まって計画をネタに一献やった。
YとMと俺とでのスタートだが徐々に昔の仲間が集まるだろうと予想するのは容易だった。
「このメンバーなら心底楽しい」とかつてのメンバーらの濃厚な記憶として残っているからだ。

弁慶をどの辺りから入渓し、どの辺りで幕を張るかも決めた。さしあたっては中野俣峡谷。
オシメ沢、白糸滝がかかる小滝沢は登っているので 次の矢櫃沢、四熊沢あたりになろうか。
沢の名称にも四足動物の名が出てくるほど出羽丘陵は自然の色濃いところだ。
北には鳥海富士があるが、その気高き標高のもつ呪縛には全く捕らわれぬ山域で
沢遊びに興じることを誇りとしたい。

「技術」と「遊び心」が備わらないと、この地の沢登りは愉しめないし面白くもないだろう。
自己愛に耽るなら自身を美化できる標高もなければ、登山体系を揺るがすようなネームバリューもない。
 
どんな小さい沢でも僕らは登る時、遊ぶ時には大真面目だった( ´艸`) 
かつてのように入山する際には虚栄心を捨て、得意の技を持ち寄り、ゾロアスターの如く焚火を楽しみ、
数日を遊び尽くすことに「遡行同人」の楽しみ方がある。

だから・・・、価値観や気心がピッタシ合うヤツでないと?遡行同人は無理なのである。
お酒は庄内の酒と決め、日本海の酒肴があれば焚火の他は要らない。
今年の夏、15年ぶりの弁慶山地。やり残した沢登りを完結できそう。今からワクワクしている( `ー´)ノ

-------------------------------------

おじいちゃん ことし いくちゅ~ぅ? ・・・って
声も聞こえてきそうだが 仲間がいれば 実に怖くはないのだ。




d0347140_20114471.jpg

d0347140_21062556.jpg











[PR]
by tabilogue2 | 2016-03-20 16:37 | 弁慶山地 | Comments(0)