しばらく山行しないで時間を弄んでいたので
罪滅ぼしにと・・・ 過去のブログ記事から
「小川登喜男・伝」を引っ張り出して・・・
間の空いた投稿を埋め合わせしたい(´艸`)


d0237340_16231064.gif

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
emoticon-0162-coffee.gif レビュー

ひとたび、激しい行為を通して強い生命の喜びを知りえた者にとって、心はただ自然を愛する自由な旅人ではなくなっている。彼の眼にはやはり山の美しさが映っている。しかしそれは静かに眺められた美しさではない。彼の心には、彼みずからの意欲によって開かれた山の激しい美しさが目覚めている。黝(かぐろ)い岩、鋭い雪稜、きらめく蒼氷、身をきる風の唸り、そして雪崩の咆哮。これらの美が彼の心を引きつけ、彼の魂に息苦しいまでの夢をつくり出す。その時山は、彼自らの生命をもって贏ち取ろうとするプロメテウスの火となるのだ。 
「森の中」 小川登喜男 1934年 山岳雑誌「山」梓書房 


このエッセイは小川が大きな影響を受けた英国の登山家アルバート・F・ママリーの登山論が起源となる。ママリーの原文は慶応の大島亮吉によって和訳され、それに啓発を受けた小川が書きしるした登山論の一遍である。

「人はなぜ山に登るのか」 この永遠の課題をもって登山家小川の思いが始まる。「真に新しいルートへ向かう。誰もまだ到達したことのない地を愛し、大地がカオスの世界から生まれて以来無垢の地、氷の襞におのれだけの径を刻もうとするものである」ママリーからの啓発である。それは穂高で落命した大島の心を酔わせ、彼が和訳したママリー登山論が若い小川たちを谷川初登攀へと駆り立てたのだった。

小川登喜男・彼が仙台近郊の山に足しげく通った東北帝大生時代(1928-1931)、その4年間に東北の山々を登り白銀の峰々を滑走したことが、彼の人間性の礎の一つになっているのは間違いない。その天賦の才に恵まれた彼は小さめな体躯(165cm)ながらも持ち前の柔軟さで谷川 穂高 冬の剣などでその才能を咲かせるのだが、それ以前に泉ヶ岳や大東岳 船形山 黒伏 丸森 霊山 蔵王 八幡平 吾妻 飯豊 八甲田といった東北の豊かな大地・ブナの森・たおやかな峰にて培われたであろう山への想いは天才クライマーとしての技術ばかりか人間としての心の豊かさをもバランスよく埋め込んだ。それが著書に出てくる言葉「Gemut」(心情・情緒)なのだろう。それらがヒュッテンブッフ(蔵王小屋に備えられた自由ノート)や部室に備えられた「ルーム日誌」に多く認められた。落書ノートの「ノリ」そのものである。それに見る男たちの友情は濃くそして思いは熱く、読む者に昔日の良心を見せつける。熱いものが伝わってくる anthology だ。

哲学的とも宗教的とも思想家的とでもいうか帝大生の山に打ち込むストイックな姿に私などは敬服の念を抱くのみだ。それにしても読後に悲壮感めいたものを感じなかったのはなぜだろうか。恐らくこの本の背景に流れる「帝大生」という磊落な気質がその因子なのだろう。それはそれとして、書き手の出自が岩ヤか沢ヤかでこうも違ってくるものだろうか?沢ヤであり山岳スキーヤーでもある深野氏が書けば山への情念と描かれた心情が中心となり 仮に岩ヤの遠藤甲太氏が書けば、滲みだすあの生死の境から生まれる悲壮感で世界をも陰鬱に包んだことだろう。

確かに、クリンカー、トリコニー、ベルニナ、ムガーなどドイツ製の鉄鋲を打ったナーゲルシューズでしかも麻縄のブーリン結びで、プロテクションもおおかた無しで断崖の岩場に挑むわけだから宗教的な文体になるのも必定、理解もするのだが、いずれそのような貧祖な道具の時代での登攀なのである。今を見て知って当時を思えばなんと無茶で恐ろしい意気込み至上の登攀だったであろうか。小川が田名部、枡田とで登攀した谷川岳 幽の沢右俣・右俣リンネ初登攀の回想が読み手をかなりビビらせる。この装備で逆層の岩場をバランスのみでしかもノーピンでクリアしていく彼らに「日本の近代登攀技術を一段上がらせた」・・・と。岩から身体を離しオーバーハングをクリアしていくという近代メソッドがそこにあった・・・と。足しも引きもしない岩壁登攀の実力者である遠藤甲太氏が全てリードにて同ルート実録検証をしその上で語っておられた。余談だが、深野さんと遠藤甲太氏は旧来より親交ある仲だ。それは当時の僕がよく知っている。なので深野さんのルート推考と遠藤甲太氏の実登攀による検証とでこの評伝を書きあげるに互いに補完しあったのだろうと推測する。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
emoticon-0162-coffee.gif 読後感 

深野稔生さんの本を読んだのは共著である「ブナの山々」が最初。それが出会いで、それが元で郡山からの転勤後にYMCA山岳会に入った。次の本は「山遊び山語り」、「宮城の山ガイド」だったろうか? 土樋にある深野宅の書斎で戴いた「昨日からの手紙」「神室岳」が最後だったろうか? 彼の文学的?形容文体を少しトレースしてみたくなって・・・、amazonでポチったら かの本は翌々日には届けられてしまった。まだこちらが本を読む覚悟をせぬうちだったのでその分厚い装丁におののき、パッと本棚の何処かに隠してしまいそうだった。ついついページをめくると、意に反して、どんどん惹きこまれてゆくではないか! おそらく自分にも そういう素地、山のDNAが潜んでいるんだろうと思ってもみた。ただ、18歳から山にのめり込んでいた割に自分にはストイック性がまるで無い。あるといえば、「山は総体だ」という哲学のみだ。そんな自分なのだが、この本を読んでいると山への向かい方に教示され、反省もし、山岳愛好家として理想への道標にこれを据えようと思うに至る。

山行には焚火と酒があればよいなどと平気でのたまう自分はとても恥ずかしい。とはいえ文中にある「バドミントンスタイル」という言葉にこそスポーツを楽しむという英国近代登山発祥の姿(British hill weather 1892年より)があり、慶応の大島亮吉が流行らせたらしい言葉がある。そんな下りがあるのでパイプをくゆらす、スコッチを嗜むというのは登山に於ける紳士道として許される覚えなのだろう。さらに雨が降ろうものなら止むまでマントを被って山野に宿り、霧が出れば晴れるまでパイプを咥えて幻想の世界に身を沈め移ろいをやり過ごす、という気候をも含めて自然を楽しむ彼らに欧州における古来伝統のスポーツの香りが利ける。元来、スポーツという言葉には”楽しむ”という意を含んでいる。それが英国バドミントン村での貴族紳士の生活スタイルなのだとファッションも交えて大島らは慶応の部内報にて披露し実にやがて社会人全般にも流行するようになったとある。今も昔も学生こそ時流の先端にいたわけで、この下りにあるファッションにさえも日本近代登山の黎明をビシバシ感じてしまう。

「岳人」とは、「アルピニズム」とは、いったい何ぞや?「岳人」と称するには如何ほどの時間を山と渓谷に費やさねばならぬのか?厳しく危険な山を追求する一方で憩いを大事にし、緊張を持続させる行動はやがて肉体ばかりか心のくつろぎを要求するもの。緊張の登攀を終え、ひと休みするアルピニストには瞑想的な精神があらわれる・・・イギリスではこれを「The spirit of the hills」“山岳の精霊”と呼んで尊んだとある。その「岳人」に宿る精霊とやらを得るにはどのような心境に自らを浸らせるのか?この下りを理解せずに「岳人」は成り立たない。この辺を現代の万民登山とで比較してみたいと思う。自らを「岳人」と呼び悦に入るなどは身の程を知らぬ滑稽な行為と先人たちに笑われそうである。そこのところは一度学生時代に戻って、いわゆる「登山とは何ぞや?」に思惟を巡らさねばならんのだろう。

さらにもう二、三度、当著を読みこんでみようと思う。「岳人」であるなら一冊は持つべき本であり 山岳愛好家であればけして損はしない一冊である* 草稿なので 今後書き換えることがあります。

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

emoticon-0162-coffee.gif 登山家 小川 登喜男(おがわ ときお、1908年 - 1949年) 
東京浅草の生まれ、旧制東京高等学校在学中出より登山を始め、東北帝国大学山岳部(1928-1931)では草創期のスキー登山によって、蔵王、船形山、吾妻連峰、八幡平など東北各地の山で活躍。登山のために入学し直した東京帝国大学山岳部(1931-1934)では、谷川岳一ノ倉沢や幽ノ沢、穂高岳屏風岩、剣岳雪稜などを初登攀した。

「行為なくして山はない、情熱なくしては、いかなる偉大なことも起こりえない、山への情熱は、山に行くことのうちに純化されるだろう」(東北帝国大学山岳部ルーム日誌より)

肺結核で若死にし、長くその登山の偉業が知られることがなかったが、東北帝国大学時代に残した日記に小川直筆のメモを見たという。部室や蔵王小屋に集う岳友たちとの交情、山行報告、思索と随想、帝大生たちの青春、登山がロマンであった時代の伝記である。昭和の天才登山家と評される小川登喜男の実像に迫った力作評伝。

「銀嶺に向かって歌え クライマー 小川登喜男伝」 深野稔生著 みすず書房発行 定価 2800円

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
でも こんな読み方もあるので 紹介しておく


いちおう「評伝」だから史実もののジャンルなのだろうけれど  脚色もあるとして事実との符号に苦慮する点も多々あるらしい 
それを小説だと指摘する方もいるので そこの所にまだまだこの本の問題があるようで その一方の意見主のURLも表記しておく。
* http://kletterer.exblog.jp/20207595


それらを指摘をする彼は自身のブログに「クライミングという行為が、無機的な岩塊の上で繰り返される筋細胞の伸縮でしかなく、幾つかの数字だけがその結果を表現するものであるとしたなら、なんと虚しいことだろう。」と書いているので その一文で真摯に岩に取り組む方だということが傍目の私にも直ぐにわかる。ご訪問してみて下さい。



d0237340_22335460.jpg











[PR]
by tabilogue2 | 2016-11-25 22:56 | art | Trackback | Comments(0)

坪入から丸山まで・・・

d0347140_10152108.jpg


訓練やってるかい?

そろそろ
荷造りの軽量化を試そうと思う

計画は3泊4日だ 
食糧(7食 行動食4日) 酒3日分 水 テント 寝袋 アイゼン ロープ

軽量化したら 背負って尾根を何度も 登ろうと思う
こんなもんさ・・・と慣れるまで続ける

食糧も 実際にメニューを考え作って食べるべし
カップラーメンは昼だけにしよう



カモシカの雪稜が発達するまで JR面白山駅から登る
雪稜が発達すれば 雪上訓練しよう!
そして 栗子の稜線で2泊 試そう!



準備を怠りなくぅ 同行諸氏。

d0347140_19394386.jpg
中央に坪入山  左奥が会津丸山岳

d0347140_19350851.jpg
右から 会津丸山岳 中央奥に梵天岳 左に高幽山 手前の尾根は坪入山から高幽山への稜線

d0347140_21102868.jpg

右から 高幽山 浅草岳 鬼ヶ城 大川猿倉山 村杉岳 

d0347140_10160033.jpg
ここも 赤布だらけだ・・・



[PR]
by tabilogue2 | 2016-11-18 17:45 | 会津・越後 | Trackback | Comments(0)

d0347140_09005993.jpg


いやいやいやいや・・・ 

別に 甘く見ていたわけじゃなかったんだけど・・・
結果的には こんな山もあるんだという驚きと新鮮味と楽しさとを
一度に感じさせてくれる「会津の里山パック」だった

3つある佐倉山のうち 登山道のある八総佐倉山(やそうさくらやま)

坊や~よいこだ 寝んねしな♪ 
あの「まんが日本昔ばなし」に見るよな そのまんまの 
ポッコンポッコンと急激な上り下りが連続する岩山だった

トラロープが ひっきりなしに出てくるw 
断崖や 瘠せ尾根が 背筋を凍らせてくれるw
たっぷり汗を絞られる、、、 でも 可愛い~お山・・・w

この矛盾した表現がピッタシの里山


d0347140_07485407.jpg

9:45 登山口から ジグザグの急斜面がつづく
時々 四つん這いで登るのだが 落葉にイガグリが潜んでるんで
うっかり手を下ろせない


d0347140_09593505.jpg


 濡れた落葉の上に カッサカサの落葉が積もって滑りやすく
また この落葉が深いので 時々道形を見失うほどだ
そんな急斜面に 一汗もふた汗もかかされる 


d0347140_07521551.jpg



30分後 ようやく屏風岩だ。ここは右側を通過し 岩の背後で一本とった
バックバクの心臓鼓動音を聞きながら 息を整える

こういう朝一に急坂が出るよな山路は 「最初の汗をかいたら一本とる=順応時間」のが大事。
じつは 歩き始めの発汗で、最初の休憩をとることが 一日の体調を決定する
心臓の負担を軽くするには 順応時間を設けることが じつに科学的な登り方なんだね~。


そうそう今朝の冷え込みは厳しかったぁ 霜が降りて屋根も草も真っ白け
 アノラックを着込んでのスタートだったのだ

休憩地では皆さん一様に「小バカにできない里山だなあ・・・やれやれ」
そう思ったに違いない
軽装となった各自の表情に それを読み取るのは容易だった


d0347140_08354438.jpg
 
屏風岩のつづき 細尾根で・・・
カメラを構えるがシャッターがロックした(ボタンを押し間違えたトホホ)

左下3mに トラバース道があったようだが それに気づかず
御札があがってる石塔前の痩せた岩稜を稜線通しでアクロバチックに ソロ~リと通過する
知らぬうちに お尻がサワサワしてくる
これはこれで楽しい思いをしたんじゃなかろうか?(笑)

後ろで キャーッ! 歓声?悲鳴?がする(´艸`)
120cmのスリングを 細い木に掛けアシストにするが・・・
はたして、セットの効果のほどはいかに?
どんな山でも 入山の際にはスリングを一人一本 携行しよう!

でも御神楽岳の榮太郎新道を登るのであれば 
ココは練習ゲレンデっつう感じ


d0347140_08355433.jpg
黒岩山、保城峠など 七ヶ岳に連なる山々



序の口、怖さが連続する場面がつづく(笑)
足元の先、北側は尾根以外の全てが断崖なのだ さすがに岩山だ
「スリル序盤戦」を味わいつつ 一山越えてアンテナ跡地にてホッと一息ついた
東には 昨日登った七ヶ岳がきれいにクッキリだった

さて ここからトラロープの連続する「本番」へ・・・ 
一旦下って 最初の小さなポッコンを越えるのだ 
作並の鎌倉山に例えると、「左カンテ」ルート下部と同等の斜度をもつ
最初は高差で30m、さらに続けて50m+50m=100mほどを2段で登ってゆく

この山の特質にもなっている「岩場」が続くのだが・・・?
鎌倉山のゲレンデと違って、左右に木立があるし、木の根っこが手掛かりになるし
トラロープもあるし まずは「余裕」だろうけど・・・。

ポッコンを登ってしまえば 下るしかない さて30m急降下だw
なんせ断崖が~ぁ、、、イヤというほど目につく~ぅ、、、(◎_◎;)
いやらしい。。。
見ないでおこ(´艸`)プッ

最初のポッコンと次のポッコンを結ぶ、渡り廊下のような道を3、40mほど水平移動して
続く2つ目の大きなポッコンにとりかかる~んw
トラロープが頭上に何本も垂れさがるw (ホールド・スタンスは充分)
直上か?、と思いきや右に振られ、崖をトラバる・・・複雑 
左右にゆるゆるのロープがガードしてくれるw

「もう たくさん!」・・・こんな心理が働くのかどうだか?
最後の最後、頂上か~? と期待すれば、、、裏切られ 偽ピークに泣き(´;ω;`)が入る
あと50m先?、、、ガッカリさせられるんだゎ、これが(笑)

心の内を 山に見透かされたようで チョピッと屈辱感を味わう(´・ω・`)
もう 違う風景を観たいのにぃ・・・だなぁw

今年の「山開きに200人参加」 中には地元の子供たちも登る・・・って 
湯ノ花温泉の蕎麦屋で、自慢げにオヤジが言ってたなぁ 
佐倉山-大嵐山-田代山の順番で毎週が山開き。関東から毎週Pハンターが来るらしいw

で、、、調べてみた・・・
キャノン山の会 奥田博さんが書いたガイドブック「福島の山」1987年版によれば、、、
テレビ塔の所に「これより先、小中学生の通行を禁ず」という標識がある と記されていた。
つまり、30年前は通行制限の標識があったようだ。んが、今は、ない。
つまり 登山道として整備されたわけだ。
なるほど 蕎麦屋のオヤジは嘘をついていなかったw


d0347140_08391186.jpg

秋の一日を 陽がな楽しんでいるうちに 頂上に導かれる 
時計は すでに2時間近く経ちつつあるようだ
ちょうどお昼時、、、里の村からオルゴールのチャイムが響いてきた
L'amour est bleu 「恋は水色」という、おフランスの香りふんぷんのPOPS 

僕は当時 高校2年生だった テエシタ ベンキョモシネデ・・・ヨゲナコトバリオボエデキテ コマッタヤロダ
シルヴィ バルタンの「アイドルを探せ」のほうが当時は好きだったなぁ
それから、フレンチ ギャルの「夢見るシャンソン人形」ってのもあったしぃ
ああ 懐かしい(´艸`)

ま、フレンチPOPSはそんなもんだ、、、20人が座れるほどの二等三角点の頂上。
さあ、ランチだ。 皆さん、安堵したのか? ニコニコ笑っている
楽しいというより、「してやられた・・・」という気持?
顔にチョッピリ その想いをのぞかせる


東には 「七゚ヶ岳」が白くうっすらの雪を反射し 浮き上がっている
西には 「割佐倉山」(ワッツァグラ)越しに「大嵐山」、さらに、、
既に白く、、、雪山となった2000mの峰々がひかえている
白き峰の右端は坪入山か そして窓明山 木の枝が被っていたが三岩岳 
南には 三角形の「黒峠山」、「荒海太郎山」以外 指呼できる山は雑木で見えない
「枯木山」も22年前に登ってはいるけれど、、、雑木が邪魔して同定できなかった

いい感じの山懐に、幾畳もの山脈(ヤマナミ)を這わせた里山たち
凄い数の里山・奥山が連綿と東へ東へ さらに東へ県境稜線へとつづく
まるで ヌウの群れが土煙を上げ アフリカの大地を移動するかのようだ

南会津の山脈(ヤマナミ)はいつもこんな感じで 見る者にスケールの大きさを呈する


d0347140_20595328.jpg

ハイ もう少し下がって、下がって~・・・
といわれても?
後ろは 断崖絶壁 ムリ(´艸`)
 
d0347140_08353737.jpg

帰り道も急斜面が続く 岩場や細尾根がないぶん ずいぶん助かるけど(笑)
この山道をピストンにしないで 正直ホッとした
おそらくそれなら僕ばかりじゃない・・・全員がそう思っただろね♪

急傾斜を3つほど過ぎただろうか?
緩く長く延びる南尾根を右へ(西へ)折れる

やがて尾根筋が消え 沢状に広がる地形となる 
この山の抜けでは 里山の雰囲気が存分に味わえるようになっていた

栗と小楢の雑木林に カラマツが黄金色を添えている 
ドングリの実がたくさん落ちている
明るい、ふかふかの枯葉の林で 最期の休憩をとった

「反芻」の時が流れる・・・
時間とともに茶枯れた景色に馴染んでゆく
去りがたい気持ちのモヤ-っとした塊が、いつまでも林の中を彷徨っているようだ 

もうすぐ 冬が来るんだなぁ そう、白の世界が一面を覆うのもあと一月だ


d0347140_09012975.jpg

山の裏側に出た。。。伊予戸川が流れている。。。
 
カラマツが風に吹かれて、「金色」のシャワーを降らす
いつまでも降りかかる枯葉のシャワーに
 足取りも軽くなるよな・・・解放感がそんな気にさせる

沿道の農家のお母さんが ニコニコ挨拶なさる
「山に登ったの~?ごくろうさまだごどぉ こっつの山てえへんだったべ~」 
こっちもニコニコ顔で挨拶をお返しした                                                              

下山口から30分も歩けば 伊予戸集落、舘岩橋につく
此の川は暴れ川のようで・・・、川幅がかなり広い

午後の日差しは 気温計を17度にも昇らせていた
舘岩川越しに何枚も写真を撮る 長閑な里山の褐色がつづいた。。。


d0347140_08411853.jpg
午後の陽に映える八総佐倉山
あのポッコンポッコンを登ってきたんだべ・・・(´艸`) 
いい山だ・・・ んだんだ いい山だべ


d0347140_08360295.jpg

こっちのポッコンポッコンは 
伊予戸のワッツァグラだべした(割佐倉山 わりさくらやま)
おもしれそーだー んだんだ おもしれそーだべー、
また登るべー んだんだ また登るべー








[PR]
by tabilogue2 | 2016-11-14 08:23 | 会津・越後 | Trackback | Comments(2)

d0347140_22572207.jpg


今回、34年ぶりに七ヶ岳に登った といっても縦走ではないけど・・・。

初めて登ったのは 郡山勤務時代。
程窪沢から登って荒海駅へ下りたのだったが 
今回は登山路が沢荒れで黒森沢コースが通行止め 循環できず。
そのため 上岳のみのピストンだった。


あらためて 上岳から眺めた七つの峰々は 
降雪もあって 登山路が白く浮き出て
さも 七つの峰を縫い合わせているステッチの白い糸のようにも見える
素晴らしい光景だった


d0347140_22565021.jpg


印象に残ったのは 高杖スキー場のカラマツ林・・・
午前中は曇り空で 時折霧雨を感じる程度だが 
その折々で眺めるスキー場はカラマツのお陰で 異常に明るい

d0347140_21593080.jpg
陽が差してくる直前のスキー場



写真の画角なら・・・どこか・・・見もせぬアルプスのよう と言い放ちうる
そんな牧歌的な雰囲気が漂う スキー場の大きさに比例するのだろうか?


午後の晴天でも 雰囲気は同等だったが やはり曇り空での黄色
カラマツ林の黄色が浮き立つ様は 晴天時のそれより格段上のような気がした
天下一ね

d0347140_07423174.jpg

スキー場の最上部手前、この標識が登山道の入口だ 見過ごしてしまうほど小さい!!

d0347140_22551927.jpg



高杖スキー場の登路はけっこう長く それなりに登山の負荷がかかる

途中 さいごのリフトからは雪道になり 初ラッセルの気分を味う
夏山から冬山へと「心の入れ替え」が必要な時期に それができて良かったと思う
電波塔からの下降、急斜面はスリップの連続だったが それさえも「入れ替え」には良い刺激だった。

d0347140_22560973.jpg
賑やかな隊列は山頂付近で長く伸びるが、、、でもここはまだ山頂じゃない

d0347140_22553445.jpg

あれが山頂だ


d0347140_18510974.jpg
八総佐倉山が見える・・・


d0347140_07382586.jpg

スキー場の雰囲気は こんな感じ

d0347140_07404331.jpg

午前中は曇り空だが見通しはきいた 
下山時には高気圧圏内に入ったようで 青空が広がった

d0347140_22592331.jpg

「山クラブKAMURO」の仲間に入れて戴き 初めての会山行
いちおう「新人」さんだ(´艸`)カッコツキダ 新入りの「洗礼」もうけたゼぃ(笑)

これで 孤老の山行も 賑やかなグループ山行も 
どちらも味わうことができるかな?

ご一緒する「山クラブKAMURO」メンバーと人生初の「グループ山行」だった( `ー´)ノ

いい年こいて ご迷惑をかけるわけにはいかないので・・・
それなりに老躯に鞭打ったのは、、、 内緒(笑)

---------------------------------------------------------


「グループ山行」って なかなかいいもんだね。
 たった一人で、ランチタイムもなしに、行動食のみで、、、ソロ山行してきた身にとって 
どんどんお昼の手料理が回ってくるのは カルチャーショックだった 

このクラブの皆さんは仲がいい その秘訣が手料理にあったわけか??? 
今日は行動食のみで済ませ、紅茶とパンをカジルことしか考えてこなかった自分には
ランチの午後は豊かな時間だった

山歴を懐にしまい込んで ここはひとつ、、、
豊かな食事のためにも?w 楽しいグループ山行のためにも?
どちらにも釣られる”小魚”になろうじゃないか・・・(´艸`)






[PR]
by tabilogue2 | 2016-11-13 23:40 | 会津・越後 | Trackback | Comments(4)


d0347140_22395549.jpg



福島県南会津郡といえば、、、思い浮かべるのは何だろう? 仙台からじゃぁ、一般的に尾瀬かなぁ?
登山ブームだから、山岳関係なら皆さんもパッと思いつくんでしょうけどねぇ・・・

山間の狭隘な土地で農業耕作面積がもともと小さい、特にこれといった名産はない。強いて言えば南郷のトマト?舘岩の赤かぶ?
でもTPPが影響するほどじゃない 大規模経営がないし、自家生産自家消費だし、肝心の林業もとうの昔に極少になった

農業に励む遣り甲斐がない。ちがう???TPPで小農切捨て、輸入米と輸入野菜、畜産農家は格安輸入牛肉で飼料代も稼げないっ 
破綻した林業と同じ道を日本農業は辿ることになる 営農意欲などどこ吹く風・・・自民党政策には納得できるものがない。

只見や伊南・伊北、桧枝岐、舘岩地区は周囲を森林で囲われた土地柄。暮らしにはここ独特な趣がみられるところ。
ここで唯一の産業であった林業は 政治に見捨てられ衰退したまま。
輸入外材の圧倒的シェア、、、自民政治の無策により展望がないまま林業は駆逐され、野放図状態が続く。

昭和39年、木材輸入の自由化が始まって以来、林業ほどTPPを地でいってるものはない。
林業で稼ぐ人たちは外材の輸入自由化で追い出される、過疎地域の農業・林業政策なんてあったもんじゃない。
  
自民党の政権が代々続けば・・・、精密、自動車、機器製造業は保護され、工業製品の輸出が伸びても 
農業 林業 漁業、、、一次産業は衰退するばかり後がない、全農はまるで圧力になっていない証拠だ。

リンク先、「東北アルパインスキー」坂野さんのブログでも こう書かれている・・・
---------------------------------------------------

昭和39年(1964年)に木材の輸入が全面自由化されると、

国産材に比べて安い外国産の木材の需要が高まり、国産材の利用は急激に減少した。


1975年(昭和50年)代には変動相場制になり、さらには円高も進み、
その影響で国産材の価格が下落、木材自由化で日本の林業経営が厳しいものとなった。

この自由化は日米繊維摩擦に続く貿易摩擦問題で、日本の高度成長の絶頂時期に始まったわけだが、
オートバイ・家電製品やのちの自動車輸出の増大に伴うバーター取引で、
日本が受け入れた貿易自由化の最初の方向転換であった。
---------------------------------------------------


すでに 1964年、、、林業はTPPを地でいっていたという その証拠である
岩手県の住田町や山形県の金山町などのように 林業と建築技師とをワンセットで 
和風建築を売りとする集団をつくり、技能者育成を支援し 地域振興策としてバックアップするなど
新手が成功していることにもっと政治は着目すべきである 一次産業はダメでも三次産業で展望を持たせよ( `ー´)ノ!


d0347140_14474160.jpg



南会津郡内は 下郷町、田島町、舘岩村、南郷村、伊南村、桧枝岐村、只見町で構成されていた
このうち 只見町、桧枝岐村、下郷町は大合併せずに自活できる財力があるようですが(電源、観光?)
田島町 舘岩村 南郷村 伊南村が「南会津町」として平成18年に大合併し郡内一になりました
現在、南会津郡内は 南会津町 下郷町 只見町 檜枝岐村の3町1村
広い福島県南部の山間に 11200世帯、27850人が暮らしている(桧枝岐村は614人)

観光地は大内宿、塔のへつり、湯野上、湯ノ花、木賊、小豆の各温泉、田子倉ダム、奥只見ダム、尾瀬、
それから駒止峠の台鞍スキー場、中山峠の高杖スキー場、伊南の高畑スキー場など、
トマトの南郷町、酒は國権、金紋会津、花泉、開当男山、田圃面積が小さいから蔵元も少ない。
江戸時代は幕府の直轄地(天領)だった 歴史的には「南山御蔵入」というようですが。

旧家にみられる建築様式では、中門岳の名称にもなった「中門造り」(曲がり家を含む)、
豪雪地帯独特の、二階にも一間幅の玄関を設えた「兜造り」などでしょうか?
国立公園の尾瀬以外は 何が何だかわからないくらい山の多い、耕作面積の小さい、基幹産業の不明な地域。



d0347140_14583025.jpg
 右から近影に高幽山、 中央奥に浅草と木が被った鬼ヶ城、 左に大川猿倉、猿倉、村杉岳


山は多いと言っても、その山名なら大筋で判る。
那須連山、帝釈山脈、会越アイエツ山脈、燧ヶ岳外郭稜線、内陸の低山に分類できる。

観音山、小野岳、大戸岳、思案岳、本元飯豊山、三倉山、黒滝股山、貝鳴山、斉藤山
大嵐山、真名板倉山、神龍ヶ岳、家老岳、家老山、舟ヶ鼻山、七ヶ岳、荒海山、安ヶ森
枯木山、田代山、黒垰山、土倉山、八総佐倉山、城郭朝日山、大根下山、大博多山
会津朝日岳、丸山岳、稲子山、坪入山、窓明山、三岩山、大中子山、長須ヶ玉山、帝釈山、台倉高山
これに只見・会越山脈の 雲河曽根山、中の又山、浅草岳、猿倉岳、村杉岳、などが加わる・・・

以上の堂々たる山名が南会津郡には控えている。実際にこの30年間で、年に2度は各地を登ってきた。



以上の山名一覧では 似たような名前が三つあることに気付きます、、、「かろう」という名前です。
大内の神龍ヶ岳、 糸沢の家老岳、 針生の家老山、、、
大内の神龍ヶ岳は神域を持った立派なお山だが 他の二つは初耳の方も多いだろう。
3座はともに「会津百名山」に入っている。ほかにも福島県では相馬の鹿狼山、大子の佳老山がある。

で、この一覧の他にもう一つ、同名の山があるんです。面白いことに これまた三つある!
塩ノ原の佐倉山 熨斗戸の割佐倉山(のしど わりさくらやま) 八総の佐倉山(やそう さくらやま)
「さくら」または「さぐら」と訛って呼ぶ「佐倉山」です。
 知らない人も多いだろうけど、南会津好きを自認するなら頭に入れておく必要があるでしょうね。

割佐倉山は「わっさぐらやま」と?ネットで散見する。さっそく立岩支所生活課に聞いてみました。
『地元では「わっさぐら」とは呼ばず「わっつぁぐら」と呼んでます、正式には「わりさくらやま」です』との答えでした。
 そういうわけで、ここでは郡山山岳会編「南会津東部の山」昭和55年(1980年)に準拠し 
正式名称で「わりさくらやま」と呼ぶことにします。
地名は「熨斗戸」ではなく舘岩川を渡るので「伊予戸」が正解かも?
手始めに 唯一登山道のある八総佐倉山から調べてみようか。雪が降る前に見分してこよう。

塩ノ原と熨斗戸(伊予戸)と八総地区は それぞれ数キロの間隔がある また 八総には銅の鉱山跡があった。
佐倉の読みを「サ」と「クラ」に分けると サは桜の花のように 小さい、霞む、うっすらという意味
クラは岩山という意味だろう。つまり、小さいけど急峻な岩山という「イメージ」を文字から抱く
塩ノ原佐倉山が1156.9m 割佐倉山が1304.4m 八総佐倉山が1073.3m 


南会津の里山、藪山、、、山そのものは誠に小さいけれど、これでいて男を飽きさせないほどの中身を持つ。
登るだけでは体躯の運動に過ぎませんけどね、でもね、登ることで気持ちをリフレッシュさせたり モチベを持ったり 
歴史や生物の研究したり、言い伝えの実証的研究をしたり 例えばここの「南山御蔵入地」(天領)の歴史を
古文書を通して研究したり、それらこそが、これからの「知的な山遊び」の一つのスタイルになるんじゃないかなぁ 
と思うんですけど・・・気負いすぎ?言いすぎ?(´艸`)
名山ピークハントなどの単一思考に飽きたらw 登山に知的遊び心を付加した新趣で楽しい山とかかわりを持つ
そんな新機軸が生まれ出るとしたら・・・「趣味の蛸壺」と言われる登山は よりさらに楽しくなるだろうね(笑)


どういうわけか? 飯豊や朝日や鳥海など有名山にばかり興味関心が行きがちだけど・・・、
歴史や山名考、生活史など あくまで自ら興味を抱く山であればあるほど 山への愛着は強く感じるものです
それが「知的遊び心、知的な山遊び」というもんなのかな?・・・ どうだろ?ピークハンター諸氏。

登った順番に画像を貼り付けて一つの物語を表すのも一案ですが さらに、自分が何故その山に登るのかの関係性や
地元人の生活やふれあいを書き加えれば 訴える力も増すんじゃないだろうか?・・・ どうだろ?ブロガー諸氏。









d0347140_22383842.jpg






[PR]
by tabilogue2 | 2016-11-05 12:09 | 会津・越後 | Trackback | Comments(4)