「ほっ」と。キャンペーン

d0347140_10262871.jpg


今日の写真は 2011年2月撮影からの一枚。転んで片肘をついた時に折った…と穏やかにお話されていたお年寄り。 ひとり、陽光燦々の縁側で日向ぼっこしてた。当日は気づかなかったけど、この日は ”雨水の節気” でした。 この3週後ぐらいに大地が大揺れしたのでした。

まだ 恐ろしいほど高レベルの放射能に覆われ 除染の効果も半信半疑。子どもを連れて帰宅だなんてとても考えられない。「帰宅忌避」を訴える人がたくさんいるというのに 国と福島県は 自主避難者への住宅の無償提供を今月末打ち切るそうです。年度末になると「打切話」がでてくる、その都度「延長」になってきた問題。「こんなおかしな政治を黙ってみていろ!」とでも言うんですかね?

国も「復興という名」の箱ものづくり、沿岸をコンクリートで固めただけ、、、アレだけの水素爆発・放射能拡散・被曝事故を起こしたにもかかわらず さも忘れたかのように「再稼働」に躍起になってる。「東電」も賠償責任から逃れようとするし、政治も国会で大きな取り上げ方になっていない。

今村雅弘復興相は マラソンに例えて「今現在は30キロあたりで、勝負どころだ」と強調したそうですが、福島県民はいまだにスタートラインに立てないでいる。「政府と現場との認識」の大きなズレがありそうで 福島県知事からもこの大臣発言に苦言が出たようです。 

さらにまた 大臣から「フクシマ フアースト」という 今流行りの言葉も出たそうですが、この言葉さえ「福島第一」原発を連想させるので 言葉遣いには細心の注意を図ってくれと苦情が出たとか。自民党はオリンピックの綱引きと テロ「等」準備罪の成立に躍起だから・・・呆れる発言ばかりが続きます。

安倍首相はオリンピック招致を決める2年前のIOC総会で 「今までも、現在も、そして将来も! まったく問題はない! ということをお約束します」「福島についてご案じの向きには、私から保証します」と世界に向かって まるで「自己陶酔」したかのような「大見栄」をきった。「アンダーコントロール」 この言葉で被曝地はほんとうにガッカリさせられたものでした。 虚栄心の強い人が語るに落ちる、二枚舌。 嘘を嘘で塗りたくって 平然とできる政治家とは不思議な人種、職業だ。

しかし「まったく問題はない!」と、願望すれば解決するような事態ではなく、現実はコントロール不能で大問題ばかりが山積し、凍土壁も不完全で、メルトダウンで核燃料が原子炉に留まったままかどうかさえ 不明なのが現状。最近のニュースではロボットは進入不能で 堆積物の究明もできずにいる。 最高水準の技術が原子炉の暴走に太刀打ちできずに翻弄され続けている。これが「二枚舌の裏側」「フクシマファースト」の現場なのである。

6年経てば 大震災は「過去形」なの? 10年経てば 罪は消えて無くなるの? 忘却の彼方? 30年、放射能の半減期まで 福島は「不安だらけ」で戻れないというのに そんな国の原発政策で「被曝地帰還の人体実検」が 許されるとでもいうの? 

原発事故で避難した子どもが ゆすりの虐めにあって150万も掠め取られた。にもかかわらずイジメと認定せず、マスコミが騒いで 全国的に取り上げられて、ようやく教育委員会が謝罪して やっと「イジメ認定」だって呆れた話だ。教育委員会こそ 自由な発想ができず硬直しているのでは? 

その一方、「神の国の教育勅語」を幼稚園児に朗誦させる? 歴史の逆流に子らを泳がせる?「天皇」を利用する? そんな怪しげな神道式の学校法人に一国の総理婦人が小学校名誉校長を務めるって? 国会で追及されると、紛糾する前に「辞退」でもみ消し? でも「主人も教育方針が幼稚園から小学校まで一貫されることは素晴らしいと言っております」って 教育勅語を暗唱させる「幼稚園・小学校一貫『洗脳』教育」に疑いを持たない。ヘンな夫婦だ。 

それにどういうわけか? その法人に国の土地を「数字の差し引き」で超安価で売ったって? つまり、9億3千万で払い下げた土地代の約90%にあたる8億円を「土中のゴミ」をダンプカー4000台分で撤去する費用に充てる「見込み」で差し引いて譲渡契約したと説明した。 が?、付近の住民はダンプカーが4000台ほどの「事実はない」と証言するや、そのゴミの半分は再び埋め戻したと答えたという。まさに9億の土地を8億国庫負担で 差し引き1億で譲渡したという事実が浮き上がった。 国の機関が一法人に便宜を図る…という典型的な政治的利益供与の略図が描かれた。

どこぞの国の「おとぎ噺」かと思えば この「日本の今」だと言う。なんだろ? この時代錯誤! 異常な感覚てば、、、…? 総理大臣:安倍晋三も 森友学園理事長:籠池泰典も 防衛大臣:稲田朋美も みんな出処は一緒・・・侵略戦争を正当化する歴史修正主義者、右翼、国粋主義者の集まり、「日本会議」のメンバーだ!

右傾化! 保守派のやりたい放題 この腐れ加減…、呆れたものだ。そんな「政治的貧困」の真っ只中に我々は暮らしている。 アハハ オホホ と 山などに通ってる場合じゃない (でしょうけど、、、) 第二次安倍内閣になってからというもの 福祉に宛がうはずの消費税はどこへやら 貧乏の見過ごし 福祉のやり過ごし 福祉と教育の切り捨て 教育を受ける権利の格差化 教育の右傾化 歴史の修正主義 金融と市場優先 TPPと資本家の言いなり PKO派兵と軍備予算の膨張 ・・・ホント 情けない。。。 おかしな国になりました。

皆が皆を思いやる そんな国、政治にしたいものです。 そうは願っても、、、「小選挙区」選挙制度の世の中じゃ 保守が半数以上。困った人は どうすりゃいいの?

「反安倍」、コレでまとまるしか 勝つ手はない。




[PR]
by tabilogue2 | 2017-02-23 15:12 | コラム | Comments(0)

JR通勤登山も終盤だね

d0347140_13410911.jpg

”縞男”  縞男本舗 提供

-----------------------------------------------------------------------

お硬い話をすれば・・・

里山を歩く」という概念を 自分はもともと持っていなかった
学生時代から「山岳部」指向、今もって頭の中は「山岳部」指向なんだろうw

標高でいえば3桁以下、高低差なら00m以下、登りに2時間かからず、
いわゆる「山の深さ」を基準にして
それ以下を「山」と称する感覚が、もともと 自分には ない
福島育ち…だからか? 里山は所詮、「芝刈りの山」だった

幸か不幸か 体力的に登れるうちは「山岳指向」でいたい 今もそう誓ってる
飯豊、朝日、南会津、那須、吾妻、裏岩手、蔵王…、
テント山行が主体だし 小屋泊まりも多くなる
朝晩の「空気感」を身に着けずに「山に登った」とは言い難いし

逆に言えば、それができなくなった時、
自分の「山という概念」を捨て去ろう と思っている
その頃からでも里山を歩き スポーツ登山したいとも思っている

しかし いつまでも「自分の山」に未練タラタラ… ってのが一番よくない
わかってはいる(´艸`)

---------------------------------------------------------------------------------

さて、いよいよ2月も終盤になってきました 

冬は乗る車がない 「泉ヶ岳」も凍結するうちは登れない ム~リ~
かといって 自分の考えを曲げてまで 低山や里山を徘徊する気もないw 
結果 淡々とJR登山を重ねてきた というわけ

仙山線沿線が 雪崩れ始めるまで 
あと2、3回は、、、「冬季」「雪稜」に対峙するのは可能か? 

というわけで この冬6回目の「JR仙山線」登山、3回目の東面
まだまだ グズグズと潜る雪w ツライ 3月の堅雪まであと少しの辛抱 

堅雪となれば、いよいよ 春山解禁
いよいよ 「厳冬期」の面白山ともオサラバ
まもなく 仙山線ともオサラバか? ちょいと 寂しいw

でも春山は そこまで来てるもんね♪ 行かなきゃ春山 残雪と霞む空






[PR]
by tabilogue2 | 2017-02-22 13:44 | 面白山 | Comments(0)

d0347140_15092483.jpg


Black Diamond と Chouinard、、、
先刻の話題の続きですが・・・

”Black Diamond” のロゴに引き継がれた
”Chouinard” の心意気ともいわれる
「ダイアモンド”C”」 のロゴは

このアイスバイル(1991年購入)でも
Black の ”C” として生き続けた

1991年、、、
もう 25年も昔の話だ (´艸`)





[PR]
by tabilogue2 | 2017-02-17 15:16 | アラカルト | Comments(2)

好天待ち・・・CHOUINARD

d0347140_13480658.jpg


好天待ち 山頂は荒れているらしく 
彼の「東面」は ガスの中、今日も姿を現さず

先週から 舌下状の寒気団が居座っており 
なかなか 安定した日柄にはならないみたい

この風は 水曜から木曜にかけて止みそうだが
移動性低気圧のため、金曜から再び冬型に戻るようだ

-------------------------------------------------

暇で・・・ 手持ちのカラビナをピカールしていた
リンク先の「ばやん老人 風塵日記」で 
ばやん氏が「刻印」について 一くさり書いていらしたので
自分も刻印付きのガチャを取り出し 感慨に耽ろうとw 

-------------------------------------------------

今日はカラビナの話

「CHOUINARD」
古いクライマーは ショイナードと呼んだりしたものだが
イマジンは シュイナードといったりするのだろうか?
「Black Diamond」とは いちおう 口にはするだろうけど 
それが「CHOUINARD」のリボーンだとは 多く知られていない

シュイナード氏は
「patagonia」社を起こした創立者でもある

横道にそれるが、、、
二人の脱サラ男が 1988年 鎌倉に日本支社を創るまで…
当時の僕は patagoniaの”チンチラ”を個人輸入で手にしていた
今は”シンチラ”というのか? 「フリース」のことであるが

特に思い出すのは、、、
チンチラのタグが モノクロから現在のカラータグに突然変わった
理由は 偽タグを市場から排除するためだった 
高級バッグのブランド品の紛い品がネット市場に流されていた頃の話
シュイナードが衣料部門として残した、小さなパタゴニア社は成長を遂げた
そんな話も付け足しておく
ユーザー歴はかれこれ35年?になる


さて、、、写真のカラビナには新と旧とがあって
旧いほうが打刻印タイプ 新しいほうがエンボスタイプだ

で、先述のばやん氏のBlogで 
打刻印 "S" に 一種の情感を抱いた風に記してあった 
自分もそういえば カラビナは
エンボスよりも打刻印のツルっとした手触りを好んでいたっけ
 
ブランドマークの「ダイヤモンド ”C”」のロゴ刻印
今更 旧いカラビナを並べて 
30数年前の「あの頃」を呼び覚ましていたところ(笑)
「CHOUINARD」は「ダイヤモンド ”C”」のロゴマークで
「Black Diamond」のBla”C”kに引き継がれていたが 
それは 創立世代の「男」たちの”友情の証”だ

打刻印タイプのシュイナードはもう手に入らない
時の流れを知る者にとって 
Chouinard と BlackDiamond の関係は語り草
Patagoniaという大きな礎を築いた流れも



旧いカラビナを一枚一枚手にとって並べた
エンボスタイプより打刻印タイプに 趣というか 風味を感じる
でも カラビナの味なんて・・・?
わっかんねぇだろう が、じつは色々と ショッパイのだ




d0347140_13501048.jpg
手前下からの4セット 左のカラビナがCHOUINARDの打刻印タイプ 
つづく2セット 左のカラビナがCHOUINARDのエンボスタイプ 
奥の1セット 左のカラビナがBlack Diamondのエンボスタイプ
環付きカラビナ Black Diamondの刻印タイプ(おそらく鋳型)






[PR]
by tabilogue2 | 2017-02-12 13:53 | アラカルト | Comments(2)

雑感

d0347140_10230005.jpg
”縞男”   縞男本舗 提供




雑感


笹谷峠の「ダンコ平」。山形神室と仙台神室の鞍部のことだが、その呼称問題を当ブログでつぶやきだしてから、かれこれ3年になるだろうか? 今、ようやっと「違い」が理解されるようになってきた。

ダンゴではない ダンコが正しい(濁点無用)。ガイドブック、エアリアマップでさえ「ダンゴ」と濁ったまま。でも、それでも一向に構わない。一般登山者についてはダンゴのまま、近代登山史に興味のないものにあれこれ言うつもりはない。必然、歴史を追えば「旧制 二高山岳会」の久野久らが先駆 と、山岳関係者らには言っておこう。その会報(昭和7年、1932年発行)に著され、「ダンコ平」の名が世に知れた最初。一高山の会:柴崎先生も「宮城の名山」ガイドブックに書いていた、YMCA山岳会:深野稔生氏も労作「神室岳」に著していた 一度ご覧あれ。




「ヒザ川中間尾根」「袖泉とした件
ネットを中心に活動している、知ったかぶりな?、自称「岳人」さんが泉ヶ岳のヒザ川中間尾根を「袖泉」だとネットに載せインフルエンズさせてしまった。数年もの間、彼の取り巻きの誰もが「WHY?」「STOP!」を言えておらず、皆一様に「袖泉」と各自のブログに「右倣え!」で書き上げている。疑問を挟む余地など無い風だった。コレを観て「袖泉」ってなんだろ…?と「旧来の山ヤ」連中から話が出て、場所は特定できたのだが、なぜ?何のために?と疑問だらけだった。いちおうネットのことだから…と放置していた。

「袖泉」は 古くからある「北泉ヶ岳」の呼称
「ヒザ川の中間尾根を袖泉と称するのは間違い」と、過ちを指摘する声が外部からあがり、検証材料をもとに証明がなされた。ようやく自称「岳人」さんグループ内で 正しく認識されだし、ブログに記載する者がいなくなった。それまでは 親分に楯突いたら嫌われる?そんな心理が働いたのかな。しかし 今に至っても「小山の大将」の口から誤りを認める発言はない。それどころか「誰かが言っていたのを聞いた」と素知らぬ顔だ。ヤレヤレ、さすがのネット人間。潔さがないというか、往生際が悪いというか?、山ヤの風上にも置けない男だ。

これらの事例が「ネット内コミュニティ」に住む一般登山者たちの平均的「実力」か? 教えてあげようスタイル・知ったかぶり然・虚勢。それゆえに「ネットに記載されていたから」とか「誰かがネットで言っていたから」と「客観性」「信憑性」を持たせて脚色してしまう。ネットという「論拠や確証のない、姓名さえ名乗らぬ無責任な発言」を転用する(そこに悪意が在る)のは正しくない。謙虚にかまえ実力以上の背伸びをしないのが大事だと思う。

「遭難対策」で考えれば簡単に分かるはずだが
現実的な話をすれば、、、「山の世界」は遭難対策の連絡網、「遭難対策連絡協議会」で繋がっているという事実。参加団体や職種は幅広く、医療機関、学識経験者、警察、消防、県岳連・山岳会とガッチリ。 近代登山史、初登記録、民話、歴史、地質、民俗学、植物、実務では 遭難救助、捜索、救急、搬送など専門知識や技術に長けた人たちの集合体だ。捜索に当たっては消防団、山岳会は手弁当で任に当たっている。その遭難対策のエキスパートたちが知るところにない「地名・名称」を勝手につけたりするのは遭難救助、捜索のジャマをすることにもなる。「袖泉」という名称で110番されても捜索隊は到着できません。人命に関わることなので、公認されていない地名をネットで呼称したり、地名プレートを堂々と掲げるのは止めようぜ。(ついでに「南西尾根」という名称もありません)

それにしても、ネットに疎遠な山岳界の諸先輩がこれらの問題を生んだ一因を成しているのかも。一方、山の歴史や伝統的事柄、遭難対策に疎いネットの民が「仮想の山岳界」つまり「B層のコミュニティ」を形成したことも一因だろう。そのことによって前述したような裏付けの取れない事象が問題化するわけだ。

昔から「ケガと弁当は自分持ち」といわれる山の世界、、、この世界に登場する”仮想の山岳界”も「下手すりゃ、オシャカ」ってことを忘れないでおこう。

-------------------------------------------------------------------

話は変わって・・・ 

山は「格式」で登るものではない。「袖泉」のように「ベテラン」だからといって正しいとは限らない。ついでにいえば、、、山は個々人のセンスで登るもの、そして味わうものと思う。「写真家」が撮ったからといって、その写真が個々人の感銘を得るとは限らないし、「登山家」が良い山だと言ったところで同様に個々人もそう思うとは限らない。

自分で歩ける山、惚れた山が2つ3つあって、季節を変えて歩けばその2つ3つの山が突然、魂を揺さぶってくることがある。そんな感動的な出会いのある山がじつは最高な山。「登山家」や「岳人」が教えてくれなくとも「感動」と巡り会えることがあるわけだ。むしろ 感動する心を奪ってしまう「ガイドブック」やベテラン「登山家」の平易なブログなどは「How to」程度にとどめて、自分のペースで山遊びをすることが大事。

自分の回りに一年中通える、惚れた山が2つ3つあれば それこそ自分にとって最良の山。決めるのは貴方個人。登山家も知らない動物の集まる水場や、岳人も知らない実のなる木があることを自分は知っている。そんな馴染みのある山が2つ3つあること それで「山の楽しみ」は充分です。さらに馴染みの山を増やしたいなら1年で2つ3つ登れる山を増やせばいい。一遍にあれもこれもと欲張ってはいけない それこそ事故を呼んだりするから。ゆくゆく…私達は 手持ちの山の少なさに悲観するのではなく、(他人と比べて)少ないと思う「貧しい心」にこそ問題が潜んでいる…という一点に気づくはず。知れば、北アルプスに通うことよりも、もっと大事な山が足下にあることが(それこそ数年後に)分かってくるはず。これは 誰でも罹る病い・・・「充足感」がないと嘆く気持ち これが問題なんです。

---------------------------------------------------------------

一介の登山者がブログのプロフィールに自らを「岳人」と名乗る方が現れ、「こりゃ 変わった男だなぁ」と当ブログでも2年前に取り上げました。「袖泉」の呼称問題が落着したのを経て関心も薄れたこの頃、、、「あらら…この人 とうとう「登山家」になっちまったよ」と耳にしました。覗いてみると、昨年11月の笹倉山の記事では自分を「登山家」と称しているようです。山岳写真集団にも参加したとも聞きました。そうなると…?次は「写真家」を目指すのかな。岳人 登山家 写真家?…、どうしても自分をカテゴリー分けしたいのか、不思議な感覚の持ち主らしい。単に肩書が欲しいだけなのか? 山を楽しむのに、肩書なんてちっとも役立たないのに。さらに肩書全てが「自称」だなんて、呆れます。

この珍事で関心を集めるのは 「取り巻き」の方々。その資質(イェスマンかどうか?)、どんな受け止め方をなさっておられるのか?一度伺ってみたい。誰かに頼ろうとする心が「岳人」「登山家」「写真家」など権威をもたせた「偶像」を生んでしまったんだろうけど、「威厳」に頼ってしまった自分たちの弱さにお気づきになってるのかどうか? 誰かが勇気を出して言って差しあげないと グループの皆さん方が「裸の王様」を作り上げた温床と指摘されることになります。しかも 自称「岳人」さん本人が気づくまでその「自称の恥」はネットに晒されたままです。

第三者から 「あの人は立派な人格者だ」とか、「名誉」や「褒め言葉」風に使われるのが普通なのに、その「普通」なことを、取り巻くグループの皆さんが「小山の大将」に言って差しあげないと、この自称「岳人」「登山家」病は死ぬまで治らない。あらためて、、、「皆さん 私は宮城の人格者です」と自分から名乗る人はいません。岳人 登山家 写真家 人格者 山のベテラン リーダー、これらの言葉は第三者から「尊敬」や「畏敬」「威厳」を持って使われるのが一般的。けして自称で名乗る言葉じゃない。

ゆうゆう館に来られている東北山岳写真集団(旧、東北山岳写真家集団ではないらしい 主宰の早川さんが新たにメンバー構成して写真家の「家」を外したようだ)は 早川さん、舟山さん、素晴らしいグラビアを出されたばかりの鈴木さん、それに新人の福井さん(ステッカー戴いちゃった ありがと♪)・・・一度「岳人、登山家、写真家」の定義を聞いてみようかな。







[PR]
by tabilogue2 | 2017-02-08 14:15 | アラカルト | Comments(0)

さて、東面だが…

d0347140_14372017.jpg
面白山西面の吊尾根


だいたいのルートも頭に入れた 予測できる支障箇所も認識した。峠の歴史や人の流れ、物資の流れも、歴史とともに下調べを終えた、復習もした。面白山東面の沢・・・ 北沢の右・中・左俣の記録も、、、南沢に関しても 金剛沢、矢盡沢、金井沢、西岩象・中岩象・東岩象沢、大丸沢・小丸沢、四ノ沢、三ノ沢など YMCA山岳会、一高山の会の遡行記録をこの1週間で一通り眺めてきた(南沢右岸の支流で遡行価値のあるのは西岩象沢のみ) 万全とまではいかないが ほぼ頭に納めた。

そろそろ 面白山の東面に乗り込みたいと思う。それにしても、この歳で?ワクワクするものだなぁ 近場の山で、厳冬期に空白域があっただなんてw 厳冬期の面白山東面、東尾根の稜線を歩くのは山岳会時代を通しても初めてのこと。二口・面白山の夏は人臭い谷で遊び、冬には人を寄せない雪稜を歩く、、、こんな複合ができるのも 地元の山ヤ・沢ヤとして、二口の山に興味を注いできたからだろう。夏、沢に遊び「タメ」を作っておかないと、勢いもないまま、平凡な冬を過ごさざるを得ない。



このあと、、、 栗子山に尾根ルート、大杭甲山雪稜からのアプローチもしたいし、 車もないのにw番城山にもグルッとフスベまで循環で雪稜を歩きたいし それから 安田くんから提案のあった関山から面白山への白い県境も、ね。標高3桁なので(自分の線引きは4桁以上)、積極的に登らない山に該当はするけれども・・・w

山ばっか・・・と、なんかまたイヤミをいわれちゃいそう(´艸`) だが 自分たちの登る山は「名山の修飾詞をもたない山」。地元の自分たちが登らないで、いったい誰が登ると云うんだい? 南会津、飯豊、朝日、吾妻に蔵王、鳥海、さらに栗子も二口も得て、今後は船形にも立脚点ができそうで…、じつに地方に暮らし、地方の山にこだわってきて、良かったなぁとつくづく思うのだ。


d0347140_14373546.jpg
大杭甲山 1202m



[PR]
by tabilogue2 | 2017-02-06 14:38 | 面白山 | Comments(0)