d0347140_22530621.jpg



八幡平の紅葉を味わいたくて 数日ほど彷徨ってきます 

北方面を先に味わっておかないと 南方面の紅葉も始まっちゃうので 
少しだけ 焦っております 

「すーさんの山日記」によれば 源太森付近の画像が黄色になってる
八幡沼も焼けてるし 草紅葉… 始まったんですねえ   

リングワンデリングをしでかした黒谷地で・・・
化かされた お狐さんにも逢いたいし(´艸`) 

冬季は数度も行けてるのに 夏季(秋?)は初めてで、、、ドキドキします

八幡平の次は「裏岩手」。
「稜線通し」の大深岳から三ツ石山までの裏岩手(残り半分)を往復したい
前回の夏道「続き」を歩き通したい
東北ではなかなか味わえない、頂上Pで車を降りたら岩手山までずうっと
スッキリくっきりの「稜線歩き」。。。その気分を味わいたい

一日で歩けるコースを3日もかけて 味わおうと思ってます
急ぎ足、日帰り山行では気づくことのない山の妙味・山旅というものを味わいたい

熊ゴロの足跡に出会うのも 楽しみです
それにしても 酒が多いぞ??? 今回は ボタニカル ジン 香りがいい

観光バスもマイカーも紅葉シーズンで渋滞するそうで、、、
ツェルトも用意して 避難小屋難民にならぬようにせねば(笑)





[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-21 22:56 | アラカルト | Trackback | Comments(0)

d0347140_17400066.jpg



いやなに、、これって、、、普通なんだ… って
分かっちゃいるんですがねw

墓参りで実家に向かう途中、、、
大笹生あたりの奥羽線踏切の遮断器が降りて 一旦停止
何が来るかな??? って カメラを構えて 待つと

でっかい顔が ニュ~っと出てきた、 ビックリしたぁぁぁ(笑)


じつに「悪気」はないんですがね
やっぱ、違うんじゃないかなぁぁぁ… って
思ったりするんですよ 

福島の市街地手前の踏切で出くわした”ミニ新幹線”
違和感たっぷり 感じちゃいました

県境を時速130キロで? そりゃ… 熊だって… 撥ねられちまうわ




d0347140_17535974.jpg
通過中

d0347140_17542670.jpg
サッと通過。。。



それにしても 
ガンメタにグリーンのラインが入っていたヤツ(E3系?)
アッチのほうがカッコイイと思うのは… 私だけ?







[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-20 17:54 | アラカルト | Trackback | Comments(2)

d0347140_13190698.jpg
赤シブから続く”蟻の戸渡り”、、、ネズコの枝に助けられ 下降する
5つの小さなポコポコを繋げば 画像右奥の雁戸山に至る




台風18号の影響で三連休の山の楽しみは霧消し・・・ 
2泊3日の裏岩手縦走山行計画が、1泊2日の小屋泊山行計画になり、、、
ついに 近場のキャンプと日帰り山行だけに化けてしまった。

まあ 牛肉と豆腐の肉鍋で過ごし語る夜は格別なのは決まっているが
裏岩手縦走は秋の日和にゆっくり2泊で臨むことに… 流れた計画に変更はない。

荒天が見込まれ 足馴しのつもりで 近場の笹谷峠に向かった。 
8時 駐車場は溢れ路駐が5台ほどある。人気とはいえ荒天前なので車は少なめだ。
皆の行く先は雁戸ではなく 殆ど山形神室側に向かってゆく。。。



d0347140_17454629.jpg

秋山の足馴しなので 荷物は2泊3日のまま
テントとシュラフは置いてきたが 水もペットボトル6本分そのまま
食料は「前日分の消化」だけで みちっと重いまま。

風もなく 時折のガスで画像が撮れない程度で まずまずの日和である
もっとも 宮城側は東風の影響でガスが湧くが 山形側は薄日がさしていた。

こういう日は山をササッと片付けて・・・
笹谷峠の六地蔵めぐりに 空いた時間を宛てがうほうが満足が倍加する。

山形側の尼寺と仙台側のお助け寺とを 一直線で地蔵たちが立ち並ぶのだが
冬の峠を道案内してこられた地蔵さんたち一体、一体をなにげに拝んできたほうが 
特に精神的に晴れ晴れすると思われる (気持ちの問題だが…)

しかしそうはいっても笹谷峠に降り着くまで 粘土道が長かった。。。尻もち1回w


d0347140_17401012.jpg
赤シブとイワインチン


d0347140_13193625.jpg
イワインチン



前山のトラバース部は モミジハグマだろうか?白い、か細い花を咲かせ
赤シブの岩場はイワインチンの黄色い花が小さく咲き 巡る者に秋を感じさせていた。
本格紅葉は あと半月ほども?・・・過ぎてからだろうか


d0347140_13202013.jpg

モミジハグマ?オヤリハグマ 
お教え頂きました、g_gさんまた宜しくお願いしますぅ
 


あちこち出かけて…の紅葉シーズンの計画も立ててはいるが 
好天狙いの撮影とあって 出撃チャンスは遠のくばかり
ええい ままよ とザックに野営道具を詰めもするが 
所詮 会心の撮影なんて 年に数本しかない実情を見れば(´∀` )
気楽に近場に出かけたほうが 吉ということも…あるかな






[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-17 13:38 | 蔵王連峰 | Trackback | Comments(2)

★ US FIVE 斉藤俊介(P)

d0347140_06383032.jpg



d0347140_06393682.jpg


★US FIVE バンマス 斉藤さんは 2バンド掛け持ちのようです

バンド名は ★ayujam

いつも忙しい中 人付合いも バンド交流も ジャムセッションもこなす
いろんなバンドマンと交流があるので そちこちから声がかかります


というわけで・・・?

 ★ US FIVE の演奏曲目を下記に発表します
凄いんですよ 今回はバンマスが「私のわがままで…」と言ってましたが
「Cedar Walton(シダー・ウォルトン)縛り」です
ジャズ界の有名なピアニスト、編曲家です


本日の2ステージ・セットリストは下記の通り

●夏の思い出像前
1 Simple Pleasure
2 Theme for Jobim
3 Hindsight
4 Black

●KABOライブ
1 Black
2 Theme for Jobim
3 Martha's Prize
4 Hindsight
5 Simple Pleasure

いずれもCedar Waltonの曲です
僕は ”Black” が好きです




仙台空港会場で演奏を録画し you tube にアップされた方がおられますので
さっそく リンクを貼ってみました よろしくお願いします


d0347140_06390509.jpg


いつも おだやかなんですよねえ
話し方も 表情も… 
どこがハードバップなんだか?www


d0347140_06395273.jpg










ここからは ★ ayujam

日影あゆじtrb・谷中英一as・斉藤俊介p・諏訪達生b・片倉高志ds



d0347140_07033418.jpg


d0347140_06411109.jpg
鎮魂 ”A” の音・・・♪~


d0347140_06413543.jpg



d0347140_06491312.jpg


前夜のKABOステージで 
★ayujam の演奏があったのですが
谷中さんも このバンドに参加されてました


また 来年も撮らせてください
皆さん お元気で!


d0347140_19395360.jpg


[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-13 07:07 | jazz | Trackback | Comments(4)

d0347140_14325058.jpg



 赤羽工務店 KABOライブでの初撮りです

少ない撮影チャンスで撮るには 今後彼らとのお付き合いが必要ですが
初めてにしては「デフューザー効果」があり 楽ちんでした

来年は「寄り」で 撮らせていた戴きますんで
清まし顔wなぞされずに 顔をソッチ向けwなさらずに 
お願いします
光る汗 したたる汗 真っ赤な顔 大好きなもんすから… 
すんません



d0347140_14340123.jpg


d0347140_14373991.jpg


d0347140_14343981.jpg

d0347140_14351969.jpg

d0347140_14360581.jpg

d0347140_14384433.jpg




d0347140_14412077.jpg


カメラをパ~ンさせて バンマスを捉えると 
こうなりますwww


「放心状態」???


どーしちゃったのかな?

MCがうまく 
会場がどんどん盛り上がってゆく 裏技を持つ
聴衆の心をバンバン焚きつけてゆく(自虐的だがw)

この日も演奏前にマイク合わせをすませ 
ベースの端子がハマっていなかったけど… 解決済

で、

その後のシーンです カメラは捉えています


”ギャグ考案中”


でしょうかね?www

さすが ジャズフェスでの超人気バンドの一角
演奏は凄い迫力! ギャグもバンバン



でも MCが
すべりまくる・・・ねえ? バンマス(´艸`)


あっ?

それも計算のうち? でしたか 
失礼いたしましたっw

来年も ガッツリ 
聴かせてくださいっ すべりまくるMCも!




d0347140_14534626.jpg


本日一番 軽快な表情で演奏されたベースメン

笑顔の「かっこう」が なんかいい
のれてるんでしょうねぇ  いいなぁ


d0347140_14464131.jpg



d0347140_14511277.jpg




d0347140_14503653.jpg











[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-12 21:13 | jazz | Trackback | Comments(2)

★ US FIVE 内原光信(tp)

d0347140_07062576.jpg


内原さんは 今年は神戸からの参加でした

ホント、
うまいです!

演奏時の力強さや柔らかさ…メリハリが表情に出る方で 
撮影する側にすれば 非常に撮りやすい方

その分 ファインダー越しに演奏に聴き入ってしまうので
シャッターチャンスを逃してしまう
気をつけねばならない 危険な人です(´艸`)


d0347140_07055219.jpg


d0347140_07111064.jpg



d0347140_20262873.jpg



d0347140_07042450.jpg


パネルにするなら・・・
 上と下とで どっちがいいんでしょう?


d0347140_07035046.jpg


ちなみに US FIVE 夜のステージはノーフラッシュ撮影です
バウンス撮影も自主的に禁止です
(飲食店だし ライブだし お客さんが激混みなんで…自主規制)
それはイコール、被写体ブレをおこす条件となります

感度を上げずに撮影するのは辛い 
逆に上げ過ぎれば 画がざらつくしぃぃぃ(泣)

というわけで 

「シャッター優先」でひとまずRAW撮りしてしまって 
後ほど photoshopで光を持ち上げながら現像する作業が必至となります
ほぼ連夜 2時まで現像作業です



赤羽工務店バンドの撮影時には 店のマスターに泣きをいれて
「デフューザーを最大に利かせる条件付き…」で
 店内フラッシュ撮影許可を戴きました
それでも「バウンス撮影」はナシです 辛い(泣)

シャッタースピード上げてブレは抑えても
代わりに失うものは 露出・・・どっちがいいのか?

まあ ブレない方が良い に決まってはいますけど



d0347140_07031399.jpg


[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-12 12:30 | jazz | Trackback | Comments(0)

★ US FIVE 谷中英一(as)

d0347140_07531984.jpg


US FIVE との出会いは・・・彼、谷中さんでした
千葉市から駆け付けています


”alt sax” 好きが(車の)サーキット仲間にもいて 
そちらの紹介で知り合いました

いまや この10年程? もっと前からかな? 
US FIVE が草創の頃からの お付き合いとなっています

「年々上手くなってるなぁ」…などと
軽口を叩けるのはこういう過去からの繋がりがあるから
今やパパさんに成られて… おめでとう♪



d0347140_07415925.jpg

d0347140_07425364.jpg



ロングブレスのピーク・・・苦しそ
谷中さんの顔が 歪む、歪む

じつはこういう生演のノリを
隣で・・・
にこやか顔で 迎えてる人がいます

そう 内原さんです
なんだか毎年 彼だけはステージを楽しんでいる



d0347140_08063402.jpg



2015年の ”KABO” ライブ時の写真ですが・・・
この頃の思いがけっこう熱かった
今は その情熱に加えて 演奏の旨味が加えられ始めた





d0347140_07444053.jpg


風に吹かれた スコアを拾って
譜面台に何ともない仕草でもどしてる・・・
バンドマンらしい形になってる



d0347140_20455577.jpg



d0347140_07491945.jpg
やはり この二人のホーンが US FIVE の顔





d0347140_08152715.jpg

[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-12 08:21 | jazz | Trackback | Comments(0)

★ US FIVE 苅田政隆(b)

d0347140_20245635.jpg


KABOで 苅田君に初めて会った時

スーッとどこか… 瞑想の世界に
逝ってしまう人だなぁ、、、トランス状態とでもいう?
これが 彼の第一印象だった

今でもそれらしいスタイルは変わっておらず
こっちから観てる人は
それが いつ来るのか いまか? いまか? と
落ち着いてみていられない(´艸`)


今じゃ、、US FIVE にとって無くてはならぬ、
岡山から飛んでくる貴重な逸材だ


d0347140_17263685.jpg
内原さんも 苅田君の表情を見て・・・


d0347140_20190625.jpg




d0347140_20200185.jpg


d0347140_20213101.jpg



d0347140_20221781.jpg



d0347140_20225933.jpg



d0347140_20234629.jpg





[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-11 20:32 | jazz | Trackback | Comments(0)

★ US FIVE 阿部憲之(ds)

d0347140_16581936.jpg

US FIVE リズムセクションのカナメ
力強いリズムでリードしてゆく

もう 何年聞いてるだろうか? 
安定というか 彼がいるだけで 安心感がある

d0347140_15002744.jpg


d0347140_19225880.jpg


d0347140_15015553.jpg


d0347140_15260876.jpg


野外ステージでの演奏 ドラムパートのソロに
聴衆はノリノリ  拍手と指笛で応えていた


d0347140_15162905.jpg


d0347140_20553333.jpg



d0347140_20590397.jpg



















[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-11 15:23 | jazz | Trackback | Comments(0)

d0347140_17120087.jpg
赤羽工務店のサックス氏とドラム氏 お疲れさまです




いやいやいやいや・・・行ってきましたよ 
仙台定禅寺ストリートジャズフェスティバル恒例「バンド追っかけ」
非常に疲れましたです。。。

12時間も睡眠とるほど 疲れました 一滴も呑んでないですよ




d0347140_13251829.jpg


昼の部ステージを終えて ホット一息ついて
夜のステージに入る ほんの束の間に見せる彼らの表情
やれやれ というのが 出てる

じっさい このお祭りが終わると…
来年までのモチベがガタ落ちになるバンドメンもいるんで
この一夜限り 二日間限りと 情熱を注ぐバンドメンも多い

ただ こちら”KABO”でレギュラー出演している彼らは
若いのに 実力は相当のもので 
ハードバップジャズクインテットと云ったらジャズ界の王道も王道

ある意味 KABOでステージに上がれるということは…
”ビッグ”へ歩みだす「ブレークスルーへの一歩目」かも


こういう「スナップ」が僕は好き

もっか 数百枚の写真を整理している最中
もう少し時間がかかるけど
主題を決めて バンドの縛りとは無関係に
順次 発表していきたいと思う


●5年前の彼ら・・・リンクです




d0347140_17181435.jpg


d0347140_17230403.jpg

毎年 ウケ狙いで(笑) T シャツでギャグをかます苅田くん 

ひじき …ってなんだろ? 

ヒジキ…ねぇ・・・そーいえば 

むかし お袋に 「食え」って
よく言われたもんだ(笑)

まさか海藻じゃないよね ここは・・・
まさか、だよね?

もずく…なら 沖縄だろし

でもまさか、海藻…ってのは 
この際 ナシだよね? 

岡山県民ならわかるのかな この”ボケ”・・・
んむぅ?????


d0347140_19144911.jpg
リード合わせも なかなかそう簡単に撮れる表情じゃない

d0347140_05195110.jpg

ん…?

d0347140_19152093.jpg

今年は二日間とも晴れ。
日中は ジジババの行楽演芸会場並みに すごい人波でした

僕の応援するバンドも一挙に3倍に増えて 
来年以降は遠隔で3会場をこんとろーる
自動撮影で 空撮込みで 
勘案しなければならなくなりそ(´艸`) ホラフクナラ モットフケ


d0347140_05404106.jpg

d0347140_12563990.jpg

[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-10 17:16 | jazz | Trackback | Comments(0)