d0347140_17394990.jpg



天候が春めき どんどん暖かくなって どんどん雪が消えて
身体も鈍らになるので動かそう というわけで 泉ヶ岳へ

朝から薄曇りで汗もかかず 体調もよく疲れずに歩き通せた
山頂の西側で休憩も入れ、ココアをつくって 
三峰 後白髪 船形を眺めた 遠く栗駒も見渡せた

 昼時なので フキの煮込み 蕪のお新香で おにぎりを戴く
フキが出回る季節 さっそく煮込んでおいたのがよかったかな
リンゴのデザート、煎餅とお茶で済ます 遠足みたいな昼餉 

遅出の所為もあって 行き交う人も少なかったが 
足を止め挨拶を交わし 山頂の決まりごとを済ませた
頑固爺になりたくないので 精一杯の笑顔を振りまいた(笑)

こんな余裕が 気楽な登山を生んでるんだろう・・・って?
まあ否定はしないが 今年また一つ歳をとった

やる時やらんと 人生、つか、時間は無情にすっ飛んでいく
後悔しても遅いぜ やることやっても まだ足りんのだから


出発10:30 下山15:00
ワカン:使用せず アイゼン:使用せず
ヒザ川中間尾根の急斜面で ピッケル使用


d0347140_17405471.jpg

d0347140_17402556.jpg

出発時間が遅かったので 下山は時間短縮のため
「ヒザ川の中間尾根」を使った 


安易に 「袖泉」なんて名称を流行らせる者もいるけど
救助の初動捜査を狂わせるから 
「遭難救助隊に認知されない、私的な地名」は 
ネットで使用しない方がいい

「袖泉」・・・って 「北泉」の旧呼称じゃないのか!
いつから 場所が移動したというんか?

知ったかぶりも いい加減にせいよ~!
間違った呼称をネットで流行らすなよ~!


ネットで言ってたよ~ 誰かから聞いたよ~
…なんて、無責任なこと言うたらアカンでぇ
お~い そこの兄ちゃん たのむでぇ


急斜面の地点は 既にブッシュがでていたので 
雪を拾い、拾いしながら水神まで
想定していた駐車場着予定を 30分以上も短縮できた
 
棒ラーメン 作ればよかったかな・・・


d0347140_17401163.jpg

d0347140_17393997.jpg

d0347140_19455878.jpg



[PR]
# by tabilogue2 | 2016-03-16 17:50 | 船形連峰 | Trackback | Comments(0)