d0347140_22100833.jpg



朝が早い…、、、「撮影には良いこと尽くめ」のように 写真の本には書かれているけど
SIGMAカメラにとっては 朝間、日暮どきの暗さは 無理が効かない場合が多いんです。

男沼はとくに谷あいなので 早朝の光が差し込まないで 昼過ぎまで陰っているところ 
しかも 日向となっている対岸はガラリ趣が違って 明るい沼辺となっており 
両岸の対象的な陰陽の極端さに 素人には さらに難儀するところ。

葉の裏を透かすにも 透過光そのものが 朝は…ナイ
ひらきなおって 明るい対岸を背景にして 近景をシルエットで写す・・・逆転の発想?
ハイキーのように?感度を持ち上げ、その結果、彩度を無視することにした。

でも 男沼の特徴がよく出ている… と ジモティは密かに一人ほくそ笑むわけで(´艸`)

SIGMA DP2 の特異なクセを理解せずには ちょっとやそっとじゃ絵にもならない
そこを あんだんて♪(andanteeno)さんは このクセの強いカメラを
よくぞ使いこなして居られるもんだ と感心します。。。 すごいなあ。
SIGMAは会津磐梯町に工場がある、応援したい。使いこなせずとも 弄くり倒そう!

ちなみに Leicaカメラ写真家:清家先生のSIGMA写真サンプル集に 心が震え圧倒され
SIGMAを購入したもの。そうだ!思い起こそう セチュエイションの問題だ(´艸`)


●清家先生のブログ「 b - r o a d 」リンク先です。


d0347140_10423749.jpg

午前中、男沼の半分は…すべて日陰の畔、土手斜面。
明るい対岸や 眩しい水面を背景にして、近景をシルエットで浮かす手口だけど… 
邪道かもしれませんが、思いついたままに現場合わせでやってみた。

感度は1.7から2.0にセット。中には3.0もあった、いわゆる「ハイキー」ってヤツね?


d0347140_14473827.jpg





d0347140_19025167.jpg





d0347140_19182174.jpg




d0347140_14430162.jpg




d0347140_13485756.jpg












d0347140_14013149.gif













d0347140_14492487.jpg
ほぼ一日 陽があたるのは… 入口に近いこの岸辺だけ
SIGMAらしい精細な描写も、渋い写りも 
ココならば 順光でそれが撮れます。





[PR]
# by tabilogue2 | 2017-11-09 13:43 | 吾妻連峰 | Trackback | Comments(2)