d0347140_11111076.jpg
正面に 南屏風岳が見える いいところだ

d0347140_11124024.jpg


せっかく 芝草平についたんなら 
立ち寄らぬ手はない

いつも 時間があれば 
1時間ほどのんびり過ごすことにしている



ここにきたら…世事を忘れ 
しばし 山野に酔いしれ 
できうる限り「妄想の世界」を膨らませ 
時間を逆回転させるべき(?) 

そのことで時空を彷徨うことに成功すれば… 
少し若返りができるかも?(´艸`)



世事にかまけ ”自己喪失”気味のあなた
是非お試しあれ お勧め!






d0347140_11141095.jpg

トキソウの花期に当たったようで たくさん咲いていた
その代わり
いつものサワランには数輪しか会えなかった
どこぞでの
「悪の意図」に やられたりせねばよいが…


d0347140_11162256.jpg


d0347140_14021777.jpg
黄色の花が夏花のキンコウカ

d0347140_11132872.jpg
同一種族の中で もっとも清楚な花と思っている
ミネウスユキソウ
d0347140_11131755.jpg


d0347140_11130394.jpg


いまから 30年ほど前に戻るが・・・
あの頃は…登山者の絶対数が少なく ここ芝草平に木道などもなく
娘どもは この原っぱで それこそ自由に 飛んだり跳ねたり 寝転んだりしたものだった

今じゃ とても考えられないことをしていたわけだが それほどの「秘境」味があった 
まさか これほどまでに登山者が押し寄せるなど 誰が思っただろうか

登山ブームとともに入山者が増え それに社会的な「自然保護の通念」が後追いして
ここの原っぱもすっかり世間並みになり 足を踏み入れることは叶わなくなった

無論 自然保護の通念を抜きにして、「昔話」を語っているわけだが
自然保護の名のもとに規制が必要になったのは その後10年ほど過ぎてからだった
登山道が整備され 木道が敷かれ 失地回復とやらで「湿原」は保護された

それは世の流れであり 至極当然ではあるのだが
仮に…、登山ブームとやらが来なければ 野放図のままであったかも…?
湿原は自己復元能力があったのでは? 今はそんな気がしてならない

罪作りなのは人間 ということか、 いいにも悪いにも「ブーム」の功罪は大きい 



d0347140_11124024.jpg


d0347140_11121882.jpg


d0347140_11115179.jpg
南屏風が見える 池塘が点在する芝草平

d0347140_11113164.jpg


d0347140_11165438.jpg
地味で小さなヨツバムグラの花 
いつも愛おしくなる



[PR]
by tabilogue2 | 2017-07-20 11:33 | 蔵王連峰 | Comments(0)

d0347140_19332748.jpg


下界じゃ猛暑が続く それに梅雨明け前なのに・・・ 
蔵王のお山では 秋の兆候が見られた


秋花の「ミヤマシャジン」が 
粘板岩の岩地で咲き始まった

この花を見るころには 
秋風が立ち 花が紫系に変化してゆく

「秋のイメージカラー」 
僕の場合 この南蔵王に咲くシャジンの薄紫色

ソバナ ギボウシ サワギキョウ エゾリンドウ
みんな秋口は紫色から始まる

初夏の名残は?といえば…
 ハクサンシャクナゲが遅めの花期を迎えていた

蔵王の夏花を追いかけてきたのに 
湿原もキンコウカが咲き始め 秋の準備だ



d0347140_19334977.jpg


そういえば… 

杉ヶ峰の登路、瓦礫地帯には足手まといになるほど
ミヤマシャジンがたくさん咲いたものだが

ここ数年、登山者の増加で 
登山路の瓦礫さえ端っこに押しやられ 

それに伴い それに倣うように
ミヤマシャジンも 藪に咲くようになった

そればかりじゃない

ミネウスユキソウも 登路の邪魔にならぬよう
路端に控えて花期を迎えている

どうしたことか…
登山ブームだから仕方がないのか…

季節を味わう心は… 
ブームでは滋養されないものなのか…?

山も… 登られるだけな ”消費”の対象なのか?



d0347140_19340674.jpg

d0347140_07493856.jpg


登山ガイドブックには
自然を愛でる表現 楽しみ方の「色々」が
不足している
 
「書き手」の一面的なガイド文 って
なんとかならんものかぁ 
書き手のセンスというか 「感覚」が古すぎて 
読む気もそそられない

教えてあげよう的な「上から目線」がありありで
楽しく山を味わうには どうすればよいか? 
行ってみたいと思わせる 
期待感でワクワクするような
「妙味」がない

「消費登山」や「コピー登山」に満足させない、
未知を既知に変える発意の促し?表現の一工夫が欲しい


d0347140_19350964.jpg


d0347140_19343770.jpg


d0347140_19353101.jpg
ミヤマシャジン



北屏風岳に向かえば… 
木々の間から一斉にトンボが舞立つ

山の頂へと向かう僕に 並び沿うように 
ズンズン進めば ”キラキラ”が盛り上がる

空がトンボの曲技で一杯になる
愉しいw

時折の風に 
ヒンヤリとした空気が混じっていた


d0347140_19290998.jpg



平らかな頂きは 

幾百幾千ものアキアカネが 舞い蔽う

まるで 雲母のような

きらやかさの浮楊だった




(山を偲び、友を偲ぶ  虎毛沢遡行(下)より)



d0347140_19502961.jpg
チングルマの華穂

d0347140_10523289.jpg
芝草平の湿原







[PR]
by tabilogue2 | 2017-07-19 19:52 | 蔵王連峰 | Comments(0)

不安定な天気

d0347140_14433776.jpg



今夏の三連休は 海も山も天気がいまいちのよう。。。
岩手の天気予報が まあ良い程度で 他は総崩れだ

その中でも初日は なんとか降りに当たらず いけそうなので
比較的に天気の落ち着いている日本海側へとでかけた

雨なら雨で 山以外にも興味を引くものは多い 
由利高原鉄道撮影、日本海、沿岸の漁師町などである

”山”限定なら 湿原に咲く 各種の花を眺め 
この季節で最も美しい ヒオウギアヤメを愛で 
気嵐のような蒸気の立つ残雪と 水芭蕉を眺め撮影する

高山の雰囲気を味わって 山小屋で食事して
深追いせずに チャンチャンとした♪ 豪雨ニュースだったし

まあ年間山行日数のなかには こういう日もあるんだな。。。

そのおかげで、、、 
ガスの中に浮き出た、乳牛のような白黒模様の雪田を仰ぐことができた



d0347140_14443187.jpg
檜扇あやめ

d0347140_14445457.jpg


d0347140_16581014.jpg
ギボウシ

d0347140_14484103.jpg






[PR]
by tabilogue2 | 2017-07-17 16:54 | 鳥海山 | Comments(0)

夏の船形山 升沢コース

d0347140_18124805.jpg
奥に 黒伏山 沢渡黒伏 中段に 白髭山 最上カゴ 柴倉山 手前に 仙台カゴ 



さあてと 世の中 三連休だが? 初日の天気はまあまあだから 山は激混みになるのかな???
早めに出て 早めにテント張って…と。「避難小屋難民」だなんて… 恥ずかしくてブログに書けんし(笑)
朝日・飯豊・尾瀬は論外の激混み予報。北海道・八幡平・鳥海・吾妻なら余裕だろうけど どこ行こうか?
どこに行っても「登山ブーム」の渦中にハマるわけだから いっそのこと 浜辺でキャンプか?


いやあ あつかったすねぇ 血管が沸騰して「脳卒中」にでもなったら??? ヤバイよ 
案の定 下山路は「のぼせ気味」で…鼻血が出ちゃった 
鼻血が出たからいいようなもんだが一歩間違えば脳出血? 夏山登山は笑えない真剣勝負だw

夏の登山は 水分と柑橘類と炭水化物など、コマ目な「摂取」に配慮しないとアカン
オニギリも一口サイズに握って5個ほど持っていく。プチトマトと一緒に食べれば水分・塩分OK!
水をがぶ飲みしてちゃダメだよ 「ポカリ」も飲まないと 「粉末」いいね!

カメラを構え低い姿勢で息を殺しシャッターを切る イザ!と立ち上がれば クラクラする 
いつものペースなのに「最初の坂」がキツく感じる…そんなとき 焦ってはダメ!

最初の汗をかくまでは「ゆっくり歩く」こと。
 汗をかいたら座って水を飲んで5分ほど休むこと。
肥ってる人は痩せてる人の2倍の時間をかけ順応を待つ  ここ大事! 
躰が朝一の登山ペースに慣れていない > 順応するまで待つ > 今日一日の体調がコレで決まる

下山路 蛇ヶ岳の下、丁度いいところに雪渓があったので さっそく タオルで雪をくるんで
首筋と脇の下をアイシングした 気持ちよかった 血流の温度を下げると意識が通常に戻る

それと…17番ポスト 22番ポスト 撮影できたw

先月、後白髭山登山での「撮影課題」を こちら船形山から試してみた
前回同様 ズームは同じ18-55ミリだったが ううんむ イマイチだった
被写体となる山の大きさに対して 55ミリの中望遠では用が足せないみたいだ
18-135ミリなら なんとか 山の大きさは伝えられたかも 
仕方がないので カメラを縦構図にして 山幅を画角一杯にして用を足した


d0347140_18131237.jpg
北泉 泉 三峰山 蛇ヶ岳 宝森 後白髪山



今日は 船形山のロングで ブナの森の涼しいコースを選定した 
虫が出なけりゃ最高なんすが… ムシムシコロコロ金ちょーる、蚊取り線香?

升沢駐車場には既に車が10台ほど駐車していて
今までにないほどw賑やかな登山となる (前後に人がいるだけで愉しいわ)

冬場から残雪期にかけ どこへ行っても ほとんど車がなく
毎回 寂しいソロ登山だったけど さすがに夏山だな 活気があるw


d0347140_18132522.jpg
千畳敷からの山頂ゴヤ

涼しいはずのコースは升沢ゴヤまで 
それ以降の沢コースは1時間は懸かる ゆっくり歩いても汗が出るコースだ
沢沿いなので タオルは冷やせるし 水も汲めるけれど 
滑るので余計な神経をつかうことに・・・

d0347140_18135179.jpg
最も綺麗だったと思われる白山石楠花
d0347140_18141334.jpg
山頂 一等三角点 ミネウスユキソウ


山頂は踏み荒らされ すっかりハゲ坊主になっちゃったね
岩に座り たっぷりと山座同定の時間をたのしむ 


d0347140_18150699.jpg
沢コースに咲く アカモノ

沢コースでの花たち…
 オオバミゾホウズキ オオバキスミレ シラネアオイ イワカガミ ショウジョウバカマ 
ムラサキヤシオ サンカヨウ モミジカラマツ ゴゼンタチバナ… 
雪解けが遅れて「春の花」が咲いてる

d0347140_10501692.jpg
サンカヨウ


稜線付近に咲く 花たち…
ホソバイワベンケイ アオヤギソウ ネバリノギラン ゴゼンタチバナ ミネウスユキソウ
マルバシモツケ ハクサンシャクナゲ アカモノ (イワカガミとミツバオウレンは草原コースで)

d0347140_18155072.jpg
観音寺コース合流点近くから 後白髭山とマルバシモツケ
d0347140_18180845.jpg
ミネウスユキソウと後白髪山
d0347140_18161136.jpg
左から 北泉ヶ岳 泉ヶ岳 三峰山 蛇ヶ岳


蛇ヶ岳経由で下山開始 
薮が被さって歩きにくく 蛇ヶ岳まで通常50分コースも 1時間以上かかるありさま
積雪期であれば 全て雪の下に隠れるものを、シャクナゲとハイマツが鬱陶しい

d0347140_18384153.jpg
草原コースは雪渓が消えたばかり

いやあ でも 汗をたくさんかいたので 気持ちよかった
下山途中、「鳴清水」で熱いコーヒーを飲む余裕もあったし…
山に来たら「山を楽しむ」ことを忘れちゃいかん 花を眺め 空気感を楽しむ

とかく ガイドブックに頼ってしまう登山じゃ
「未知との遭遇」にはならないわけだから 「クローン登山」じゃアカンよ

この日(も) 大崎市から来られた80歳の爺さんが
エイホ、エイホと掛け声かけながら登っていた
「毎日 登ってんだぁ、山頂から湯谷地におりて一周するんだぁ」って言ってたなぁ 
「千日回峰行」? すげえ「爺さん」にあった 

ガイドブックなんか関係ない 自分で決めた健康維持のコースを歩く
休む場所も毎回同じところで休んで その日の体調を診てるそうだ
「セルフコントロール」。。。
登山の基本を「地」でいってる爺さんだった









[PR]
by tabilogue2 | 2017-07-09 18:44 | 船形連峰 | Comments(4)

d0347140_23162336.jpg





d0347140_08003396.jpg



静かな湖水。 遠くの方から賑やかな子どもたちの声が響き だんだん大きく・・・
やがて来るだろう、木道を歩く子どもたちの縦に伸びた列を待って… シャッターを切った
おなご先生は「花」を楽しみ 子どもたちは…「木道」を楽しんでいるようだった(´艸`)

こんちわこんちわこんちわこんちわこんちわコンチワこんちわこんちわこんちわこんちわ・・・の23人分である
愉しい♪ 子どもたちの顔を見るのが 何よりも 愉しい 嬉しい 元気が出る ありがとう


d0347140_06553304.jpg



近いようでいて 遠い 雄国沼


いまほど 観光化されていなかった頃(35年前 バブル絶頂期だったかな?)
喜多方での仕事帰りに 林道を走って雄国沼・金沢峠付近に乗り付けたっけ
ネクタイ姿で違和感だらけだったけど…w 一面黄色に染まる沼が見え 驚いたものだった
世の中 まったく登山ブームじゃなかった頃 観光客さえ居ない峠だった
 

ニッコウキスゲが八分咲きとなった、35年後の今日 

尾瀬並み?…って まさかねw  人々が同じ方向からやって来て 
同じ方向に一列になって向かってゆく そんな光景をじっと見ていた


今年も もうすぐ 暑い「夏」がやってくる


「夏が来る…」といえば???

大黒摩季?

パッとでてくるだなんて…
エヘッ ちょっと  バブル世代の元気な唄が聴きたくなる
”ふり”してっかな???w



d0347140_06394127.jpg


昔はバスセンターだったろうか?そんな記憶があるが 裏磐梯ビジターセンターの駐車場に車を停め、
隣の「五色沼入口」バス停から 「喜多方」行き路線バスに乗り換え 「雄国沼登山口」バス停へ・・・

登山口駐車場は大型観光バスや乗用車で溢れかえり 上下線とも路上駐車の嵐だ 右側駐車もありか?
ほんの少し知恵を働かせれば 駐車違反などせずとも ゆったり周回できるものを

社会に迷惑をかけてまでして花を観に行く必要なんて どこにもないだろうに 
まして イライラしながら?花見なんて…さらさら考えられない セカセカ歩く「観るだけ」の人たち




d0347140_23242319.jpg


朝6時に仙台を発ち土湯峠経由で裏磐梯ビジターセンターに8時半に着いた
路線バス 往路は五色沼入口バス停09:00発  
復路は雄国沼登山口バス停15:05発 片道450円
裏磐梯観光案内所に尋ねれば もっと雄子沢登山口近くからバスに乗れたかもしれない 
裏磐梯ホテル玄関前のバス停、猫魔ホテル玄関前バス停とかで乗れば片道300円だ




d0347140_06432083.jpg


[PR]
by tabilogue2 | 2017-07-06 23:27 | 磐梯・安達太良 | Comments(0)

d0347140_18192345.jpg



画像をボカしてみた 想像力を働かせて… 岩の斜面を見上げてくださいね 
斜度は60度ほど、、、作並温泉駅近くにある鎌倉山の「左方カンテ」同様の仰角かなぁ?
いや? ソレより10度ほど寝てる かな? これが取り付き。 
100mほど この斜度が続くわけだから ちっちゃいのに たまらん♪


蒲生岳のような登りと違う点は・・・蒲生岳は登るに連れて角度が急になるが
この山はいきなり イントロドンで急登になる所 かな?


空が見えて山頂がもう直ぐ・・・と思うけど、、、が、まだ着かない。
最後までブッシュを 手繰り寄せる。
振り返り見るが、枝木の「隙間」が空いていない 
景色は…山頂に登ってから ゆっくり堪能することにしよう。



d0347140_08454942.jpg

中央部、龍ヶ岳532m


西会津から新潟に抜ける際に高速道路は「龍ヶ岳トンネル」を潜っていく。
そのトンネルの根本にあるのが 「龍ヶ岳」という岩山だ。

この辺り、安座(あざ)地区は雪が多く 雪崩で山肌が削がれ白いスラブ肌となり
 尾根筋には松の緑が残り これらの筋が縞模様になり その微妙な美しさが一帯にある。

d0347140_08405605.jpg

例えて云うなら 一頭のシマウマが寝そべっている感じ



龍ヶ岳と御神楽岳はセットで昨年10月に計画されていたが 雨天順延で、、、今日になった
「仙台ゆうゆう館」でも5年前に催行企画され 歩かれている小さな山だ
隣の山が目指岳で「九才坂峠」で有名なところ 弘法岩もある


d0347140_08350242.jpg

6月24日10時 この小さな看板標識から右が すぐさまの取り付きだ
標高は532mと低いが 登りはのっけから急登で泣かされる。

でも愉しい山だ。山頂まで ロープあり~の ブッシュあり~の
ひたすら ただ ひたすら 急斜面を登る。


d0347140_08465392.jpg
449m峰

左 反時計回りで帰り道を採る。細い馬ノ背状で時々パノラマが展開される
地形は沢を真ん中に挟んで グルっと馬蹄形に一周りする城壁のようになっている。

ブッシュが多いが 明日の「足馴し」には面白い山だった。こういう山もあるんだね。

d0347140_08422155.jpg
馬の背あり~の
d0347140_08430225.jpg
目指岳650m 
細尾根あり~の

d0347140_09222410.jpg
ロープを出し~の

d0347140_08451422.jpg
グルっと一周して ブッシュが終われば 下山口

d0347140_09592812.jpg
14:00に下山。(朝、こちらの民家の門をまっすぐ谷に降りていく・・・)
d0347140_09582716.jpg
弘法岩方面






[PR]
by tabilogue2 | 2017-06-28 15:04 | 会津・越後 | Comments(0)

d0347140_15201166.jpg


山伏尾根と山伏ドーム 

ドーム直下にはテントが張れるらしい、、、
25年前のこと、もう記憶には 印象の強いイメージしか残っていないが
この山伏ドームを この尾根の反対側、もう一本向う側の水晶尾根の各ピークから 
憧れの眼で眺めていた そんな自分が 居た。



d0347140_09503105.jpg

d0347140_23024867.jpg
オトメユリ


6月25日 今日の天気は曇りで昼頃から雨降りの予報。
その中で「山伏ドーム」を拝むことができた。。。 じつに痛快 満足だった。
悔いは一つだけ、「湯沢の頭」で雨に降られてしまい、写真を撮れずに通過したこと。
あと30分早ければ、、、撮れていたなぁ。

コレがこの季節、このコースのポイント・・・雨が降る前に「湯沢の頭」を通過すべし。
こんな岩だらけの山でw 靴ズレを起こして、その痙攣した足を4時間、引きずってきたわけだから 
幸運だったと思わなきゃ バチが当たるというもの。。。

d0347140_08382287.jpg

10:57 「高頭」直下。 右手、楢山ゾネに立つ「覚道の頭」(カクドウノカシラ)
オトメユリ 白い花はキバナウツギ 

他に ドウダンツツジ ウラジロヨウラク キバナニガナ シロバナニガナ タニウツギ 
ハクサンシャクナゲ アリドウシ トキソウ ニシキゴロモ ゴゼンタチバナ

d0347140_16445449.jpg
栄太郎新道の頂点「高頭」(コウツムリ)
 
この頭から本谷に向かって 左斜め下方に落ちる尾根が「中央稜」です。
栄太郎新道から最初に目指す稜線・「高頭」は右肩から目指します


数年前のこと、、、
「南会津山の会」の、今となれば「遺物」のような会報誌68号(昭和62年9月発行)を読んでいたら
こんな記事が載っていた。


「1985年9月14日、偶然 栄太郎さんのキリツケに遭遇」
場所は笠倉山と赤綿尾根とを結ぶ稜線の藪の中

栄太郎新道を「高頭」に向かって登っている時、背後に「笠倉山」はある。
つまり「栄太郎新道」は周回する円の「初め」と「終わり」部分だ。
他の尾根部分は昔からの登拝道、交易道、マタギ道だ。

ブナのキリツケにはこう書いてあった
「登山道切開キ記念 昭和三十四年七月中 熊倉栄太郎五十九才」


59歳・・・って、、、還暦前の一仕事でしたか? 開いた口が塞がらない。
栄太郎さんは最終集落「蝉ヶ平」の生まれ。還暦前にあの急峻な登山道を拓いたのは 何のため?
どんな使命感があったのだろうか? …今でも それを思うと 不思議な思いになる。

昭和32年(1957年)はようやく新潟の雄、峡彩山岳会が飯豊の沢登りを開始したころ、、、?
新生間もない新潟山岳会も 御神楽の沢や冬尾根を登り始めたのは昭和40年ごろ・・・だから 
熊倉栄太郎さんの御神楽登山道開拓はそれらより5~10年ほど以前に始まっていた。
逆に言えば、新潟にジャルピニズムが浸透しだす前に、「登山道」を開削したことになる。
どこから こんな「ヒント?」をもらったんだろう? 御神楽の七不思議だ。

d0347140_15232467.jpg
湯沢本谷の大伽藍

画像左から右上中央の湯沢の頭へ向かう尾根が「山伏尾根」(ヤマブシオネ) 
山伏尾根上の2つの岩塔、小さいほうが「ピナクルⅢ」 大きな岩塔が「山伏ドーム」
正面真ん中のピークが「湯沢の頭」(ユザワノカシラ)湯沢本谷スラブ群の要 
「湯沢の頭」直下に向かって三本の光るスラブ(アバランチシュート)が見える 
左から本谷スラブ(山伏の頭の右) 中央スラブ ダイレクトスラブ(湯沢の頭直下から奥壁にかけて)

湯沢の頭の左下が「山伏の頭」(ヤマブシノカシラ)ここで「水晶尾根」が分岐する
湯沢の頭から右へ向かう稜線は楢山ゾネ
写真最右翼のピークは「正面陵」の頭で その下、右斜めに落ちるのが正面ルンゼ 

25年前、これら上部のピラミッド(三角錐)群を「湯沢本谷の奥壁群」と呼んだ
湯沢本谷最下部にある雪渓下の滝を「湯沢の大滝」と呼んだ たぶん大滝は雪で埋まってるはず
今日 誰にも邪魔されずこの景色を眺めてきた。 いやはやまったく 懐かしい。


d0347140_15192036.jpg
7:06 広谷川の左岸沿いに断崖を巻き込むように道は付いている


御神楽岳には15年ぶり、8回目の登山だ。今日は山クラブKAMUROのグループ登山。参加者は12名。

栄太郎新道は水晶尾根の岩登りで歩いた道、過去に2回ほどこのコースを下っていた。この道の怖さは充分知っているw
この栄太郎新道を登りで使うのは25年ぶりで、2回目と少ない(登りのルートは岩か 沢か 夏道か?だった)

今回は 靴ズレを両足の踵に起こしてしまい、そのカバーで?ぎこちない動きになり 足に余計な負担がかかったようで
両足の大腿筋に痙攣を起こすという 自分にとっては初のハプニングに見舞われた。
酒の飲み過ぎだ…などとけしからぬ評判を立てるものがいるがw キメツケはよろしくない 
前夜はウィスキー100ccのみの持参なので 御神楽登山の前夜に深酒するよな?愚か者ではないのですよ(´艸`)

「高頭」(コウツムリ)で靴を脱ぎ、水の溜まった靴ズレ痕をテーピングで応急手当をしようとしたら
 偶然、「高頭」にいた新潟三条の男性が 見るに見かねてw応急処置をしてくれた。

新潟の三条と云えば… 福島側、本名村の隠里に「三条集落」はあった(今は廃村) 
僕が本名側から狢ヶ森や日尊ノ倉、霧来川から前ヶ岳南壁に通っていた頃は 暗いジメッとした「分校跡」もボロボロの民家もあった。 

その昔 越後三条に砦を築いていた豪族で「三條掃部頭兼任」(サンジョウカモンノカミカネトウ)という人がいて
その流れをくむ三家(三条、下山、丸山)の一族が落ち延び、県境を越え福島県金山の本名村の奥地に住むこととなった。
家筋は新潟の三条家の人たちだ…、墓碑には代々「道明」と彫るなどして家系・血筋を守っていた、その物語が三条集落にある。
宝刀も法典、書物、巻物もすべて残っていたが 隠れ里が里人に見つけられたと同時に 庄屋である栗田家が持ち去ってしまった。

噺はかわるが、「源賴義時代の言い伝え」だと云うことから・・・ 「当時」とは 平安時代中期まで遡ることになる。
ということは 荘園制の地頭と家人の関係に?三条と下山、丸山の3名は当たるのかもしれない…(物語が長くなるので止める)


そこへ今日、また偶然に、三条の男性が現れ靴ズレの手当をしてくれた、これは何かの縁か?w
靴ズレと痙攣のダブルパンチで まるで修行僧のように歩むたびに苦しんだが 耐えるしかなかった。
歩いても攣る 休んでも攣る 冷えればもっと攣る 痛みには行動食と白湯、漢方薬で耐えてきた

遅れはしたが… 自力下山できたのはもっけの幸い。皆さんもキツカッタんじゃないだろうか?
Aさんからインドメタシンの塗り薬と リーダーから痙攣止めの漢方薬とサロンパスを戴き
良いペースで けっこう降りのよい雨に濡れながらの下山となった こんな日もあるんだね(´艸`) 



d0347140_15173286.jpg
8:00 湯沢の出合い着、地元では「スモ平」(スモヒラ)と呼ぶ。
ここは沢ヤの天場で4人用テント1張り張れる 焚火もできるし水は湯沢からすぐ汲める

d0347140_08402979.jpg

9:08 50m後方からの撮影。ルートが松の尾根から先が見えない。不明になった感じw
登ってみたら、岩壁の基部を左から回り込み バンドを左上し 岩の上部にたつ… 巧いコース設定だ。
向かって左側は「前の沢」 右は「覚道沢」


d0347140_08420136.jpg

9:32 その上の 鎖のない岩場を三点支持で一人ずつ通過する。そのご休憩だから時間がかかる。
この頃から「靴ズレ」がひどくなってきた、 昨日処置したテーピングも剥がれてきたみたいだ。
踵の皮がベロっと剥けたか???ヒリヒリ肉に当たって痛い(T_T) あと3時間はかかるのに・・・。

d0347140_15032361.jpg
9:37 リーダーの指示で「またずり岩」を一段下がって難なく通過
ここからは 斜面も急になり靴ズレがさらに酷く 一歩進むたび 傷口に塩を塗ったように痛む
景色を楽しめず(写真は撮ったけどw)、「高頭」まで ただひたすら耐えた

ところどころの岩に穴がポコポコ空いており 小さな水晶が光っている。採取できなかった。
昔、「水晶尾根」登攀時に2cmほどの水晶をハンマーで採集したことがあったっけ。

d0347140_15035697.jpg

ココは”V字バランス”で、、、 いやいやw 一段降りて稜に手を添えながら進む。
左右ともスッパスパの断崖絶壁。落ちたら死ぬ。岩はボロボロ、手でモロっと剥がれるほどw

「高頭」~「湯沢の頭」稜線では 2つほど悪場が待っている
三点支持でゆっくり確実にホールド&スタンスをなぞる フリクションは充分ある。

d0347140_08433608.jpg

おそらく ここは「正面陵」のピークになると思っている岩場だが、、、クライムダウン箇所。
ココを過ぎれば まもなく「湯沢の頭」(ユザワノカシラ)だ。 gas gas! 何にも見えない。
稜線で唯一見えると言ったら、白い十字の花で着飾ったヤマボウシの木。見事でした

湯沢の頭には 小さな山名プレートがあっただけ
25年前にそれを抱えて撮った写真がアルバムに残っている 今は文字が掠れているが
雨が降ってきた合羽を着る カメラをしまう

湯沢の頭を越えれば「小岩塔」が一つあるだけ バランス保持以外は危険個所はない
「殺生窪」(セッショウクボ)の最低鞍部から いよいよ最後、ズルズルの急登にかかる 
右手の大蕎麦谷側に道がつけられたり 岩場を登ったり ロープがあったりするが 雨乞峰まで我慢の登り
難所・悪場が続く場面だが ガスでスラブ群が見えず残念。見えずに助かった人もいるか? 左の御神楽沢は恐ろしいよw
(昔、ヘッデン一つで最後のスラブ壁を攀じって 20時に本名御神楽岳に上がってきた男が居たっけ・・・思い出す)

湯沢出会いを8時に発って 計画予定時刻の1時間遅れで湯沢の頭を雨中通過 
痙攣がもとで 雨乞峰までさらに30分遅れ皆を待たせたが 急いでも仕方ない。
歩きの速い人はリーダーだけだろうし。皆に遅れてすまない…と思う前に この稜線では先ず慌てないことだ!
これで「積年の個人的思い」は達成された…。。。


d0347140_15151192.jpg
ニシキゴロモ

d0347140_16363308.jpg
トキソウ


湯沢の頭で 雨に降られ大事なカメラを仕舞い込んだので 画像はない 
景色がガスで遮断されているので怖さはない 逆に妙に記憶の残りやすい部分が頭に入った

汗で躰が冷え、休むとまた痙攣しそうになる 動いてる方が楽チン
申し訳ないが リーダーに許可をもらい雨乞峰で本隊と別れ、2名先行し「予定通り室谷コース」を下りた
体が温まると… 筋肉痛も収まってきた 動いてる方が正解だった

追いついてきたリーダーから 行動食の餡パン差し入れがあった。半分食べ半分はポケットに閉まった
いちおう チョクチョク行動食を摂り続けていたのだが さすがに炭水化物がないと空腹は治まらない
下山口まであと30分というところで、胡桃砂糖も貰い、白湯と食べかけの餡パンで落ち着いた
リーダーのMさんには細々と気配りしてもらい、世話になりっぱなしだ。ありがたい。水はペット2本半のんだ。


ツェルト ガスバーナー ビバーク用アルミ箔 120cmのテープスリングは
個人装備にしたほうがいいと思う テン場で緊急時に凌げるし暖も取れる 我身の安全が第一だ
特定小電力トランシーバが2台ほど必要かな? 500mは電波が飛ぶ。リーダーは助かるはず。 




私のブログで使用している地名や名称は 1993年に検証を済ませてあります。
新潟山岳会で用いた1993年当時の名称(会報くちなし100号 特集御神楽岳)と呼び名を使っています
面白いことに「高頭」が コウツムリか?、タカツムリか? 国土地理院でも呼び名に変遷があります。
ちなみに当時は「コウツムリ」と呼んでおりました。「覚道の頭」も当時は「カクドウノアタマ」と呼びました。
ネットでの山名呼称を追うと「カシラ」という呼び名が目立ちますが 昔からカシラであればそれが正式なんでしょうね。
で、津川町上川支所に尋ねたところ「音読み訓読みでの山名呼称雛形がないのでこれが正解だとは言い切れない」とのこと。
次に 新潟山岳会にお尋ねしたところ「高頭」以外は「カシラ」で統一な?お話しでした。昔は「アタマ」もあったのに…
仮に 音読み 訓読み 現代呼称などで違和感があればコメント欄にお知らせください。


湯沢の頭 ゆざわのかしら
覚道の頭 かくどうのかしら
山伏の頭 やまぶしのかしら
赤松の頭 あかまつのかしら
高頭 こうつむり
蝉ヶ平 せみがたいら
スモ平 すもひら
大蕎麦谷 おおそばだに
死谷 しだに
常浪川 とこなみがわ 
広谷川 ひろたにがわ
室谷 むろや
大九蔵 小九蔵 おおくぞう こくぞう
棒目貫 ぼうめき
志無燈山 しぶとやま


*当ブログも「カシラ」に統一・変更いたします  2017.07.04



[PR]
by tabilogue2 | 2017-06-26 14:46 | 会津・越後 | Comments(5)

d0347140_21341284.jpg


この栗駒山の「千年クロベ」は樹齢1000~1500年の推定。このクロベは1本の幹であることがオンリーワンの特徴だ。「全国巨樹巨木林の会」に今まで登録されてきたクロベの巨木は「数本の幹が合わさっている」ものばかりであるが、栗駒の千年クロベは1本で幹周り9.4mという比類なきもの。つまりはナンバーワンなのである。このクロベの発見は1998年の冬で、初計測は2000年5月(YMCA山岳会運営委員長:佐野豊)、初公表はYMCA山岳会(会長:深野稔生)による。当時、新聞紙上には場所やルートを特定せずに発表した。後日、案内看板の設置 普及パンフなどは宮城北部森林管理署、宮城県経済商工観光課、栗原市産業経済部の三者の内、世界谷地を観光資源とする当該受益者=栗原市の責任で設置、作成したものが多い。

d0347140_21263523.jpg

d0347140_07444171.jpg
クロベ太郎


古の道、栗駒古道の一つ、湯浜街道(ユバマカイドウ)を歩いてきた。羽後岐古道(ウゴキコドウ)とも言うらしい。気仙沼からの海産物が運ばれ珍味の”ホヤ”が国境いを越えて小安から成瀬川沿いに湯沢十文字に入ったらしく湯沢方面では”ホヤ街道”とも呼んだ。

「羽後岐」の名からして、この街道の何処かで分かれるもの?と想像する。仮に「文字越え」(モジゴエ)を岩手の「萩荘」(ハギショウ)へと辿ったとすれば単なる想像も現実と符合させうる。つまり空想や妄想ではなくなる。その昔、藤原秀衡に匿われていた義経は藍染で有名な「文字」から「一迫」の一帯まで遠駆けしていたそうだから連絡路はあったようだ。どこかで街道は分岐する。羽後岐の「岐」はどこか…?(”奥州藤原”の話なら旅館くりこま荘の館主菅原さんに尋ねれば消化できないほど伺える)

もう一つ素朴な疑問だが… 道や沢が2つに分かれるのと、3つに分かれるのとでは使用文字が違うと自分は思っている。2つなら二股 二俣 二又であろうし、3つ以上なら ディストリビュート的な「岐」の文字を宛てがうのではないかと思ってもいる。 ここでは檜枝岐と同じ「岐」という字を使っている。檜枝岐なら 群馬の沼田にも抜けられるし 栃木の日光奥鬼怒にも抜けられるし 新潟の栃尾又にも抜けるし ダム湖に沈む以前は大津岐峠から田子倉・只見にも抜けたようだ 木賊・湯の花にも抜けられる。まさにディストリビュート的な役目の宿場なのだ・・・、国語的にはどちらも「マタ」と呼ぶけど こだわれば「違う」はず、、、それ故、「三つに分かれる道」にこだわって推考してみた。


d0347140_09581090.jpg
手前に大地森 奥に駒の雪形が鮮やかな栗駒山の御駒山と最高峰大日岳


話は変わるが、、、街道名というのは…例えば「奥州街道」の場合は”主たる江戸から従たる陸奥へ”と人や物が流れていく… そのように名付けられた。そう考えると、江戸を背にし目指す方を向いて…陸奥に向かえば「奥州街道」となり、江戸から日光へは「日光街道」、日光から会津へ向かうと「会津街道」だが、だけど?、反対に会津から日光へと向かうと「日光街道」と名前が変わる…だから複雑怪奇、ややこしくなる(´艸`)。福島から米沢に向かうのは「出羽街道板谷峠」 国見から七ヶ宿街道を通れば「羽州街道七ヵ宿」とかなり複雑になる。縦軸・横軸が乱れて呼称もわからなくなる。

「羽後岐」の場合は 主たる陸前側から従たる羽後側へ人や物資が流れる という理解で良いのか? だとすればこの「羽後岐」という街道の名は陸前側が羽後側を指して命名したと考えるべきだが、、、そうなると、羽後側に分岐する道があるはずだが?しかも3つ。 柔軟じゃないけど、この仮説が後にドンデン返しを招くこととなる。ショックだw。

d0347140_09584201.jpg

揚石山(アグロシヤマ) 昔は上げ下ろし山(上下山)とも書いたそうだ。今日のガイド役、「栗駒の自然を守る会」の佐藤(定)さんからの聞き覚え。世界谷地から大地森南部近辺と揚石山の間を万坊平(マンボウダイラ)と呼んだ…らしい。佐藤さん曰く、「僧兵がうじゃうじゃいた」の意味だそうだが、(私はその文献等を拝見していない。確かめてみたい)。大地森南麓と揚石北面との間、木立に2軒「お助け小屋」があったと言われる、大地森、田代沼にも。これは近代史に記述があり「史実」である。


宮城側からの峠越え、一つ目は…なんとさらに、下道と上道の2つに分かれるという資料読みの結果だった。岩ヶ崎から「文字越え」して二迫川(ニハサマガワ)沿いに寒湯番所-湯浜-花山峠を越えて秋田側の皆瀬川沿いに「小安街道」へ、別名:下道 明治15~16年に開削された。岩ケ崎から大地森の南にある杉が植えられた「お助け小屋」を通過し-万坊平-湯浜-花山峠-「小安街道」へ、別名:上道。これは藩政時代からあった道で まさしく本日歩いてきた「古の道」であった。

二つ目の峠越えは一迫川(イチハサマガワ)沿いに花山から寒湯への途中、越戸から上沼、国見峠を越えて鬼首地区に入り、荒雄岳の北を巻くように流れる江合川の支流、仙北沢から国境いを越えて秋ノ宮へ さらに役内、院内へ下った。沢の名前も「仙北沢」なので秋田仙北郡との”道行の沢”(ミチギの沢=峠路に用いた沢)として大崎と仙北の交易に利用された。

三つ目の峠越えは三迫川(サンハサマガワ)に沿って東栗駒山を越え赤川沿いに湯沢十文字へ向かう道。これは「御室の沢駆け」コースではなく、ずうっと耕英地区の下、行者滝辺りから裏沢-東栗駒山の西鞍部を越え、笊森-真湯道と合わさって赤川に下りている。この辺の資料は柴崎先生の著に出ている。 というわけで、、、宮城北部と秋田との物流、商流の道が大きくは3つ、小さくは4つ数えることができた。

d0347140_10014879.jpg
臍下谷地


もう25年も前のことになるが…、YMCA山岳会では「栗駒山の全流域・踏査」を行ったことがある。その頃、深野さんから以下のように教わっていた。「なぜ 世界谷地などとオーバーな名前を付けたんだろうか?」という会員の素朴な疑問に、彼は既に答えを持っていたようである。もともと湿原のことを「臍下」「谷地」(セイカ、ヤチ)というようだ。彼は既にその「一般的表現」を文献上で拾っていた。

ただ、地元としては「臍下」という呼び名では栗駒観光には活かせない、「格好」が悪い…と云うので「臍下谷地」がいつの頃か(たぶん戦後、第1次登山ブーム時代?)「世界谷地」に転化した。なぜ「格好」が悪いのか?といえば、”臍下丹田”などという言葉どおり 臍下とは「ヘソの下」のことで「湿地」「谷地」を指す。淫語ではジメッとする「女陰」「ホト」を意味する。きれいな湿原が”女陰”じゃどうにも「格好」が悪い、観光の妨げになる…ということで「臍下」が「世界」になったようだ。これには会員一同納得したものだった。

こんな淫靡な話は山ではよくある、例えば二重山稜の地形ゆえに尾根上に湿地を持つ山…例にあげれば、南会津の黒谷川沿いにある二重山稜の山といえば”火奴山”(ほどさん・ひどやま)が有名だが、まさに「女陰」の淫語”ホト”がそのまま山名になっている。他に 会津志津倉山では「細ヒド」コースがある。或いは七ヶ岳の「程窪沢」とか・・・探せばたくさんある。会津では「ヒド」といったり、福島では「ホド」とよんだりしたが 一般的には「ホト」と読む。

とまあ「臍下谷地」から「世界谷地」への転化、その成り立ちを、今じゃ珍しい言葉を使って当ブログに書き遺した。インターネットとしては「初公開のネタ」になる。初めて眼にして妙に納得のいった方も居られたろう。このネット時代にブログにしたためておかないと「因を含んだ言葉」が闇から闇へ葬り去られてしまう。50年も歩いた中で、山に関する些事や言説はこのボケた頭にほどよく備蓄されている…、でも呆けて取り出すのに少し手間取るが(´艸`)。また、「世界谷地」は古くは「八ツ頭原」といったそうである。水芭蕉を里芋の葉と見做したのかな? それでも「世界谷地」と称したのには深いわけでもあるのだろう。 これも付記しておく。

仙台YMCA山岳会というのは徹底して「沢遊び」をし、単にフィジカルに登るだけじゃなく「総体」として山をとらえ、山を「学び」の場にしていたんだなぁ…と、今さらながらに思った次第である。


d0347140_10191915.jpg
小関代表が覗き込んでいるものは・・・???

それはともかく 宮城側の何処かに荷物の中継・分岐ができる「飛脚便」のような荷の受継ぎ所があったのだろう。となれば…岩ヶ崎か? 大きな集落で、峠越えの人足や牛馬が斡旋されていたと見るのが常套だろう。街道筋の便利が良くなれば良くなるほど…木賃、駄賃も多めに落とされる。その運送業を「背負子」(ショイッコ・強力)と呼んでいた…、背負子は4,5人で団を組んで歩いたという。旅人や商人たちをも案内しながら往き来した。ますます町の潤いは好循環となる。話のついでだが秋田側の中継所は御番所のある小安温泉、各旅籠で秋田の商工品との取引が為されたそうだ。背負子の強力たちは商人のセンスを持っていないと務まらなかったろう。

栗原の「史談会」に尋ねたら私の幼稚な疑問は一度に解け、答えは簡単明解だった。番所の一つは岩ケ崎・沼倉木鉢(キバチ)に在り検断屋敷、もう一つは文字・柿の木に在り、他に花山の寒湯番所(ヌルユバンショ)もあって羽後岐街道の荷駄を管轄したとある。羽後岐街道の番所は3つ。これが「岐」を考えるヒントだった。答えは…「秋田側から宮城側を覗う」と出てくるのである。羽後岐街道は秋田側から国境いを越えて宮城側に入ると三分岐して径が続いた…と考えれば解りやすい。だから「岐」と付くのだった。これがドンデン返しの大本だった。中でも「岩ヶ崎・沼倉」の街道は繁盛し、太平洋へも延び、沢辺(サワベ)を通って石巻まで…とも。ネットじゃなかなかサーチできなかった。宮城側にあった4つの交易道のうち、羽後岐街道としてはそのうちの栗駒山寄りの3つを指すという結論だ。宮城・大崎から鬼首を通る仙北沢道はこれら羽後岐の「岐」から除かれる。これでスッキリ!した。


d0347140_10170455.jpg
鉞(マサカリ)山神さまでした。背負ってきたんでしょうね、、、この石像


秋田側の峠道に関しては 一つは皆瀬川沿いに田代沼-板井沢-大湯-小安番所-稲庭-川連(カワヅレ)を経て湯沢十文字へ。上流部にある春川、虎毛沢、赤湯又沢などは現役時代にさんざん通わせてもらった。二つ目は栗駒須川の龍泉ヶ原を源頭部とし小仁郷沢-赤川-成瀬川へ、途中の手倉(手倉越え)で胆沢からの仙北街道を併せ増田へと下る。あれほど綺麗な湿原:龍泉ヶ原を上部に戴くが小仁郷沢、大仁郷沢と赤川の合流地点は硫黄を含む灰色の泥が堆積していた。月の表面?みたいに沢の中が一面灰色だった。数十センチも泥濘んで歩き難い地点でもあった。いづれ栗駒を源頭部とする皆瀬川と成瀬川の2つは増田で合流し湯沢十文字へ下る。もう一つは仙北沢から秋ノ宮の峠を超えて役内川沿いに下り、院内、横堀、小野へ。というわけで 逆に日本海側の海道からは松前の昆布や京都の衣類・紅・技巧品、川連の漆器、稲庭の饂飩などが陸羽の国境を越え宮城側に入る。これが「寒湯街道」(寒湯番所)、「文字越え」(柿の木番所)、「岩ケ崎街道」(沼倉木鉢番所)と分岐するので3つに分かれた「羽後岐」街道となったのである。宮城大崎との交易幹線である役内川-鬼首越えはそれに含まれない。これで やっとスッキリした。

所感・・・
宮城側で3つに分岐するというのは「羽後側で付した」街道名と考えればなお分かり易い。考察に際し、既成概念をもって臨んだので混乱してしまった。てっきり宮城側が秋田側の峠につけた名称だとばかり思いこんでしまった。なので、地形図で秋田側の一番通りやすい沢筋を追ってはみたが、成瀬、皆瀬の2つまでは数えられても、3つ目はなかった。一端の沢ヤとして沢筋を追ったがどうしても湯沢十文字への道は三口にならなかったのである。一転、宮城側は一迫川、二迫川、三迫川とで三口になるのである。さらに二迫川は湯浜で寒湯筋、文字筋、岩ケ崎筋と三筋に分けることができる。この分流を地図で理解するのにまる2日もパソコンの前から離れられずにいた。いずれの道も同じように「羽後岐街道」是也というのだから公平感があっていいにはいいけどw ま、百聞は一見にしかずの調査だった。羽後という名称は陸前から見ての言葉だから、てっきり、羽後側にこそ三口に分岐する道が続くものとばかり思ってしまった。 固定観念が強すぎ、「思考狭窄症」に陥ってしまった。


d0347140_19065472.jpg


さてと… 「道」の起源は生活のための仕事道である。標高の上げ下げに無駄のない一筋の山菜・ゼンマイ道だった。それが古くは坂上田村麻呂と地方豪族阿弖流為(アテルイ)との戦いに軍用道として人馬が通り、「仙北街道」(胆沢から皆瀬への道)も同様に前九年後三年の役に胆沢の拠点から発せられ雄勝砦の応援に向けた義家軍勢の軍道として利用し踏まれた。時に権力者の道となり、また黄金の道として雄勝の銀山と平泉の砂金とを結んだ道になり、山師や鉱山夫も通る。鉱山で賑わえば 遊女も通い、茶屋で賑わう街道となってゆく。この千年、人が歩き牛馬に荷を背負わせ往来し、宿場ができ、やがて番所が設けられ、庶民の物見遊山の街道にもなったことだろう。だがその道も 明治になって鉄道が敷かれ始めると 要筋を終え 草むらに覆われ 廃道と化してゆく。 諸行無常の流れにある。

d0347140_09592011.jpg
大地森の裾を南から西へと半円を描くように巻いて横断している


今日我々が辿った古の道はブナやミズナラが隙間なく立つ緑濃い道。それらは栗駒古道といわれ、今に歴史を尋ねる道として語られ歩かれている道である。道は栗駒山の山頂近くを通る道と栗駒山の裾を通る道があり、昨年の秋に、栗駒山の山頂部を通る古道の一つ「笊森」と「真湯」を結ぶ道を歩き、昔人の通った道に思いを馳せた。もしかするとそれらは 義経が弁慶を随い逃げのびた道かもしれぬ。日本海側の海道から奥州藤原の郷に帰還する山道へと何処かで接点を持つ古道だったやも知れない。そして今日、栗駒の裾を縫うようにして通る「湯浜の古道」を我々は訪ね歩いてきた。

「山なのに、どうして浜なんだろう?」…還り道に七ヶ浜の Sさんから「湯浜の謂れ」を尋ねられた、、、帰宅後、湯浜に関しても色々と調べてみた。湯浜温泉・湯主三浦家の系譜からも追いかけた、また地名からも追ってはみたがそれらしい答えは出なかった。栗原市の教育部にも尋ねた。そちこち調べていただいた挙句、答えは私と同様「わからない」であった。湯浜は湯破魔ともとれるし、湯浴みすることを「湯をはむ」ともいうので、湯喰む、湯ばむ…湯ばま という迷解wも考えた(´艸`) ごめんなさい わかりませんでした。

d0347140_10033736.jpg
大地沢の渡渉点 ヌルっと滑りやすい


今日の催行は「船形山のブナを守る会」の観察会だったが、ご当地栗駒の「栗駒の自然を守る会」の佐藤(定)さんのガイドを得て歩いてきた。前回5月は「仙台のブナ林と水・自然を守る会」の佐藤(雄)さんの案内だった。それに今年3月の観察会では「船形山のブナを守る会」の千葉さんの案内だった。こうして自然に親しみ自然保護の理解を訴える団体のネットワークが構築されているようだ。

今日は贅沢にも、キスゲやレンゲツツジ、ワタスゲの花が揺れる世界谷地を巡り、時折 樹木の種類を学び、山菜採りの真似事をし、街道の証しを案内されながら歩いてきた。目的は「千年クロベ」と銘打たれたクロベ(ネズコ)の巨木を観ることである。僕にとっては17年の時を経て再びクロベの森に接する山旅でもある。


d0347140_08390082.jpg
クロベ花子


だが・・・事前の期待感とは違って結果は意外なものだった。かつて白い雪原にこんもりとした「黒い巨木の群れ」の印象があまりに深く心に残っており、今日見た笹藪の中に立つそれらは 17年「抱き続けていた印象」と大いに違って、いかにも『貧弱』?『困窮』そうに思えた。 

一晩、その理由を考えた。その謎解きで得た理由は・・・17年前、YMCA山岳会の山スキー山行中に雪原の中、吹雪の中にこのクロベの森を発見した。それはそれはとてつもなく大きな巨木たちでモノトーンの世界に赤い樹皮を露わにしていた。写真に撮ればどの雪面からでも、いかなる角度からでも立派なスケールで全容が画角に収まるほどだった。巨木たちとモロに向き合えた。視界には気を散らすモノは雪に覆われ、我々は心から巨木との対話を楽しむことができた。厳冬の雪原に立つ孤高の巨木こそが心の中に「絶対」としてあった。再見してみて藪の中に立つ姿に憐れみを覚えるほど今日のクロベは輝きもなく赤い樹皮もくすんで見えた。かつて、凍てつく白い季節に彼らの前に立てたことは一期一会の出会いだったんじゃなかろうか・・・。「秘匿され続けた神秘性」を失った今、「絶対」であった巨木の印象は180度変わるものである。



d0347140_21221041.jpg

クロベ花子


発見から今年に至るまで 冬になると栗駒耕英地区の「数又養魚場・イワナの館」に寝泊まりし そこを起点として”大地森~内院”に冬の企画を組んで遊んできた。「クロベ太郎」「クロベ花子」と愛称もつけられ見守ってきた巨木たちではあるが その当時の印象が最も彼らの輝かしい姿だと思っている。またそれは、何者にも移し替えられぬ姿で私の内に生きてきた。山岳会活動が充実し盛んであったからこそ…この世に初めて紹介できた という”妙な自負”があるにはあるが、反面 世に紹介し千年の眠りから覚醒させてしまったという自責の念と、その彼らに防護柵の一つも建ててあげられない「無為」という罪をただただ申し訳ないと思ってもいる。専ら「懺悔の17年間」でもある。

むしろ今後どう保存するかが鍵となる。登山ブームが過ぎ去るのを黙って待つか?、縄文杉のように環境省を動かすか?、何らかの手を打つように宮城県北部森林管理署に要請を出すか?。今後、自然を愛する者たちの『意図』になるはず。今日も今日とて 幹周り9.4m 樹皮表面周り9.7mと17年前に計測された既知のデータを無視し巻尺計測を始めていた。私はそのようなパフォーマンスは無用と考えている。むしろ、巨樹の根本に立ち入る行為は自然樹の養生を考えれば ”以ての外”の振る舞い。元来、立ち入りを禁ずべき囲いがあれば為し得ぬことである。。。気づいてもらいたい。。。「自然保護を訴える会」の観察会であれば「心得」を事前に喚起すべきであったのでは?とも思う。反省である。


d0347140_21380644.jpg
樹皮に見る何十何百もの幾筋。。。


今日 ガイド役を買って出られた「栗駒の自然を守る会」の佐藤(定)さんがいいことをおっしゃっていた。要約すれば「山は総体だ」ということであった。私と同じ考え方をお持ちのようで、そんな彼に共感を覚えた。古代と現代を繋ぐ道として千年以上歩かれ続けた道をこうして我々が今日歩けたことに「知的な学び」を感ずるものである。企画をされた「船形山のブナを守る会」に感謝である。千年を生きぬいて来た巨木に触れることで 少しは自分の生きてきた60年の道のりを考える良いきっかけになったかなぁ…と省みる。 
次回、来年の観察会は一泊山行として桑原山塊を提案したい。縫い集めたような”仙北街道”を秋田側か岩手側かいずれかを歩いてみよう。アプローチしながら ブナの森の古道から現代を考えていく・・・生活に必要なものが有りさえすれば「自給自足」は最低でも賄えた昔、どこでどう狂ったのか?この日本、経済と軍事とが先行すれば余計なものに行き当たる。それを安倍語でいえば、「ズブズブの関係」とでもいうんだろうか。


d0347140_15464797.jpg



[PR]
by tabilogue2 | 2017-06-19 08:01 | 栗駒山 | Comments(0)

後白髭山で、初夏を呼ぶ

d0347140_18254900.jpg


太平洋側の低気圧、梅雨前線のせいで?上空に冷たい空気が入り込んでいるためか、日本海側の空気が澄み遠くまで見渡せる。まるで山形側は9月の長雨が明けた10月のような空気感。ブナの緑と空の青が… 山を引き立てとても綺麗だった。こんな時もあるんだなぁぁぁ。左肩に白い鳥海が浮き立つのを飾りとして、初夏の緑に覆われた船形山の姿が…じつにいい。

---------------------------------------------------------------

梅雨入り前のとても良い季節に とても地味な山を選び( ̄ー ̄) とっても長く緩い尾根を半日ずうっと登りっぱなし。この山、この両辺の大倉川・横川で遊んできた身、尾根上からの晴天の眺めは初体験だ。沢をやると夏道はほぼ歩かない、逆に藪の林道歩きの方が経験的には長い。

今日のコース、深野ガイド本に”宮城県でもっとも標高差のある尾根”と書かれてあった。標高差1044m、宮城県一、ヘヘヘ (´艸`) 
それで深野本に県内一の標高差について ”屋敷平から登れば・・・” という条件が付いていたので十里平に向かう途中、定義林道とのT字路交差点に車を停め、出発した。どうせ、MINIじゃ林道は走れないし、一度は「県内一」をクリアしておきたい、納得できるし、、、。

「下空沢林道」は急登はないがとにかく長い、林道の登山道は緩く長く続く、半日もブナ林を登る、歩く。旧林道らしく広くて窮屈さがない。道幅だけは飯豊の三国-五段山コースの道幅に似ている。五段山コースとの違いは、展望ないけどブナが茂る日陰の小径…という感じで涼しい、いい径だ。下空沢までずうっと、変化のない林道跡の登りが続く。ある意味、忍耐力が試されてるみたい。休憩込みで4時間チョイかかった 久しぶりに歩いたなぁ…こういう自虐的なのが好き。

熊プーが出ないとは限らないけど 熊笹の迫る所に昼寝できそうな平場がたくさんあった。

---------------------------------------------------------------

アレからひと月が経つ、、、「アレ」とは先月14日に開催された「ブナの森観察会」のこと。そのお手本通りに今日はアプローチしてみた。すこし違うところというのは…スタート地点がグっと下がって、標高385mの屋敷平であるという点だ。先日、升沢コースも復習した。それと同じで今日は先月登ったばかりの後白髪山の復習をした。『同じ山、同じルートを季節を変えて味わって…』他の参加者よりもコースに深く馴染めばまた違った思いが生れるか? それとも5月14日に教わったことが深く記憶に残るか? まあどちらにせよ、それが俺流なんだと思う…、山はあちこち飛ばない。(イヤ、飛べないw) もしかして、課題が尽きるまで、個人山行はすべて船形連峰になるかも? 冬は面白山ばっかりだったし(´艸`)


d0347140_18084369.jpg

遠くは鳥海から… 近くは船形 薬師森 蛇ヶ岳 宝森 三峰山 北泉 泉ヶ岳とつづく尾根。船形連峰を眺めるには…後白髭は「特等席」だと思う 狙い通りだ。180度の視界に入る近景は左に寒風山から右の泉ヶ岳まですっかり見える、遠くに蔵王 朝日連峰 月山 鳥海。。。次回は蛇ヶ岳に登って写真撮影のアングルを試行錯誤しようかな・・・近すぎるか? 宝森の頂きから撮影してみるか? んっ? ズームレンズがないとダメ?(重いんだよなぁ 260mmは)


d0347140_22382320.jpg
定義に向かう途中 大倉ダムから後白髭と三峰山を臨む
d0347140_22354782.jpg
”You are here” と英語でかかれているコース案内看板が
立っている地点からのスタート(クリックで拡大します)
d0347140_22454995.jpg
ノビネチドリ
d0347140_22473138.jpg
「水茶屋」だなんて…古風だね、水場があるの?、”知的遊び心”つうやつだね
d0347140_07354081.jpg
先月、この赤布から左へと藪に入り雪堤に上がった 思い出したこの赤布
d0347140_17403921.jpg

d0347140_17385317.jpg
ユキザサ
d0347140_17375463.jpg
時代を物語る標識
d0347140_17362873.jpg
タチツボスミレ
d0347140_22501944.jpg
マイヅルソウがずうっと続く


話は変わるが・・・、手元にある「一高山の会」の遡行図集を見ると、、、
下空沢の位置が1077mピークに突き上がるように記されているが
実際には1124mピークに突き上がるように下空沢は記されるべきである。
(深野本が正しい)
d0347140_18293866.jpg
このコースの魅力は 
下空沢の涼味あふれる雪渓にある ( `ー´)ノ イチオシ 8月までには消えるけど

d0347140_22485625.jpg
上空沢は既に水がチョロチョロ


25000地形図の登山道は 上空沢から300mほど東へトラバースする。
上空沢を過ぎてそのトラバース後に 直登尾根を200mほど登るようになるわけだが 
25000地形図上では コンタ1250からその直登尾根の取付きが始まっている。
実際には コンタ1150に近い標高から直登尾根に乗るので…この標高差が100mある。
最後にオマケが付いたと同じで直登も300mほど続く。ここが唯一の急登箇所になる(笑)

d0347140_10553584.jpg

最後に負荷のかかる直登部分を終えて、上から眺める。 
写真じゃ平坦にしか見えないけどw
さて、ココからは頂上まで少し長めの稜線歩きになる 
山頂までの横歩きだが 20分もかかる 長い(泣)

d0347140_07292976.jpg
ようやく頂上付近、、、ヤンビツ尾根・横川コースが合わさる。この合流点も地形図と違う
d0347140_13305196.jpg
ミツバオウレン
d0347140_13312203.jpg
サラサドウダン
d0347140_22540593.jpg
長嶺の頂は大東岳に似てじつに長い コバイケイソウが出てくればもうすぐ
d0347140_22531538.jpg
山頂ポスト
d0347140_07044151.jpg
蛇ヶ岳から右隅の点=王城寺ヶ原の上に自衛隊の軍用ヘリ 
手前に中高年のパーティ10名ほど
d0347140_07051647.jpg
北泉ヶ岳・泉ヶ岳は西側から見ると こんな風に見える
泉ヶ岳はガスの中、北泉ヶ岳から長倉尾根が左へきれいに裾を曳く
梅雨時には分水嶺を境に 太平洋側はもっと悪天になる
d0347140_07060196.jpg
手前に白髭山から仙台カゴ 大倉川源頭部 楠峰 
奥に黒伏、沢渡黒伏、白森、柴倉 そのずっと奥に 真白なガッシャン

なかなか涼しくて 楽なコースだった


d0347140_07093936.jpg
もう一度、、、鳥海と船形山
d0347140_12423803.jpg
屋敷平8:15-4km地点9:24-水茶屋10:02-下空沢11:03-上空沢11:12-やんびつ尾根分岐12:10-山頂12:30-13:20-4km地点15:15-屋敷平15:55
所要時間 登り4時間15分 下り2時間35分(カメラデータによる)








[PR]
by tabilogue2 | 2017-06-06 18:30 | 船形連峰 | Comments(0)

シト…っと 雨の船形山

d0347140_18285666.jpg

今日の天気予報じゃ晴れ間が期待できそうだったが・・・裏切られた。予報はどこまでやっても予報ということか? まぁ、外れても…頭を掻いてりゃ済むし、高射砲で処刑されることもないし…、助かるなぁ、日本の気象予報士諸君よ(笑) 

霧雨の中 さて どこに行こうか? 思いあぐねて( ^ω^)・・・車を升沢に向けた。駐車場は「山開き」ということで?満車に近い状態。警察関係が3台ほど。マイクロバスまで駐っていた。運転手さんが暇そうにしている。皆さんとっくに開山祭に出かけたあと、再び静けさが戻った状態だった。今冬の雪山登山の復習をしておきたかった。冬のポストと夏のポストの「見え方の違い」を心得ておきたかった、水とオニギリと合羽をもって森に入ってみた。

結果は 案の定、やはり撮り漏らしたポストがあった。難行苦行の坂の途中だったか?梢の陰だったか?17番は撮り忘れた。 22番は見落したか???帰り道にも注意を怠らなかったが見つからなかった。夏道では初心者同然の身、秋にたった一度登っただけだ。冬山か沢登りでしかこの山には通っていない。今夏は船形山のお勉強という風体である。意外に…、知ってるようで知らないのが近くの山 なのだ。

d0347140_18293989.jpg


ポスト一つ一つを撮ってみてわかったのだが 冬と夏とじゃその見え方が違うことに気づかされる。白い世界に赤いポストは視界に入っただけですぐにそれと分かるが、夏場の見え方は複雑だ。地形的に特徴があれば、より一層ポストの位置や状況は登山者の印象に残ると思われるが…、平地や平易な箇所、位置にあるポストというのはそうそう印象に残らない。そういうポストこそ「迷いやすい地形」にぞ立っている というのも解ってくる。この事は 平地のポストは極めて重要だ…に繋がってくる。

今度行ったら こちらから関心を持って22番を探し出そう。見落とすには何らかの理由があったはずだ。それを「自分の心理」、或いは「癖」として掴んでおきたい。赤い標識番号のポストって何時頃から何のために設置されたんだろう?って 根本的なことからして分からん。おそらく 冬に遭難事故とかがあって用意されたものなのだろうけど。
d0347140_18453229.jpg
この辺は まだ若いブナだ


それにしても 登山口から稜線手前まで、下から上までずうっと、ブナの森の中に登山路がある。これがこの山の特徴で、こういう山にはなかなかお目にかかれない。深さに違いはあるけど、白神を除けば朝日連峰の五味沢コースぐらいに匹敵するだろうか。 27番を過ぎて気づいたが、先ほどからずうっと頭上でツツドリが鳴きっぱなしだ。うるさいっ!托卵族め(´艸`)  26番ポストを過ぎると…30mほど先に若いカモシカが現れた。目が悪いとされるカモシカだが、こっちに気づく迄ゆっくりと間を取ってカモシカが道をあけるのを待つ・・・。

d0347140_08304817.jpg


アオジシと異名を持つカモシカは なんとなく動きがスローモーな動物だと思われがちだが…、 とんでもない! 雪が消えつつある南会津の三本山毛欅峠(サンボンブナトウゲ゙)で、ウシ科らしく蹄の音を鳴らして疾駆するヤツに出くわしたことがある。目の前まで駆け寄ってくるので 即座にピッケルで身構えた。こっちに気づいたかな?と思った次の瞬間、パッと身を翻して藪に消えていった。身が軽いんだよアイツ。”野性”を見たって感じ。。。

こんな動物たちとの遭遇場面が得られることも… ゆっくり歩く「船形山スタイル」だからできること。”ゆっくり歩く登山スタイル”には動物との間隔、間合いがもてる。こっちが10m以内に近づく前に、動物の方から距離をとって離れていく。登山とはいえ 動物たちの棲むブナの森を訪ねに行ってるわけだから、動物優先に物事を考えないといけないのだろう。それとは逆に トレランや急ぎ足の御仁ならば、動物たちとバッタリ出くわすことになるんだろ。マムシを踏んだり 熊と遇ったり 猿の集団に囲まれたり、、、特に熊の奴は一度咬んだら、首を振って骨が砕けるまで離さないから…、片足や片腕を失ったり、落命をも覚悟して飛ばさないと。鈴の音が効力がないといわれる条件は・・・沢音、滝場、風の音、捕食中、風下・・・などが挙げられる。掛け声のほうがよっぽど効き目がある。

d0347140_18333825.jpg

山で熊に遇わない秘訣をお教えすっぺが? 会津の山奥を独りで歩くときには、、、「ホーイホイ、ホーイホイ…」って 大声だして山中を歩いてきた。会津のマタギが昔っからヤッている巻狩りの方法だ。藪に向かうときには勢子(セコ)になったつもりで ゆっくり歩きながら「ホーイ ホイホイ ホーィィホイ、ホーイ ホイホイ、ホーィィホイ」と追い立てるようにやってみたらどうだべ?藪の向こうでガサガサって笹が揺れたら熊が遠ざかっていく証拠だ(笑)そん時は「パォーパオパオパオ、パォー」って象のように叫ぶんだぞいw そーすっつど 熊は登山道に近づがねぇべ(´艸`) ほんじゃまだない♪   
 
明日は五月晴れ?28度まで上昇するのだろうか… となれば後白髭か 雁戸か いづれかに出かけてみようか。。。せっかく船形山塊に通い始めたので…後白髭かな?ここは一つ。にしても、船形山は、標高は1500mなのに、深くて、シトっとくる、、、じつにいい山だなぁ。

d0347140_18341904.jpg
27番の旗坂平
d0347140_18352037.jpg
この辺のブナは太っている
d0347140_18354700.jpg
一群平の25番ポスト
d0347140_18464676.jpg
歩き易いのはこの辺まで せいぜい鳴清水あたりまで 
笹が被ったり登下降が有ったり 遊歩道のような道から普通の登山道に変わるようだ
d0347140_18361944.jpg
23番のブナは立ち枯れ。
強風でいつかは倒れる 危険なポストだ。
d0347140_00470937.jpg
鳴清水 21番ポスト手前
d0347140_18365006.jpg
鳴清水の21番ポストはヒメコマツの倒木によって 薙ぎ倒された。
いずれカットされるだろう
d0347140_18372345.jpg
おお!、懐かしい20番ポスト

このブナから右の藪に向かって行ったわけだな ブナ平方面起点
d0347140_18380888.jpg
19番ポスト

ここが 冬の山行では要注意なところだ
19番ポストを見たら 登りならポストの左側を通過する 
下りならポストの右側を通過する
4mほどの急な崖を持った沢が走っているところ。
d0347140_18383713.jpg


d0347140_08412833.jpg
16番手前から雪が出てきた 周囲を見回せば赤テープが…ある
d0347140_18390671.jpg
登りがややきつくなり 足元ばかりに目を落とし勝ちになる
d0347140_18393043.jpg
15番ポスト 三光ノ宮のすぐ手前
d0347140_18410730.jpg
溶岩流跡の”三光の宮”から見えるこの山は・・・たしか黒森
ブナ平の朽ちかけた老木の「愛称」になった山
d0347140_07113261.jpg
眼下の北丸松保沢と中間尾根を挟んで対岸はるか、、、今日の三峰はガスの中だ

蛇ヶ岳への夏道は瓶石沢から左折する…、冬は三光ノ宮を過ぎてから蛇ヶ岳への尾根を登った。
自分の癖で蛇ヶ岳に登ってから船形に向かった方がなんとなく気分が楽だった…ことを覚えている。
早く稜線に登って 後白髭や三峰の遠望が利くことを確かめたかったのだろう。

金田法務大臣は、ビールと弁当を持っていたら「花見」で、地図と双眼鏡を持っていたら・・・
「犯行現場の下見」という答弁をした。山でキノコを採ったらそれもテロの資金源になるとかならないとか。
三光の宮で その趣意を透かしてもらおうか。。。

d0347140_17084934.jpg
まんさくの花












[PR]
by tabilogue2 | 2017-06-01 07:04 | 船形連峰 | Comments(4)