「ほっ」と。キャンペーン

笹谷峠と信心

d0347140_04344994.jpg




こちらの 鶏亀(ケイキ)延命地蔵尊は 
穏やかな表情をされて 美人さんでおられます

説明書きを読めば 
持ち物からして戦国時代以降の作であろうとされる
それから ずうっと建っていなさる

朴として峠路に立つ 綺麗な顔立ちの地蔵尊に 
誰もが ハッとさせられたことだろう

峠を越える・・・ということに
昔は どんな 意味をもたせて いたんだろうか?

冬路の峠に ひっそり立つ地蔵尊
この穏やかな顔を拝することで 冬路の旅人は・・・きっと

「生」を心に感じたことだろう
ありがたや 延命地蔵尊


d0347140_10054991.jpg




d0347140_10062976.jpg

地藏さんの目の前の辻が 笹谷峠
お助け小屋を兼ねたお寺(東国山仙住寺)も備えられた
寛永十九年 1642年のこと


d0347140_11091741.jpg
仙人沢の山ノ神碑




アビラウンケンソワカ
真言密教の呪文である
ソワカというのは呪文の最後につける言葉で
仏への呼びかけのようなもの

もとは「山ノ神」信心なのだろう
村人の暮らし向きも 旅人の安全も・・・

山と密接につながることで 護られる
暮らしも旅も交易も大事にされた
人の心が穏やかなころの 心の拠りどころ


それが今や 登山ブームで通過するだけ
スポーツ登山で 信心は
向こうの山に吹き飛ばされた(´艸`)

もはや
立ち止まって 手を合わせることは
ごく一部の登山者だけ



d0347140_11094726.jpg



d0347140_17481345.jpg


d0347140_10071044.jpg



d0347140_10075468.jpg



d0347140_05255936.jpg
スミレサイシン


[PR]
by tabilogue2 | 2016-05-14 05:00 | 蔵王連峰 | Comments(0)

笹谷峠

d0347140_08352026.jpg



こどもの日を含めた三連休は 
3日と5日が好くて 中日の4日が大荒れ予報
その3日も いいとこ午前中が好適で
午後はガスるだろうと予見した

午前中だけ登る山、天気とケンカしない
これが今日の作戦

さらに、激コミのGW! アプローチ道が込まず 
駐車場Ⓟの込まない山など 条件付きで選ぶ必要がある
となると 笹谷峠しか残らなかった

というわけで 
今までで一番早い時間に笹谷峠を出た
こういえば 6時ごろ?
と 思うんだろうな みなさんなら(笑)

そこは ホレ 俺だから・・・
どんなに頑張っても 笹谷峠8時だ (´艸`)

しかも、、、
トンガリ山でUターン、12時にⓅに下山予定だずぅ


d0347140_08393457.jpg




d0347140_08382135.jpg


トンガリ山でUターンして 帰路についても
どんどん 若いカップルや青年など 登山者が登ってくる
朝に 駐車場が満杯の状態で登ったのだから
この時間なら飽和して、路駐するしかなかったろう
さすが 人気の山は違うなあ ( `ー´) ガントサン



しかも登山服がブランド品揃いだ 若者はカッコイイ!
地味な色遣いが じつにシックだ 
派手な色遣いは 年配の女性に多いのかな
こんなにオシャレな風合いなら 登山も楽しいこったろなぁ

自分はダサい厚手のウールシャツ フルッ!
肩や背中はザックで擦れて 向こうが透けて見える
普段使いを山用に着下して さらに20年も着てる ((+_+)) ロンガイ!
穴もあいた(;´д`)4コモ ヒミチュネ  黒糸で縫い合わせてある



今日の団体さん すれ違いざまの挨拶が心地良かったぁ
先頭の男性が 道を空け待ってる僕に素晴らしい挨拶をくれた
笑顔がいいっ! 疲れがすっ飛んでいく 
栃木の山想会 会員150名の大所帯だそうだが?
(仙台にも同名の ( `ー´)ノエッヘン な山岳会があるど)

中には・・・
あと どれくらいで山頂に着くでしょうか? 
単独行の中年男性からの質問もあった

タイム計ってないんで わかりません ((+_+)) ゴメンゴメン って答えたが
きっと「冷たいヤツ」と思われたんだろうなぁ

所要時間なら 相手の顔色みて判断して
自分のタイムにプラス20分ぐらい で云えばいいのかい? 
若者なら、マイナス20分ぐらい かい?

こちとら無理 ( ´・ω・)? コマタ...
写真撮影してる時間が その半分ほどあるもんなぁ
御免なすって!ですかネ(;´д`)? ベツニイイジャン


d0347140_08431203.jpg
手前、若者のいるハマグリ山 左、とんがり山 右、山形神室・・・横構図
d0347140_08410851.jpg
縦構図 近景がない・・・ザンネン
d0347140_08450922.jpg
写真の彼が目を落とした先は・・・コレ↓
d0347140_14582603.jpg
キクザキイチゲ
d0347140_21273095.jpg
右手に蔵王が見える




やぶからぼうに登山者と鉢合わせ
互いに道を譲って待機した 

女の子だから こっちが譲るべき
でも 彼女は 
私を年配者とみて譲ってくれたんだろ?

すれ違う時に 
ありがとう と 礼をいった
ニコッ と返事が返ってきたぞ (*'ω'*) チョーカワイイ‼

d0347140_21300090.jpg
雲が涌いてきた
d0347140_19462477.jpg
ガスがかかり始めた



10時を回り始めると・・・、
 北方の二口方面にも 南方の雁戸方面にも
ガスが涌いて 風が強く吹きはじめた
今日は 太平洋からの海風だ
梅雨時と同じように 雲は宮城側にまとわりつくんだ


要するに 
今日は早めに切り上げて 家に帰れよーっ!
と、天の声がしたよな?
そういう一日のはず 


天の「お告げ」 大切に聴いておこう  ( `ー´)ノ ソウナン イヤッ!


d0347140_07365344.jpg
月山 ( `ー´)ノガッシャン
d0347140_23083012.jpg
あしゃひ連峰
d0347140_15200251.jpg
有耶無耶の関
d0347140_17001427.jpg
小屋の沢
















[PR]
by tabilogue2 | 2016-05-03 15:21 | 二口山塊 | Comments(2)

d0347140_19394705.jpg

えぼしスキー場 水仙まつり? 




Seven Daffodils なんて歌を思い出した それと同時に Green Fields という歌も
どちらの曲も ギタースコアをもっていた 
フォークギター弾きながら歌ってた懐かしい Brothers Four
他に PPM の PUFF も歌ってた

高校2年、まさに青春まっ盛りっ
トランジスタラジオで聴きながら…な 青く淫靡な受験時代 (´艸`)

フォーククルセダーズ おらは死んじまっただぁ
加藤和彦 悲しくてやりきれない 
大学闘争が激しくなるころ 北山修 イムジンガン
シューベルツの 風 はしだのりひこが 脳裏に加わった

こうしてみると いちおう僕も
「カレッジフォーク」全盛時代を経ていたんだな


60年と70年とが一緒くたになってた、青春時代
大学闘争に明け暮れた4年間

♪見るがいい 黒い犬が エモノ探して 駆けてゆく
少女よ 泣くのはお止め
空も 海も 月も 星も みんな みんな うつろな輝きだ♪

「挫折感」満載なこの歌、「さらば青春」 
この歌の 中途半端さ さながらに
青い半生は、閉じ込められたままなのだ ( `ー´)ノ トキハナツノダ!


「思考の礎」が形成された 多感な青春時代



d0347140_17065772.jpg

d0347140_17070192.jpg

d0347140_17070995.jpg

d0347140_17072175.jpg




[PR]
by tabilogue2 | 2016-04-30 17:07 | 蔵王連峰 | Comments(2)

暗色すみれ

d0347140_18395547.jpg






三色すみれ、、、

・・・じゃない、

暗色すみれ、、、

(´艸`)

SSと感度をミスって偶然うまれた新種









[PR]
by tabilogue2 | 2016-04-29 12:13 | 船形連峰 | Comments(3)

山の桜 大衡村

d0347140_18485088.jpg





山に咲く・・・ 

桜花









[PR]
by tabilogue2 | 2016-04-28 22:09 | 船形連峰 | Comments(0)

瑠璃草  ルリソウ

d0347140_18445261.jpg




寡雪の今年、春もGW直前となると
色んなところで 色々の花が 一気に咲きだす
カメラマン泣かせ(;´・ω・)

万葉の森、瑠璃草 まもなく咲きだす
いい感じ。。。


さて 明日は車を飛ばして どこに行こう?
刈田峠 どんな感じになってるかな?



d0347140_18433360.jpg



d0347140_18440318.jpg


d0347140_18470093.jpg





[PR]
by tabilogue2 | 2016-04-25 23:00 | アラカルト | Comments(0)

d0347140_18570173.jpg



今日は出発も遅く、9時10分前に入山。それでも昨年より 30分以上早めだ。
大東岳は7時台には登り始めていないと 不慣れな人には後々面倒になるのだが 
毎日残業でクタクタの相方に向かって 「6時集合!」っては 言えなかった。



2合目付近の立石沢右岸でハシリドコロの群落に遭った。斜面一杯のそれは壮観だ。
ニリンソウ、ワサビの花、シャクなどの白い花、黄色いネコノメソウは一株だけ、
ミヤマキケマン、ラショウモンカズラと目で追うと やがて同左岸3合目の杉林となる。
間伐の行き届いた林に白いカタバミが咲き、エイザンスミレも数輪咲いている。
花の周りに柔らかな若葉を擁し、距の短いスミレサイシンが自己主張している。

d0347140_08182208.jpg
ハシリドコロの群落
いつもなら藪が繁っていて それと気づかない
春先の山だからこそ その存在が目立っていた
d0347140_08084085.jpg
ハシリドコロ
d0347140_08090306.jpg
ワサビの花
d0347140_11172396.jpg
ミヤマキケマン
d0347140_11173118.jpg
ラショウモンカズラ
d0347140_08083121.jpg
エイザンスミレ
d0347140_11284208.jpg
スミレサイシン



5合目を過ぎて 右から鹿打コースが合わさる。穴戸沢林道にいくようだ。

昔、ヤスダ君の提唱で穴戸沢を「清掃遡行」した。

タイヤ、自転車、テレビ、レンジ、冷蔵庫、机、
あらゆるものが棄てられていて 回収に心が折れたっけ・・・。


3合目、5合目、7合目こぶし平とで 休憩をとる
それがいつものパターンだが、
こぶし平の標識がこの冬に崩れたか?笹の中で裏返っており 
休み場所とタイミングを失った。


d0347140_11113451.jpg
イワウチワ



8合目手前で若者に抜かれざま 「登山口発は10時半です」と軽く言われ
ドッと疲れが出てしまった(´;ω;`)

鼻こすり、、、坂を見上げながら残雪を思案し、
「頃合い」とみて 下山にかかる


5合目に戻り 銀マットを広げた。脚を放り出した不恰好さ、我らの休憩は大胆だ(笑)
夕べ 煮ておいた初物の筍、ふきと身欠き鰊の煮物、笹蒲鉾と菜っパの辛し和え 
野菜かき揚蒲鉾、キュウリの塩もみ、おにぎり、お茶にビール・・・
ザックから食料をすべて出して お店を開いた。


食事を楽しんでいると 先刻道を譲ったカップルと若者が下山してきた。
我らの店前を休まずに通過していく・・・、

山頂にいかず、お店を広げ、くつろぐ我ら 彼らにはどんな風に映ったことだろう(笑)

頼もしい若者の後ろ姿を見送りながら メロンを食べ リンゴを剥きながら
お互い歳はとりたくないね・・・と 目くばせした( ´艸`)


相方は今年初の登山だった。いまごろ・・・さぞかし筋肉痛だろ
おつかれさま!



d0347140_08074536.jpg
樹間からの仙台神室
d0347140_11051012.jpg
東清水分岐





d0347140_17465168.jpg
1合目の杉林で見たキノコ
シロキツネノサカズキモドキ
d0347140_17461955.jpg



d0347140_08084634.jpg

山桜がきれいだ 
二口は 春山感が満載だった







[PR]
by tabilogue2 | 2016-04-24 08:29 | 二口山塊 | Comments(2)

一人静か・・・咲き始め

d0347140_10361219.jpg
昨日?今日?顔を出したばかり ホヤホヤ カワ(・∀・)イイ!!




今年も 咲き始めた
泉ヶ岳の ”一人静か”


「少年自然の家」の新築工事で
植生地が荒れ、
もぅだめかな?と思っていた昨年
藪の中に白い穂が・・・


今年も
しっかりと白い穂たち 
咲き始めたね


熊本でも 
「希望」という根っこさえあれば
きっと 
平穏な時が やってくるはず





●日本赤十字社 義援金振込方法
平成28年熊本地震災害義援金













[PR]
by tabilogue2 | 2016-04-19 17:56 | 船形連峰 | Comments(0)