「ほっ」と。キャンペーン

d0347140_13300399.jpg



福島では普通に家庭で食べられている「いか人参」
今年も漬け込みました

人参 4本、するめイカ 2枚
だし醤油 100cc、 みりん 50cc、お酒 50cc、砂糖 大さじ2

以上の「漬けタレ」を煮込んだ後に、よく冷まします!
タッパーに入れた「人参・イカ」に「漬けタレ」を掛けます

そのまま天地を数回ほど返して タレを染み込ませて
一晩 冷蔵庫に放置すれば出来上がり
つか 朝に漬ければ その夜の晩酌に間に合います
人参をシナっこくさせずにパリポリと噛める硬さ 当日食べきりがコツ

むかし・・・、スルメを切るのは子供たちの仕事でした 
思い出します



白菜漬けは23日に漬け込んだので 
そろそろ食べごろ? かな(´艸`)



田舎料理で 嫁いだ娘たちや 孫たち 旦那さんたちを歓待します
オヤジの一年振り 年に一度の大しごと です(笑)



d0347140_13481071.jpg

漬け樽の中の水分が かなり上がってる

今夜あたりから 
食べごろに・・・入るかな? まだ早いか?








[PR]
by tabilogue2 | 2016-12-28 13:36 | 自活する | Comments(2)

d0347140_21144799.jpg



一箱7本入り¥600の木箱入り鰊、、、まだ3本も残ってるんで
この鰊を使って 週末のアテをこさえます。

山菜シーズン本番まではまだ間がるので いまのうちに練習して
色味も薄く(おそらく白だし?)でも しっかりした味付けができるように 修行。

一晩 米の研ぎ水に浸した鰊を使って 田舎風の煮込み。
材料はフキの水煮 姫筍水煮 牛蒡 それ以外は乾物利用
身欠き鰊 高野豆腐 仙台油麩 黒豆 どんこ椎茸
甘じょっぱくしてあるんで 日持ちしますyo
山小屋、キャンプのアテに 古風に夜をすごせます


色は醤油で黒っぽくなったけど 薄味です。
先日漬けたキャベツのお新香なので ご飯がはかいくこと! ヤバイデス。
それに 仙台油麩に浸み込んだ煮汁がたまらん!
とき玉子と長ネギと油麩を一緒に鍋に架ければ「登米の油麩丼」になるぞ!




d0347140_21193156.jpg
極太ネギをほんの軽く蒸し、手作りの田楽味噌をのせコンロで炙るだけ、、、 
甘いネギです ビールに最高!










 

[PR]
by tabilogue2 | 2016-02-22 21:30 | 自活する | Comments(0)

鰊・牛蒡の昆布巻 酒肴

d0347140_16094458.jpg
煮てから1時間後、笠間焼の意匠皿に盛りつけてできあがり




昆布出汁と七味で、ピリ辛に煮しめた根菜を添えて イメージ通りに完成! 今夜はアルコール解禁デー 純米酒「萩の鶴」できまり!

仕込み30分、調理に1時間ちょい? 1時間を越えたら 酒の肴としては失格です。それは 料理になっちゃうから・・・
お酒の肴としての手間を考えたら これ 男料理には入れたくないね( ´艸`) 干ぴょうを昆布巻きに結ぶのって けっこう大変。
こういう仕事を 正月や身欠き鰊の季節・春先になると 昔、女の人は台処に立って 夜なべされったんだね。
爺さまが喜ぶから、 父ちゃんの酒の肴に、、、

鰊を米の研ぎ汁で一晩もどして・・・頭と尻尾と背びれをカットする 昆布を洗って 浸して その出汁で米を炊いて 
干ぴょうをうす酢で洗って 身欠き鰊を7cmほど 縦に短冊に切って 背と腹とを組み合わせ、これまた7cmほどの昆布に巻く 
干ぴょうの結び目を2つ キュッと縛って できあがったら、ハサミで干ぴょうの端を揃え、切って整える。
昆布出汁3 醤油1 みりん1 酒2 砂糖5を煮て和わせたら それに昆布巻きを浸して 
45分ほどことこと よく天地を返し 煮汁が飛ぶまで煮る。

身欠き鰊4本で 7cmの昆布巻きが 約10本くらいできる ついでに 牛蒡巻きが2本 冷めたところで俎板にあげ 
包丁でスッと半分に切り 端っこも切り落とし 盛付けて 完成! やってみたら・・・ほんま 男手でもできまっせ♪ 
という感じ  酒の肴は 自分でつくらなあきまへん。

うんめぇなぁぁ( ´艸`)
あぁ こでらんにぃ♪


今回 同時進行で根菜(人参 牛蒡)のピリ辛煮も調理した。コンロが二口なので うまく整理しながら作業する。
昆布だし、七味を入れ 醤油、酒、砂糖で合せをつくり 根菜を煮ながら 出汁を何度もかけて出来上がり 
包丁は 毎回研いでから調理に使う 今回も煮しめた昆布巻きが崩れぬよう スパッと包丁を入れる。
切り面も綺麗にツルっと照かって やった!と思った


* 反省点・・・
家にあった出汁昆布(500円程度)では用が足らん 肉厚な昆布に浸み込んだ深い味わい・・・が出ない 
「仙台朝市」で日高・利尻の肉厚昆布を買って、仕込まんと。でもまあ 男の酒肴作りには 充分かな( ´艸`)

d0347140_10551728.jpg

このあと、下味を確かめ落し蓋して とろ火でじっくり煮ます

d0347140_10550546.jpg

煮立ってから15分後の昆布の色と厚みですが、 まだまだですね





次は 煮物 、、、、 

筑前煮に挑戦しようかな? 本みりんの 使い方に工夫がいるみたい


------------------------------------------



老いても「主夫」として自活する方向で!
いつ逝くの? 今でしょ!  って? そんなのわからん(笑) 
けど・・・準備はしとこぅ ( ´艸`) 
先を見て、掃除・洗濯・炊事、なんでもこなし、
「自活」をテーマに暮らし、
山遊びもしよう、本も読もう。


2016年の誓いは・・・ 

週3日休肝日」「月イチ登山」「自活」







[PR]
by tabilogue2 | 2016-02-20 11:00 | 自活する | Comments(2)

d0347140_14183892.jpg




今回の酒肴は・・・身欠き鰊(本乾)
米の研ぎ汁で 一晩だけ戻して

乱切り大根もいれて 
醤油と味醂と酒と砂糖で
ことこと 煮る

甘じょっぱく 煮つける
生姜も多めに入れとくと
香りがいい

照りがでれば 巧くいったほう
今夜も禁酒なので
今度また つくってみよう

日本酒のアテとなれば・・・
次は昆布巻でかな

干ぴょうの戻しもあるのか?
手間がかかるな ふぅむ
酢水で戻す ってな

アテ造りも たいへんだぁ



d0347140_14182329.jpg
酒肴の三皿










[PR]
by tabilogue2 | 2016-02-17 20:55 | 自活する | Comments(2)

d0347140_14190071.jpg


d0347140_14184957.jpg
笠間焼の意匠皿に盛ってみた





前回の課題、
「田舎風味」に関心を持ちながら 
漬物にとりくんだ


分かっていることは・・・、
塩と昆布の微妙な釣合い ということ
だけど これといって
「黄金比」があるわけでなく・・・ 
味が再現できるかどうかは 
漬け上がってみないとわからない


3日目が過ぎた、、、
塩が強く 日光の手前(今市)だった

4日目で、、、
自分の郷愁に似た味覚
「田舎の味」に仕上がってきた

明日、、、
ちょっと「おふくろの味」に
似ていれば それでいい

ご飯とあわせて食べてみて 
違和感なければ 
昆布の量目をメモしとこう

味噌汁も 
和風だし 中華だし 塩 
三種の加減で 美味しくできるようになった

漬物も
塩と昆布だしに工夫すれば 
意外に早く 黄金比が出るかもね











[PR]
by tabilogue2 | 2016-02-17 14:43 | 自活する | Comments(0)

さきいかにんじん 酒肴

d0347140_15304978.jpg



山での酒肴に 何を持ち上げようか悩む~

自分で作った方が 自分好みに仕上がるから
人参とサキイカとレモンドレッシングを購入

人参2本分をまるまるピーラーでカットして 
サキイカと人参を交互に重ねタッパーに入れ
レモンドレッシングと 胡椒を掛けてみた

少し味が浸み込むまで 冷蔵庫に放置する
そして 1時間後に 食べてみた・・・

旨いっ!

これはビールに合う お薦めであるっ! 
だが、今日は休肝日 おあずけだ(´;ω;`)





シーズン最後のセリ鍋を持ち上げようと思ったが
小株のくせに一束250円と倍に跳ね上がっていた

マイタケ・ゴボウ・フキの煮物をこさえてみよう
菜の花&カラシ も旨い!
そろそろ冬の根菜から 春の野菜にシフトかな?














[PR]
by tabilogue2 | 2016-02-04 15:52 | 自活する | Comments(2)

d0347140_23032620.jpg



週末は 休肝日の呪縛も解けて・・・お酒が呑めました 

手持無沙汰で ついつい酒の肴を作っちゃう傾向(;´・ω・)

たまたま 四品を一緒盛りにしたけど
見た目を楽しむには  
根菜のゴボウとジャガ芋は 別小鉢に盛った方が・・・

金時芋やじゃが芋は 煮崩れしやすいので
角が取れないように 短時間で蒸かしました
ゴボウは灰汁が出る 小まめに「灰汁とり」です


今、 菜の花が旬 
ゴボウを手鍋で煮るついでに 菜の花を笊に入れ鍋の蓋代わりで蒸す
湯切りし冷水に晒し 昆布だしを掛けただけ

フキが安かったので買いました
醤油と味醂と鰹節と砂糖で 弱火でコトコト



五月の田植えの時期 山菜も多く出回る
地竹と身欠き鰊とフキとを煮込むのが
酒肴づくりの 楽しみに( ´艸`)





d0347140_09433984.jpg
一晩 味を染み込ませたフキの煮物 うまいっす!

塩をパラッとかけ蒸した金時芋 孫ウケおやつ!
d0347140_09434931.jpg

[PR]
by tabilogue2 | 2016-01-29 23:27 | 自活する | Comments(0)

パッと出る ”肴”

d0347140_15505526.jpg
これぐらいは 男でも簡単にできる!




今年の正月ほど のんびりした正月はない
それほど★サラリーマン時代の正月はバタバタだったのだろう・・・
同じように生きていて 感慨や味わいのない暮らしをしていたようだ


------------------------------------

先日のテレビ番組「県民ショー」で 仙台セリ鍋と福島県北のイカニンジンの話題が出ていたが
スルメイカの高騰で福島のソウルフード「イカニンジン」は危機的状況だ 昔はよく食べたものだが
そっちはともかく 仙台市中田下余田のセリ田、セリ鍋の話・・・これもじつに旨いのだ!

------------------------------------

それはそれとして・・・ いつでもパッと 男の手料理で出せる酒の肴の話
正月に限ったことじゃないんだが★酒の肴は自分で作るべし★食卓に座る前に!・・・これが難しいのだが(笑)
となれば それこそ安近短の極みとでもいうか 缶ビールを飲みながらサッとできる肴がある

一つ目は 冷蔵庫にある「干し大根」のたくあん漬け お隣りからの戴きもの(笑) 簡単 切るだけ~♪
二つ目は 仙台セリをサッと「湯がいたもの」に 和風ドレッシング ポン酢を掛けたもの
三つ目は ニンジンを細切りピーラーで削いでレモンドレッシングをかけた「イカなしニンジン」
(この人参に、「黒胡椒」を掛けただけで さらに旨くなるのだよん)
これらどれもが ウケることまちがいなし! 簡単 バカ旨な酒の肴 太鼓判だょ

------------------------------------

*せっかくなので、日曜の午後あたり スルメイカを挟みで細切りし、細切り人参とを合わせてタッパーに入れ 
昆布だし・みりん・砂糖を煮込んでドレッシングを作り、熱いままのドレッシングをかけ冷蔵庫で一晩漬け込むか 
もしくは、冷まして「イカなしニンジン」に掛けてもよし。男の手料理、お茶請けでもいけるょ!

--------------------------------------

この正月は孫子らのために 超Bigハンバーグ 野菜カレー 挽肉たっぷりミートソースを作った。
言ってみれば 子供が好きな定番料理っ「三種の神器」だが・・・孫ウケは上々だった。
ちぃとばっかし ニンニクを多めにすり潰してあるところが男料理のミソ。

それと年末から正月にかけて ジャガ芋 人参 ゴボウ 薩摩芋 大根 蕪 ドテカボチャん など
根菜を用意し小さく賽の目にカットして 和風だしと中華だしとで煮て、塩で整え、タニタの減塩味噌で
味噌汁として出す。娘・孫にも好評だった。甘いサツマイモやカボチャを入れとく 孫ウケ一番!

賽の目カットの根菜を多めに半茹でし冷蔵庫に取り置く・・・、雑煮、和吸物、洋スープ、何にでも応用できるように。
これだけでも忙しい正月の台所はゆったりとなり 食卓も一品揃うので 来年是非に貴殿もおやりになっては如何?

-----------------------------------------

週末に、食べたいものを頭に描き > 食材を自分で買って > クックパッドみながら・・・あれやこれや? 
剥いて、切って、仕込んで、煮炊きして > 自分好みに味付け どうなるもんだか??? でも 楽しい♪

例えば・・・糠漬けを作る=糠床の勉強するけど、何を用意すればいいの? 煮っころがしの味かげんはどんなもん?
野菜と魚の付け合わせって何?、塩タラのピカタ???、オムレツのとろとろ感は? コロッケはどうやって作るの?
挽肉の量は?、餃子はどうする?、「特製◎△□」はどうすんの?・・・手加減・塩加減???

その前に まず慣れなくっちゃ。 そして、老いても・・・「主夫」として自活する方向でいこう と思う。
いつ逝くのか? 獨古&独居老人になるのか? そんなのわからん(笑) けど・・・そろそろ準備しとこぅ ( ´艸`) 
先を見つめ、掃除・洗濯・炊事・料理、なんでもこなし、「自活」をテーマに暮らし、山遊びもしよう、本も読もう。

2016年の誓いは・・・ 週3日休肝日」「月イチ登山」「自活」

ちなみに「洗濯」は数年前から実施している。 
洗濯ものをストックする容器を2つ用意して「不急」なものを選り分けている ✨


d0347140_11114083.jpg
漬け込んだ5日目の減塩白菜漬
田舎風味を出すのに苦心した(*コツは昆布の量だった 勉強になった)










[PR]
by tabilogue2 | 2016-01-16 15:53 | 自活する | Comments(4)