d0347140_22300860.jpg



ボタニカル・ジンはどーした? 


夜になかなか眠くならず、、、ストーヴの前で飲んじゃった
計画二日目の分に手を付けたわけだが…

八幡平の夜が それだけ居心地が良かったのだと
今になって しみじみしてくる


あしたブログアップだね。。。
アラカンになってさえ 心惑わす山は多いけど
やはり 八幡平は飯豊朝日同様 山歩きのベースだね 
心の拠り所かな。。。


とても 心に据えた登山となった。




そういえば、、、
JUJUの歌にただいまってのがあって・・・
そのPVが… けっこう男心をジ~ンと させたっけ






[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-25 22:38 | 八幡平 | Trackback | Comments(0)

d0347140_13190698.jpg
赤シブから続く”蟻の戸渡り”、、、ネズコの枝に助けられ 下降する
5つの小さなポコポコを繋げば 画像右奥の雁戸山に至る




台風18号の影響で三連休の山の楽しみは霧消し・・・ 
2泊3日の裏岩手縦走山行計画が、1泊2日の小屋泊山行計画になり、、、
ついに 近場のキャンプと日帰り山行だけに化けてしまった。

まあ 牛肉と豆腐の肉鍋で過ごし語る夜は格別なのは決まっているが
裏岩手縦走は秋の日和にゆっくり2泊で臨むことに… 流れた計画に変更はない。

荒天が見込まれ 足馴しのつもりで 近場の笹谷峠に向かった。 
8時 駐車場は溢れ路駐が5台ほどある。人気とはいえ荒天前なので車は少なめだ。
皆の行く先は雁戸ではなく 殆ど山形神室側に向かってゆく。。。



d0347140_17454629.jpg

秋山の足馴しなので 荷物は2泊3日のまま
テントとシュラフは置いてきたが 水もペットボトル6本分そのまま
食料は「前日分の消化」だけで みちっと重いまま。

風もなく 時折のガスで画像が撮れない程度で まずまずの日和である
もっとも 宮城側は東風の影響でガスが湧くが 山形側は薄日がさしていた。

こういう日は山をササッと片付けて・・・
笹谷峠の六地蔵めぐりに 空いた時間を宛てがうほうが満足が倍加する。

山形側の尼寺と仙台側のお助け寺とを 一直線で地蔵たちが立ち並ぶのだが
冬の峠を道案内してこられた地蔵さんたち一体、一体をなにげに拝んできたほうが 
特に精神的に晴れ晴れすると思われる (気持ちの問題だが…)

しかしそうはいっても笹谷峠に降り着くまで 粘土道が長かった。。。尻もち1回w


d0347140_17401012.jpg
赤シブとイワインチン


d0347140_13193625.jpg
イワインチン



前山のトラバース部は モミジハグマだろうか?白い、か細い花を咲かせ
赤シブの岩場はイワインチンの黄色い花が小さく咲き 巡る者に秋を感じさせていた。
本格紅葉は あと半月ほども?・・・過ぎてからだろうか


d0347140_13202013.jpg

モミジハグマ?オヤリハグマ 
お教え頂きました、g_gさんまた宜しくお願いしますぅ
 


あちこち出かけて…の紅葉シーズンの計画も立ててはいるが 
好天狙いの撮影とあって 出撃チャンスは遠のくばかり
ええい ままよ とザックに野営道具を詰めもするが 
所詮 会心の撮影なんて 年に数本しかない実情を見れば(´∀` )
気楽に近場に出かけたほうが 吉ということも…あるかな






[PR]
by tabilogue2 | 2017-09-17 13:38 | 蔵王連峰 | Trackback | Comments(2)

d0347140_09005993.jpg


いやいやいやいや・・・ 

別に 甘く見ていたわけじゃなかったんだけど・・・
結果的には こんな山もあるんだという驚きと新鮮味と楽しさとを
一度に感じさせてくれる「会津の里山パック」だった

3つある佐倉山のうち 登山道のある八総佐倉山(やそうさくらやま)

坊や~よいこだ 寝んねしな♪ 
あの「まんが日本昔ばなし」に見るよな そのまんまの 
ポッコンポッコンと急激な上り下りが連続する岩山だった

トラロープが ひっきりなしに出てくるw 
断崖や 瘠せ尾根が 背筋を凍らせてくれるw
たっぷり汗を絞られる、、、 でも 可愛い~お山・・・w

この矛盾した表現がピッタシの里山


d0347140_07485407.jpg

9:45 登山口から ジグザグの急斜面がつづく
時々 四つん這いで登るのだが 落葉にイガグリが潜んでるんで
うっかり手を下ろせない


d0347140_09593505.jpg


 濡れた落葉の上に カッサカサの落葉が積もって滑りやすく
また この落葉が深いので 時々道形を見失うほどだ
そんな急斜面に 一汗もふた汗もかかされる 


d0347140_07521551.jpg



30分後 ようやく屏風岩だ。ここは右側を通過し 岩の背後で一本とった
バックバクの心臓鼓動音を聞きながら 息を整える

こういう朝一に急坂が出るよな山路は 「最初の汗をかいたら一本とる=順応時間」のが大事。
じつは 歩き始めの発汗で、最初の休憩をとることが 一日の体調を決定する
心臓の負担を軽くするには 順応時間を設けることが じつに科学的な登り方なんだね~。


そうそう今朝の冷え込みは厳しかったぁ 霜が降りて屋根も草も真っ白け
 アノラックを着込んでのスタートだったのだ

休憩地では皆さん一様に「小バカにできない里山だなあ・・・やれやれ」
そう思ったに違いない
軽装となった各自の表情に それを読み取るのは容易だった


d0347140_08354438.jpg
 
屏風岩のつづき 細尾根で・・・
カメラを構えるがシャッターがロックした(ボタンを押し間違えたトホホ)

左下3mに トラバース道があったようだが それに気づかず
御札があがってる石塔前の痩せた岩稜を稜線通しでアクロバチックに ソロ~リと通過する
知らぬうちに お尻がサワサワしてくる
これはこれで楽しい思いをしたんじゃなかろうか?(笑)

後ろで キャーッ! 歓声?悲鳴?がする(´艸`)
120cmのスリングを 細い木に掛けアシストにするが・・・
はたして、セットの効果のほどはいかに?
どんな山でも 入山の際にはスリングを一人一本 携行しよう!

でも御神楽岳の榮太郎新道を登るのであれば 
ココは練習ゲレンデっつう感じ


d0347140_08355433.jpg
黒岩山、保城峠など 七ヶ岳に連なる山々



序の口、怖さが連続する場面がつづく(笑)
足元の先、北側は尾根以外の全てが断崖なのだ さすがに岩山だ
「スリル序盤戦」を味わいつつ 一山越えてアンテナ跡地にてホッと一息ついた
東には 昨日登った七ヶ岳がきれいにクッキリだった

さて ここからトラロープの連続する「本番」へ・・・ 
一旦下って 最初の小さなポッコンを越えるのだ 
作並の鎌倉山に例えると、「左カンテ」ルート下部と同等の斜度をもつ
最初は高差で30m、さらに続けて50m+50m=100mほどを2段で登ってゆく

この山の特質にもなっている「岩場」が続くのだが・・・?
鎌倉山のゲレンデと違って、左右に木立があるし、木の根っこが手掛かりになるし
トラロープもあるし まずは「余裕」だろうけど・・・。

ポッコンを登ってしまえば 下るしかない さて30m急降下だw
なんせ断崖が~ぁ、、、イヤというほど目につく~ぅ、、、(◎_◎;)
いやらしい。。。
見ないでおこ(´艸`)プッ

最初のポッコンと次のポッコンを結ぶ、渡り廊下のような道を3、40mほど水平移動して
続く2つ目の大きなポッコンにとりかかる~んw
トラロープが頭上に何本も垂れさがるw (ホールド・スタンスは充分)
直上か?、と思いきや右に振られ、崖をトラバる・・・複雑 
左右にゆるゆるのロープがガードしてくれるw

「もう たくさん!」・・・こんな心理が働くのかどうだか?
最後の最後、頂上か~? と期待すれば、、、裏切られ 偽ピークに泣き(´;ω;`)が入る
あと50m先?、、、ガッカリさせられるんだゎ、これが(笑)

心の内を 山に見透かされたようで チョピッと屈辱感を味わう(´・ω・`)
もう 違う風景を観たいのにぃ・・・だなぁw

今年の「山開きに200人参加」 中には地元の子供たちも登る・・・って 
湯ノ花温泉の蕎麦屋で、自慢げにオヤジが言ってたなぁ 
佐倉山-大嵐山-田代山の順番で毎週が山開き。関東から毎週Pハンターが来るらしいw

で、、、調べてみた・・・
キャノン山の会 奥田博さんが書いたガイドブック「福島の山」1987年版によれば、、、
テレビ塔の所に「これより先、小中学生の通行を禁ず」という標識がある と記されていた。
つまり、30年前は通行制限の標識があったようだ。んが、今は、ない。
つまり 登山道として整備されたわけだ。
なるほど 蕎麦屋のオヤジは嘘をついていなかったw


d0347140_08391186.jpg

秋の一日を 陽がな楽しんでいるうちに 頂上に導かれる 
時計は すでに2時間近く経ちつつあるようだ
ちょうどお昼時、、、里の村からオルゴールのチャイムが響いてきた
L'amour est bleu 「恋は水色」という、おフランスの香りふんぷんのPOPS 

僕は当時 高校2年生だった テエシタ ベンキョモシネデ・・・ヨゲナコトバリオボエデキテ コマッタヤロダ
シルヴィ バルタンの「アイドルを探せ」のほうが当時は好きだったなぁ
それから、フレンチ ギャルの「夢見るシャンソン人形」ってのもあったしぃ
ああ 懐かしい(´艸`)

ま、フレンチPOPSはそんなもんだ、、、20人が座れるほどの二等三角点の頂上。
さあ、ランチだ。 皆さん、安堵したのか? ニコニコ笑っている
楽しいというより、「してやられた・・・」という気持?
顔にチョッピリ その想いをのぞかせる


東には 「七゚ヶ岳」が白くうっすらの雪を反射し 浮き上がっている
西には 「割佐倉山」(ワッツァグラ)越しに「大嵐山」、さらに、、
既に白く、、、雪山となった2000mの峰々がひかえている
白き峰の右端は坪入山か そして窓明山 木の枝が被っていたが三岩岳 
南には 三角形の「黒峠山」、「荒海太郎山」以外 指呼できる山は雑木で見えない
「枯木山」も22年前に登ってはいるけれど、、、雑木が邪魔して同定できなかった

いい感じの山懐に、幾畳もの山脈(ヤマナミ)を這わせた里山たち
凄い数の里山・奥山が連綿と東へ東へ さらに東へ県境稜線へとつづく
まるで ヌウの群れが土煙を上げ アフリカの大地を移動するかのようだ

南会津の山脈(ヤマナミ)はいつもこんな感じで 見る者にスケールの大きさを呈する


d0347140_20595328.jpg

ハイ もう少し下がって、下がって~・・・
といわれても?
後ろは 断崖絶壁 ムリ(´艸`)
 
d0347140_08353737.jpg

帰り道も急斜面が続く 岩場や細尾根がないぶん ずいぶん助かるけど(笑)
この山道をピストンにしないで 正直ホッとした
おそらくそれなら僕ばかりじゃない・・・全員がそう思っただろね♪

急傾斜を3つほど過ぎただろうか?
緩く長く延びる南尾根を右へ(西へ)折れる

やがて尾根筋が消え 沢状に広がる地形となる 
この山の抜けでは 里山の雰囲気が存分に味わえるようになっていた

栗と小楢の雑木林に カラマツが黄金色を添えている 
ドングリの実がたくさん落ちている
明るい、ふかふかの枯葉の林で 最期の休憩をとった

「反芻」の時が流れる・・・
時間とともに茶枯れた景色に馴染んでゆく
去りがたい気持ちのモヤ-っとした塊が、いつまでも林の中を彷徨っているようだ 

もうすぐ 冬が来るんだなぁ そう、白の世界が一面を覆うのもあと一月だ


d0347140_09012975.jpg

山の裏側に出た。。。伊予戸川が流れている。。。
 
カラマツが風に吹かれて、「金色」のシャワーを降らす
いつまでも降りかかる枯葉のシャワーに
 足取りも軽くなるよな・・・解放感がそんな気にさせる

沿道の農家のお母さんが ニコニコ挨拶なさる
「山に登ったの~?ごくろうさまだごどぉ こっつの山てえへんだったべ~」 
こっちもニコニコ顔で挨拶をお返しした                                                              

下山口から30分も歩けば 伊予戸集落、舘岩橋につく
此の川は暴れ川のようで・・・、川幅がかなり広い

午後の日差しは 気温計を17度にも昇らせていた
舘岩川越しに何枚も写真を撮る 長閑な里山の褐色がつづいた。。。


d0347140_08411853.jpg
午後の陽に映える八総佐倉山
あのポッコンポッコンを登ってきたんだべ・・・(´艸`) 
いい山だ・・・ んだんだ いい山だべ


d0347140_08360295.jpg

こっちのポッコンポッコンは 
伊予戸のワッツァグラだべした(割佐倉山 わりさくらやま)
おもしれそーだー んだんだ おもしれそーだべー、
また登るべー んだんだ また登るべー








[PR]
by tabilogue2 | 2016-11-14 08:23 | 会津・越後 | Trackback | Comments(2)

d0347140_22572207.jpg


今回、34年ぶりに七ヶ岳に登った といっても縦走ではないけど・・・。

初めて登ったのは 郡山勤務時代。
程窪沢から登って荒海駅へ下りたのだったが 
今回は登山路が沢荒れで黒森沢コースが通行止め 循環できず。
そのため 上岳のみのピストンだった。


あらためて 上岳から眺めた七つの峰々は 
降雪もあって 登山路が白く浮き出て
さも 七つの峰を縫い合わせているステッチの白い糸のようにも見える
素晴らしい光景だった


d0347140_22565021.jpg


印象に残ったのは 高杖スキー場のカラマツ林・・・
午前中は曇り空で 時折霧雨を感じる程度だが 
その折々で眺めるスキー場はカラマツのお陰で 異常に明るい

d0347140_21593080.jpg
陽が差してくる直前のスキー場



写真の画角なら・・・どこか・・・見もせぬアルプスのよう と言い放ちうる
そんな牧歌的な雰囲気が漂う スキー場の大きさに比例するのだろうか?


午後の晴天でも 雰囲気は同等だったが やはり曇り空での黄色
カラマツ林の黄色が浮き立つ様は 晴天時のそれより格段上のような気がした
天下一ね

d0347140_07423174.jpg

スキー場の最上部手前、この標識が登山道の入口だ 見過ごしてしまうほど小さい!!

d0347140_22551927.jpg



高杖スキー場の登路はけっこう長く それなりに登山の負荷がかかる

途中 さいごのリフトからは雪道になり 初ラッセルの気分を味う
夏山から冬山へと「心の入れ替え」が必要な時期に それができて良かったと思う
電波塔からの下降、急斜面はスリップの連続だったが それさえも「入れ替え」には良い刺激だった。

d0347140_22560973.jpg
賑やかな隊列は山頂付近で長く伸びるが、、、でもここはまだ山頂じゃない

d0347140_22553445.jpg

あれが山頂だ


d0347140_18510974.jpg
八総佐倉山が見える・・・


d0347140_07382586.jpg

スキー場の雰囲気は こんな感じ

d0347140_07404331.jpg

午前中は曇り空だが見通しはきいた 
下山時には高気圧圏内に入ったようで 青空が広がった

d0347140_22592331.jpg

「山クラブKAMURO」の仲間に入れて戴き 初めての会山行
いちおう「新人」さんだ(´艸`)カッコツキダ 新入りの「洗礼」もうけたゼぃ(笑)

これで 孤老の山行も 賑やかなグループ山行も 
どちらも味わうことができるかな?

ご一緒する「山クラブKAMURO」メンバーと人生初の「グループ山行」だった( `ー´)ノ

いい年こいて ご迷惑をかけるわけにはいかないので・・・
それなりに老躯に鞭打ったのは、、、 内緒(笑)

---------------------------------------------------------


「グループ山行」って なかなかいいもんだね。
 たった一人で、ランチタイムもなしに、行動食のみで、、、ソロ山行してきた身にとって 
どんどんお昼の手料理が回ってくるのは カルチャーショックだった 

このクラブの皆さんは仲がいい その秘訣が手料理にあったわけか??? 
今日は行動食のみで済ませ、紅茶とパンをカジルことしか考えてこなかった自分には
ランチの午後は豊かな時間だった

山歴を懐にしまい込んで ここはひとつ、、、
豊かな食事のためにも?w 楽しいグループ山行のためにも?
どちらにも釣られる”小魚”になろうじゃないか・・・(´艸`)






[PR]
by tabilogue2 | 2016-11-13 23:40 | 会津・越後 | Trackback | Comments(4)

d0347140_09303569.jpg


小豆温泉のスノーシェッドの上を歩いて 
黒桧沢コースに入るのだが

数年前の豪雨でコースが荒れ
今は沢沿いのコースは閉鎖されている

ここ何年か 冬道で登っている



d0347140_09181880.jpg


無線中継アンテナ設備のある地点から細尾根になる

その尾根道には カラ松と姫小松の落葉が赤茶色に光り 落ちている
フカフカ道の始まりとなっている
松の脂もあってか?靴音は ススッ ススッ と しなやかさを感じさせる


d0347140_09180913.jpg


やがて 1000mあたりからは ブナの落葉に移り
靴音も ガサッ ゴソッ に変化する

時々 朴葉の大きな葉が
バサリ バサリ と落ちてきている


d0347140_09175998.jpg


1300mのブナ平から
1600mあたりまでかな? 

その尾根が すべてブナの樹林帯

風の通り道は枯れ葉が落ちていない
風が運んでしまうからだ

つまりここでは強風に遭いやすい ビバークしないこと
と言ってるようだ



d0347140_09565452.jpg


陽射しはあるけど とても寒い

続いたブナロードも この辺で終わる



d0347140_10020309.jpg


d0347140_09174148.jpg


1700mを超えると 
途端に
アオモリトドマツの樹景に変化する 

この様相、激変が堪らない 心を揺らすのだ

あれ程の ブナの木が
一本もない 潔いではないかw

この変化が 会津の山のおもしろさなのだ


d0347140_09175090.jpg


d0347140_09173417.jpg


針葉樹の中に 
ダケカンバが白い樹肌の奇形を晒している

その昔 

完成したばかりの三岩岳の小屋で
白露のクリスマスツリーを見たっけ



d0347140_11093418.jpg



三岩の小屋で 白秋の山を語りあう
 
夜は更け 月は高きにあり 透明な白で輝きをます 
小屋を囲むシラビソの木々を 白く照らしだす

シラビソの米つぶほどの葉先には 小さな雫が垂れ 
その一粒一粒の葉の 一滴一滴の雫を 月が透明な白で照らし出す
キラキラと幾千幾萬の葉先が 光の瞬きを繰り返す

とてつもなく大きい クリスマスツリーのようだ
闇に立つシラビソは 幻想のうちに薄衣を纏い 光を飾りとした

深く静かに魅入ると 突然 風が吹きあげた 
枝が揺れ 光の飾りが掃われて どぉっと「光」が降りかかってきた 

凄い 見惚れるばかりで 何もすることができなかった
この驚き、、、これが自然?茶飯事なのか? 
魅入る者に感動を宿らせ それに触れてしまった心を震わせる
 
その感動に 崩しかけた身のアンバランスを知る
都会ズレした身の そんな浸し方でもいいではないか 
オオシラビソの光のシャワー・・・、少し早いメリークリスマス

振り返ると 薪ストーブの灯りが 小屋の硝子から漏れだしている
その硝子のこちらとあちらとに 人間臭さの境界が見えた

仕事に追われ 山にも行けないと嘆いたS
忙しがり屋の彼も そんな硝子の内側の人間だった

賑わいの夏が終わり 山もそして仲間もそれぞれに迎える秋
山との関わりを 静かに見つめなおしている

山は思考の場でもある 
白秋の宵に 想いを・・・、じっくり 語り 伝えよう   

1994年 山行記録より




d0347140_09593719.jpg



d0347140_09172726.jpg


登山道の手の届く高さに 何本ものピンクテープ
5mおき?
無粋な人々の造作に憮然としてしまう

この高さに下げたとしても、、、無意味だろ?
雪に埋もれてしまうだけなんじゃないの?

もっと高いところに下げられたテープはないものかと
周囲を見渡し探すが 
風にゆれるテープはなかったようだ







[PR]
by tabilogue2 | 2016-10-27 09:49 | 会津・越後 | Trackback | Comments(2)

d0347140_22395279.jpg
45リットルのザックに こんだけ詰めたw 必要十分




寒いっ! 疲れたっ! こんな体では、水場は余計に、さらに、遠くなるぅぅぅ 
小屋から10分ほどかかるし 悩むし めんどくせーい・・・ビールでもメシは炊けるしw
だ、か、ら、、、水くみは翌朝一番に回そうぜい(笑)

大陸性の高気圧による放射冷却現象で 午後2時の山頂は霧氷で真っ白ケ(下界はピーカン)
晴れてるのに アオモリトドマツは白くなってる ダケカンバの枝先は氷結してるし 
風が吹けば、小屋の屋根に落ちてきてカツカツ音たてて当たるし 異様なほど小屋中に響くし
小屋前の水たまりは「シガコ」が張ったまま 霜柱が10cmほど ぐにゅぅと伸びている 

翌朝、水取りに行けば カチカチ凍ってるし コップで掬えないし 
太く流れ出るところまで さらに降った 案の定 遠かったぜ~い♪

仙台市水道局謹製の水を1リットルも担ぎ上げれば用が足りると思ってたけど、、、
1リットルで アルファ米とカレーと味噌汁とコーヒー2杯飲めるはずだから(´艸`)
2リットルなら お釣りが来るはず、、、 あまる=重いを意味する
・・・だから 朝に水取りに出ればいいこと、それで必要分を補えばいいことさ
実際それでよかった、軽量化にあたって 四の五の理由は要らぬ(笑)



小屋内に自立式のツェルトを張った たったの1分だ 野外であってもサッと立つ
今どきの便利道具にあらためて感謝した 
頭が旧く、ツェルトといえば 先ずポール立てて 張り綱を引いて・・・なんて
思い浮かぶ、一連の面倒臭さがナイ
雨具を着て ズボン下はいて 手袋して 毛糸の帽子をかぶって バーナー焚いて、
で・・・ようやく温まった 落ち着いた

ローカルFM局、新潟も郡山もきれいに入感している 音はクリアだ
17時からの耐寒体制にアクセントを添える

 寒さに体が慣れていないので 今回は厳しかったぜぃ
そろそろ 耐寒訓練しないと、テント泊山行が億劫になるぞ!(山ヤ廃業か?)


d0347140_10253677.jpg
5年前に戴いた支援物資のガスボンベが まだまだ有る 助かるなあ



”軽薄短小”のお陰で、、、45リットルのザックにこれだけの荷物が詰めた
写っていないのは、、、シュラフとエアマットぐらいかな?(ツェルトの中にあるけれど)
冬装備には ギヤとメットと8mmロープ、アイゼンとピッケル、ワカンとストック、シュラフカバーなどが加わる
一昔前なら この荷を担ぐに60リットルザックは最低線だった、、、軽量化しても18kgくらい?
重いんだよなあ、酒と食糧を切り詰めるしかない、最近つらいわ

ンなこと言ってるうちに、
なんと!ビールが2本 まるまる余っちまった これじゃただの「重し」じゃん(日本酒は呑んだけど) 
炙りサバの味噌煮缶詰、イケル! シャケの昆布締め、イケタ! サビ抜きの笹かま、これ普通(´艸`)

今日の行動食・・・甘納豆とミカン この組み合わせが抜群だった! いい! ベストカップル!
ラテを休憩に飲んだ 美味しかった 
休憩地は 無線中継所、ぶな平クロビ沢分岐、1500の平坦地の3箇所 
タイムは 登りで3時間40分 降りで2時間20分かかった(どちらも休憩込み)



自分にとって 南会津は山遊びの原点だ、会津駒、三岩岳には毎年登ってきたが 
一昨年の敗退後 行けてなかったので 今日登ってきた
嶋津よ、借りを返してきたぞ  
急登なんざ屁のかっぱ・・・といいたいけど 4つほど壁があった(気になる齢になったということか)
ブナ平1300m手前の急登では 脚の裏側が延びきってしまって バテタ(´艸`)
落葉が急斜面のステップに溜まっていて 滑って歩きにくかった 朴の葉がデカかった
 
ついでに 坪入山の地形状況を確認してきた 
スノーリッジといっても 実はちっさいし 斜度もゆるいんだね…と(´▽`*)
会津朝日から丸山を狙う ってのもあるな・・・ 
昔、大幽朝日からの「藪」で敗退したけど 手としては悪くない 問題は雪解けのタイミング

小立岩の登路も確認した こっちから登れば稲子山の登路だけがネック? トラバるか?
大中子山の登路も 長須ヶ玉山の登路も 確認した 

20万分の1地勢図「日光」を一度手にしてみてください 僕はこれで30年も夢を培ってきた

さあ あとは 登るだけだ(意気込みばかり荒い おお笑いだ)


d0347140_22461834.jpg

窓明は こんな感じで女性的だ 
さあ どこ登ろ????

d0347140_09213154.jpg
坪入山 

この山が何故?会津100名山に選ばれたのか
理由がわからんけど・・・


d0347140_17273313.jpg


昔々 三岩岳から縦走したときの窓明山と坪入山




d0347140_09234976.jpg

大中子山の取り付きは この橋の手前5m 
舟俣川右岸沿いに行って最初の右岸沢から登る

d0347140_09251675.jpg
小立岩 安越又川から三本山毛欅峠への取り付き 

この橋の奥を尾根伝いに! 
左に見えるピークよりも200m高いところに 三本山毛欅峠が在る
但し、右の沢沿いに行かないこと はなから尾根筋を維持すること

ここは歩きやすい 少し長いが傾斜は急じゃない
この登路を覚えておくと・・・便利だ 
途中、途中に キリツケも ナタメもある ゆうゆう三本山毛欅峠に導かれる
右 城郭朝日にも行けるし、左 坪入経由で朝日丸山にも行ける












[PR]
by tabilogue2 | 2016-10-25 22:47 | 会津・越後 | Trackback | Comments(2)

d0347140_20181900.jpg

間一髪(`・ω・´) もう少しで ヘッデン行動になるところだった
樋ノ沢を出たのが15:11 京渕沢を16:00に通過し 駐車場着が16:47


京渕沢を16時、まだ明るいうちに、予想通りのタイムで通過できて ホッとした
樋ノ沢小屋から駐車場までの谷あいを 1時間半で歩け通せたので、、、
まだ体力ありそうな感じがする 月2回、山に行ってるから そのお陰ですかね?
まあ そうはいっても 駐車場手前の杉林の中は真っ暗だった



d0347140_20212166.jpg


d0347140_10592236.jpg


裏磐司大岩壁の紅葉風景 ここでお茶を沸かすんですが
今日は 小走りで通過です

d0347140_20215123.jpg
雨滝も小走り通過です

d0347140_20183137.jpg
5合目付近 シロヤシオもいまいち

d0347140_11523231.jpg
6合目付近
d0347140_20184197.jpg
8合目の明るいブナ林
d0347140_11533616.jpg
9合目付近 山頂まであと300m
d0347140_07233201.jpg


弥吉ころばし ここで時間喰ってしまった
中高年パーティがゆっくり安全行動されていたので・・・つきあってきた
 
100mほどが 強ばるほどの急斜面ですからね
道々の話ついでに 「明るい話題」を振りまいて・・・

樋ノ沢避難小屋で「金縛り」に遭った話~
首のない白い細腕 背後からぐぐぅぅぅっと迫ってくる~
という お話ですぞ♪(´艸`)


「弥吉ころばし」・・・

こんな名の急斜面が大東岳には在るんですけど、
他の土地や山でも この「ころばし」という地名が在るんですね

福島県の白河から行くと 甲子温泉の通過の際に
「座頭ころばし」っていう名の地所があります。
盲目の按摩師を この「ころばし」で突き飛ばして
懐から小銭を巻き上げたんでしょうね。

とくに温泉地ではこの「ころばし」にぶつかります。
按摩さんという名、、、昔の呼び名が座頭とかイザリとか差別用語
それにしても 温泉地で稼いだ小銭を突き飛ばして捲き上げるだなんて
酷い話だ

弱い者いじめは 昔も今も変わらない 
最近は 年金もスライド制で5%も下げるって?
かつて物価に合わせてスライドさせ 今度は過去の平均所得に合わせてスライドさせ
次は何に合わせてスライドさせようってんだか・・・
自民党の考えることと言ったら・・・ったく 年寄りいじめ(怒)


先日行った越後にも、「瞽女落とし」ゴゼオトシという似たような地名があります。
だから 瞽女さんたちは身を護るため共同して暮らしていたようです。
男と交わらない 男ができたらその共同体から弾き出される
という戒律があったようです。
悪い男にだまされ手篭めにされた人も それで捨てられ極貧で 飢え死んだ方も
いたそうです。悲しい話です。

d0347140_07232099.jpg


d0347140_07232643.jpg

曇ってるので 紅葉は今一つ

d0347140_07231535.jpg


d0347140_07233884.jpg

大東岳のてっぺんは笹が茫々として 
道に覆いかぶさっている

d0347140_20202047.jpg


ヤバイ! 3時を回ってしまった。

これで 先ほどの中高年パーティはヘッデン行動確定だ
あれでは・・・小屋まで、もう30分かかるだろう。
結局 登山口着は6時半を回るな・・・? 真っ暗闇だぞ?

25年前にここを登った際、大行沢沿いの道がなんとも言えず、懐かしくこの裏コースを選んだ 
そう リーダーらしき人が言ってはいたが 強気な彼も既に70歳だ。
過去の栄華はとっくに「カビ」が生えていることを認識しないといけない
秋の裏コース、京渕沢を最悪5時に通過しないと 安全圏とは言えない。
秋の陽はつるべ落とし 体力もつるべ落としだ



課題

安全圏まで見届けるギリギリ というラインはどこ・・・なのだろうか? 
今回は「弥吉ころばし」の斜度が緩やかになるところまで つきあったが、、、
彼らのペースで、越えられるかどうかギリギリの「京渕沢までつきあう」のが正解だったんだろうか?
駐車場で6時まで1時間ほど待機したが、彼らは降りてこなかった 6時半を過ぎたのかも?
新聞沙汰にはなっていなかったので 無事に下山したんだろうけど・・・。




自己体力検定登山

さいち 9:12 
駐車場10:00
1合目10:27
2合目10:43
3合目11:13
4合目11:32
5合目11:42
6合目12:04
7合目12:21
8合目12:40
9合目12:54
山頂13:12~13:42
弥吉ころばし14:01
樋ノ沢避難小屋15:11
京渕沢16:00
雨滝16:18
駐車場16:47

昨年より登りで 45分短縮
これ以上はもう無理だべ(´艸`)


d0347140_09114157.jpg



[PR]
by tabilogue2 | 2016-10-18 20:49 | 二口山塊 | Trackback | Comments(4)

d0347140_18423836.jpg


この桑沼を眺めるたびに思い出すのは 1969年、
安保闘争まっ盛りの大学一年時、
学寮時代のカビの生えた思い出である

当時 授業もなくヒマなもんで 北泉から船形に登ろうと2年生から声をかけられ
酔った勢いもあって、二つ返事で縦走を掛けた

北泉あたりから雨に降られ 
縦走を諦めて桑沼に急坂を滑りながら降りたのだが
赤い腹を見せながら時々浮き上がってくるイモリたちを尻目に 
分岐で論議をかわしたw

桑沼から引き返し すごすご学寮に帰ったとしたら 
寮生全員から笑われる、恥だ! と、
男気で「意地でも左折して 沢渡方面へ」延々行進しよう となった 
なんせ恥辱は御免だ その頃は血気盛んだったからなぁ
70年安保の世代だったから・・・イマジンには理解できんだろ

伐採されたばかりの禿山の裾を越える学生さん4人パーティ 
今じゃぁ 考えらんない世界観だ(笑)
(あ、そうそう 船形近辺は当時から「皆伐」だったんだよな)


 
雨降る中 どでかいキスリングの1年生は私と矢沢の二人
2年生の安田先輩と柔道部の高木先輩は
アタックザックにナイロンの寝袋だけ 

まあなんと 6時間も歩いて特に苦痛もなく 
休みもなく淡々と歩くと エンドルフィンの効果か?
体の痛みとか 足の筋肉痛とか・・・一切忘れてゆく


沢渡の郵便局についたのだが 
腹減って泣いたぁ 
バス停のある店でアンパン買ってパクついた



あほ丸出しな青春時代w 山を覚えたての 
煮ても焼いても食えん 塩味たっぷりの思い出だ(´艸`)


d0347140_18431518.jpg

10月15日
泉ヶ岳登山 水神から桑沼展望台往復




朝寝坊してしまって・・・、
どこにも行けそうもなかったので
「困った時の泉ヶ岳」に登ろうと
遅くなったがでかけてきた

市内鶴ケ谷から45分ほど、、、
10:00 泉ヶ岳の駐車場はあまり混んでなかった 

愛車のちっちゃなミニ・クーパーは 
すんなりグリッドにおさまった

画になる まずまず(笑)
 

d0347140_18432139.jpg


どこも今年の紅葉は見栄えがしないと
そんな諦めムードでもあったのかどうか?わからないが、、、
駐車台数は半分もない


体調よく せっかく?すんなり? 北泉ヶ岳にやって来たので 
裏側に出て 桑沼か? それとも 三峰の景色の見えるあたりか? 
どちらかに行こうと思ったが、、、
天気がイマイチだったので 
北泉ヶ岳の奥・・・今日は右へ 桑沼方面



紅葉はこちらも同じで良くない というか まるで無い
温かいうえに 落葉が多く目立ち 不作である

いつものシロヤシオのトンネルも緑のまま
他の木々も紅く染まらずに このまま枯れるかも



d0347140_18430434.jpg
こんな感じ・・・
d0347140_18440378.jpg
クロベの樹皮が 活きいき見えたのは気のせいか?
d0347140_18435749.jpg
大島紬?かどうか知らないけど 着物の柄に見えるクロベ
d0347140_18434446.jpg

シロヤシオ、クロベの林を抜ければ・・・
桑沼の展望台に着く 
視界のほとんどの木々は 標高も低いのだが まだ紅く染まっていない


d0347140_18533948.jpg




d0347140_18424941.jpg
今日の帰り、北泉のミズナラシナノキの大木を拝んで来た


そういえば・・・ 
膝の痛みは消えたかな? 
大丈夫だったろうか?
芋煮会歩けたかな?
階段が気になるね~

お~い!元気してるかい? 

d0347140_18431015.jpg

[PR]
by tabilogue2 | 2016-10-15 19:00 | 船形連峰 | Trackback | Comments(0)

冬季装備の点検

d0347140_07072502.jpg


富士山に雪が降った、、、そういうわけで 今年も 冬山装備点検の日がやってきた
冬を迎えるための「道具の点検」、動き、錆び、折れ、切れ、、、などをチェック
山に行けず、、、ヒマつぶしだw

●スノーバーの「抜け防止策」=「山スキー用のシールを貼り付ける」は
一昨年 富山県警山岳警備隊の情報で知っていたので、早速対策してみた

昨シーズン 実際に試してみて アンカーとして「抜けにくい、効果がある」と解ったので・・・、
今年は 接着ボンドでキッチリ、シールをバーに貼り付ける補修を行った
画像のスノーバーだが、紫のシールが見て取れるだろうか? 裏表に4枚貼ってある
昨冬、たったこれだけのシールで 非常に抜けにくくなったことを確かめた

作業手順としては 
旧いシールを適当な長さと幅で切り取り 突き刺す方向の端をテーパー加工する
シール裏面のグルー(糊)をアイロンで溶かし 新聞紙に吸着させて除去する
スノーバー面とシール裏、共にボンドを塗って 10分間放置する
シールの上下方向性を逆さまにしないように 注意して貼り付ける

●小間物、、、ショイナードや、ブラックダイヤモンドの旧いカラビナ
ワイルドカントリーのロープマン、ペツルのユマール、捨て縄、スリングの全てとゴアツェルトを点検した
ショイナードのビナに 1枚だけゲートのオカシイ?ヤツがあったが それ以外はOKだった
波ハーケンを2枚追加した 捨て縄も3本補充した

●昨年の反省から 12本爪アイゼンを追加し 縦走用10本爪と区分けした
アンチスノープレートは「ゴム製」を選んだ。プラスチック製は氷塊で滑るし、雪がつきやすいからだ。
重要なことだが、氷結の尾根や斜面に 縦走用の10本爪では対応できない点があったためだった。
昨冬、10本爪は母指球部分にツァッケがないことで 氷塊を踏んで思わぬスリップを起こした。

●さすがに30年振り(´艸`)の見すぼらしいトロールのシットハーネス(冬季用)を 廃棄した 
エーデルリッドの縦走用「ワスカラン240g」、登攀用「リーフ290g」を新調した
最近のモノは嘘みたいな軽さでビックリ! 来年は岩場で基本的な技量を点検するつもり。

今まで 夏場の沢はスワミベルト1本で賄ってきたのだが・・・
沢を再開してみて さすがにスリングでレッグループを作って対処するのは 
いかがなものだろうか?と 同行諸氏の目を憚る(はばかる)ようになってきた(´艸`)  

●数年来、買い替えをサボっていた8mmロープを 2年遅れで 新調した(旧いロープは捨て縄に)
ロープは消耗品。まして「沢で使用したとすれば 砂の粒子が入り込んでる」
5年で定期的に取り換えること・・・ そんな目安が むかし、山岳会「内規」にあったっけな。。。

●経年劣化で自然破壊したプラブーツを買い替えようと思う 雪山で指先が冷えることもなくなる

まあ こんなところだろうか? これで 安心して冬季の栗子に行ける( `ー´)ノ



d0347140_16380867.jpg
昨冬の雪稜登攀道具





[PR]
by tabilogue2 | 2016-09-26 07:07 | Trackback | Comments(0)

d0347140_20211245.jpg




朝の9時半に須川温泉を出た ちょうど2時間で笊森避難小屋
だいぶゆっくりと歩いたものだ が、今日は重い革靴での歩行訓練を兼ねていた
30歳のときに買い替えたドロミテ製の手縫いの登山靴(重さは左右併せて3kg)

重い登山靴は靴底が硬い それゆえ
足首を曲げて、蹴って歩く、という普通にやっている「歩く動作」ができない
必然的に、「太もも」を上げて下ろしての繰り返しで歩みを進めることになる
普段使っていない 冬山でしか使わない筋肉を使うので 筋肉痛になるのは必至だが
でも、この訓練を始めておけば 深雪ラッセル時に 充分な効果を発揮する




d0347140_21255159.jpg

d0347140_20493874.jpg




小屋の周りの草原は 秋色になっていた

小屋で昼を迎え まずはビールの小缶、、、腹に収まったところで
湯を沸かし、カップヌードルに注いで、オニギリと漬物とでお昼とした
漬物はこの時のために3日前から漬けておいた 自家製は旨いのだ

下草刈りのおじさんたちがやって来て お弁当を一緒に、楽しみを同伴する
「須川の自然を考える会」のお二人だったが 1時間も四方山話に花を咲かせる

昼を終え小屋を出たのが12時半、栗駒山頂へは1時半を回った頃にようやく
帰路は須川コースをとった、須川温泉駐車場には3時半についた
すでに大腿筋はパンパンで 足の甲にも少し痛みが出た

一年ぶりの重登山靴で 少し悲鳴をあげたかな? (´艸`)
心地良い 秋迎え山行となった


d0347140_20202770.jpg

彼らとの四方山話・・・
話の流れで古道の話になり 秋田院内銀山と藤原氏の関係から始まって
安倍一族の支配地域は横手金沢の柵 盛岡の厨川 南は北関東まで
広大な地域を支配していた地方豪族だった というよな話であったが、
その後 藤原氏の時代に秋田銀山との往来に使われていただろう、この栗駒の真湯コース
祭畤マツルベに抜け 厳美に下った・・・ なんて話を一くさり聞いていた
時代年号が ぐちゃっと一緒くたになってはいたがw 面白く聞いていた

彼らは一関市の委託で小屋から真湯までのコースで草を刈っていた。
このコースも岩手宮城内陸地震で地崩れし、今現在も通り抜けできていない
今回、この真湯コースを新規に補修し来年以降に整備されるとのこと


d0347140_08101801.jpg
笊森を正面に赤い屋根の避難小屋が見える
ここが産女川の源頭になる

d0347140_20143105.jpg
小屋の北側に回って 端山(真湯)コースから山頂を眺める・・・


笊森といえば産女川(ウブスメガワ) 産女といえば美渓といわれてきたが
内陸地震で 崩れたスラブ壁が滑床を埋めてからは、、、行けていない

25年前、仙台に戻って当会に入会した頃 
会山行は「栗駒特集」だった

その頃、産女川には見張りの人たちがいて ピケをはって立入が禁止された 
ブナの森への立ち入りも 産女川入渓も遡行もままならなかったのである
特に産女橋のところで 渓流釣りの人は入渓を完全に拒まれたりしていた
「ブナの森を守る」=「立入禁止」、、、
その極論的考え方が「須川の自然を考える会」の前身だったように思っている
当時 地元の見張りの方に止められ、入渓時に口論となった当会々員も出たほど


”森に親しんでこそ森を守る意味を実感する” 

というのが我らの主張だったが
岩手側の「保護運動」には権益が絡んでいるのでは?
と訝るほど一も二もなく立入禁止!

今でこそ普通に自然保護という言葉や活動自体が 日本に広く認知されているが
自然保護運動の初期段階においては、運動そのものの「歪み」は各地にあった 
白神山地もそれに含められるが、産女川入渓問題にもそんな時代背景を感じた


d0347140_21252136.jpg
山頂手前から笊森までの斜面を振り返る 
もうすぐ 真っ赤に染まる



当時、25年ほど以前、同時並行的に市民運動は全国で盛り上がりを見せ 
資本の投入による自然破壊 国家絡みのダム建設問題 大規模ブナ林伐採
などに反対し 全国で自然保護運動が深化し浸透した時代背景がある

「立木トラスト運動」は仙台市蕃山の造成工事を止めさせ、
「船形山ブナの森保護運動」も広く支持され始めた
だが そうはいっても、栗駒山では「権益」が絡む?異質な土壌を感じ取っていた

産女川の入渓問題にあるように 岩手側は同じ運動でも「裏」があると思われた
考えてみれば「小沢帝国」の影でもあったのか? 当時、石淵ダム建設は表に出ていなかったが。
昔の旧石淵ダムの右岸近くに 小さな石淵温泉があった時代の古い話だ 

そうやって 僕らの若いころは自然に親しんだ 
そのかたわら自然保護運動にも参加した
バランスの取れた山岳会活動をしていた 
「山は総体だ」という考えが基本にあったから。

山を消費の対象とし、ワハハ、オホホと親しむ今の世とは 
山への向かい方が違っていた ま、昔は何事にも「ひた向き」だったのだ

栗駒の宮城側、大地森の「クロベの森」保護運動は当会の佐野さんが「保護の確約」まで奔走した 
今でこそ 皆さんは山スキーで「1000年クロベ」を訪ねておられると思うが・・・ 
そこには 自然を護るという潮流があったからこそ 楽しめている今現在があるわけ。。。

当時、栗駒耕英地区の養魚場の数又さんらは 我らの活動を理解もし支持もしてくれていた



d0347140_22092306.jpg

一関市ではこの笊森避難小屋に泊まる際には申請をしてほしいような旨を
述べてるらしいが・・・避難小屋の性格上 それはできない相談だと思う

それから・・・話のおしまいに 小屋の委託管理人が今年お亡くなりになり 
これの小屋終いも 「須川の自然を考える会」がすることになった とこぼしていた。


d0347140_21315174.jpg
山頂から宮城の栗駒山麓を見下ろす



以下に、「紅葉狩り」にむけた笊森(ザルモリ)コースの道案内をする・・・

須川温泉から登り名残ヶ原を過ぎ 左手にゼッタ沢が見えてくると笊森分岐(苔花台)
d0347140_20203867.jpg
ここが笊森分岐(苔花台)・・・右へ須川コース 左へ笊森コース
標識通りに左へ折れ ゼッタ沢を渡渉する
d0347140_20360778.jpg
次は、水量の多い「三途の川」をわたる

d0347140_23020002.jpg
産沼ウブヌマにつく
ここから僅かで笊森避難小屋分岐となる
d0347140_20203254.jpg

ここが産沼分岐
栗駒山頂を目指すなら ここを直進する笊森コース なだらかだ
笊森避難小屋へ向かうなら左折する 道なりに900mほど
途中に 泥地が2箇所ほどある

d0347140_20372242.jpg
途中、磐井川源流の水場あり 
小屋で食事を作るならこの水場で汲んでゆく

d0347140_20112633.jpg
チョウジギク
産沼分岐から500m、藪化した東栗駒山への沢道を右に見る
笊森避難小屋へはこの沢を横切り東進する 

d0347140_20425908.jpg
産女川源頭部

笊森避難小屋付近の刈り払い 藪に隠れた道形を起こしている
道は笊森に向かうが、稜線まで上がらず笊森の右肩、産女川左岸を辿る
桂沢までは6kmほど


今夏の台風のせいで 道々ぐちゃぐちゃの箇所もあったが、、、
須川コースと違って 笊森コースは段差や岩ゴロが少なくて歩きやすい。

次回は・・・
 秣岳から登って栗駒山を経由し笊森避難小屋に泊まって翌日下山する
ちょうどよいコースと宿泊が得られる オススメである

d0347140_20113040.jpg

d0347140_21262873.jpg

d0347140_20112289.jpg

色付いた名残ヶ原




[PR]
by tabilogue2 | 2016-09-17 20:46 | 栗駒山 | Trackback | Comments(2)