d0347140_15060600.jpg




今週は いよいよ今季1回目の冬山訓練です。いいもんですw 皆さん適度な緊張感があって ピリッとしてる。

計画書作成も訓練の一部で、「各自作成」途中に、、、装備も点検したでしょうし、追加補充もしたことでしょう。
また 予定ルートで「起こりうる事態」や「危険箇所予測」も ほぼほぼw 事前予測 対策検討できたことでしょう。

登る前に コースを読図して、、、どの箇所に どんな工作をして 安全に通過するか、、、? エスケープは?
「冬山」そのものの「予測」ができているようです。つまりは、「机上での下見」が今回の目的の一つです。
もちろん実際には真白の世界ですから パニクらないための 前準備 覚悟をする と言ったところでしょうか。

12月にも同じコースを使います。 其の際には50cm以上の積雪が在るはずです。アプローチはワカンかも?
我々「冬山の初心者パーティ」が現実に冬山に挑むには…「何度も通って訓練山域とコースに慣れる」ことが基本動作。
厳しい冬山の目標が我々の目の高さ迄に降りてくる、、、その日まで、同じ山で、「習熟」のサークルをグルグル回す!
これが初心者にとって自信がつく、冬山の重要な手順となります。「反復」です。

「最終目標」は・・・「厳冬期」に同一山域の「某コース?」を3本ほど テント泊しながら「踏破する」こと。
来シーズンになるか 今シーズンにチャレンジできるか それは誰にもわかりません。いづれ2泊3日の大仕事でしょう。
春彼岸までに ロープのビレイ技術を使い安全確保しつつ 3本ほどの冬季未踏ルートをこなそうと思っています。

彼岸以降は ベースを後白髭山に変える予定です。ルート読み ピッケル&アイゼンでの登攀・下降 ピッケル制動
仕上げは雪洞を掘って、セリ鍋つくって…雪洞生活技術を学んでもらおうと思っています。

最後、仕上げに5月連休、南会津遠征で「春山縦走」を楽しもうと思っております。夏の沢登りの下見を兼ねますが、、、♬






d0347140_10574778.jpg







[PR]
# by tabilogue2 | 2018-11-21 15:17 | 面白山 | Trackback | Comments(0)