「てっぺん駈けた記」に思う(前)

d0347140_07473756.jpg





「てっぺん駈けた記」著者:深野稔生(白山書房)・・・
直近の10年、山岳会会長を辞した後の著者「山行記」。「臥月眠雲」ga getu min un(つきにふし くもにねむる)仙人のごとく昼夜を継いで歩き、深山を一日で駆け抜ける修行僧ならぬ単独行やスキーによる山岳滑降の記録のような本だと彼は言っている。こういう自由なスタイルの山行が、高齢となるにつれ、深野さんはしたかったのだろう、、、と本音のようなものを探ってみた。会長という職責に普段は縛られていたんだろうなぁ、と普通人は慮るだろうが じつはそれは、まだ彼の「表向きの顔」のテリトリー内だ。本の内容はマチコミ誌「りらく」に寄稿していたものがほとんどで軽いタッチでまとめられていた。この本のために新たに書き下ろした記事は特にはなかったように思う。強いて付記されたのは 最初に付け足されている七峰の項。彼の生い立ち、、、不遇な親子関係が垣間見れる。それが彼の自己愛に通ずる人生の基盤となったものか、独り善がりな人間性に翳を落とす因子にもなっているようだ。それと 第6章の 今後の山との関わり方 ぐらいだろうか? 他は 深野稔生「自慢話」である。 井の中の蛙で、旧い文体で書かれても 面白いと触手を動かす御仁は滅多にいないだろう。

YMCA山岳会在籍だったころ・・・
「山スキーに有効なジャンプターンを教えてくれ!」と彼にせがまれたことがあった。「ヒネリのタメを作らなきゃジャンプターンは早々にできませんよ」とだけ伝えたが、どだい一、二度教えたとして 内倒する癖は直らんだろうし、逆に山スキーではそれを是とする場合(フレンチメソッド)もあって 欠点として矯正すべきものでもないだろうし。ただ、内倒をカバーするために「内足がシュテムする」悪癖が直らないことには けっして外足に乗り込むことができないだろうし、つまりは「タメ」ができない。そればかりか私が教える総てが意味をなさない。最近滑りを見ていないが、おそらく今でも彼にはその癖が遺っているんじゃなかろうか。我流スキーヤーが数十年やり通してきた形を他者である私が手を加えたとして 即席じゃどうしょうもない。ただ、「諦めてください」と無下には言えなかっただけだ(笑)

在籍中、彼が若かりし頃に何故山岳会に入会したのか?という動機を知らずにいた。それと今の今、何故に一人単独で山と対峙するようになったのか?という最近の単独登山の動機が新たに記されていたので興味を惹いた。読後、前者は淡い郷愁とともに一風殺伐とした家族関係を匂わせたし、後者は内容的に「そんなの!」が動機なのか?利己主義の典型みたいな事由ではあった。まあ、早暁に山野を単独跋渉するなどは常人に真似のできる山行内容ではないので特に惹かれるものではない。・・・と、こういってしまえば新刊に託した彼の美意識は身も蓋もないか(笑)一言でいえば、深野稔生であるならば「さもありなん」というところであろうか。いやいや?、エゴイスト中高年ら未組織登山者たちのヒーローにでもなるおつもりか? ( `ー´)ノ とでもしておこう・・・。

この本を評して・・・
”「利己主義」の深野さんが書いた「自己愛の塊」のような山行記である” と評すれば、それは言い過ぎだろうか? いや、外れてもいないだろうよ( ´艸`) そしてそれこそが彼の裏の顔であり、真の姿なのである。



気になったのは・・・山岳会員の船形・花染山での遭難死の件がほんのチョット記されたこと。それへの少しばかりの事実が無感情で書かれていた。じつは・・・山岳会として存立にかかわる重要な問題を含んでおり、こともなげに既成事実化されても困るし、「事件の風化」をさせないためにもそして除名処分された元運営委員長の名誉を守るためにも少し自分なりに記しておきたい。

事件の内容について述べれば・・・
当時、会は冬合宿中で本体は八幡平だった。ところが秋に入会したての新入会員、教職のAが計画書のない無届登山をし、遭難死してしまった。これがこの後に記すドロドロ事件の発端だった。これに対し、こともあろうに会長たるものがブレーキ役を果たさず、一部会員と一緒になって事実を曲げ、遭難保険申請を決済させてしまったという重要な過失を含んだのである。

それまで会活動の一切をしてこなかった損害保険屋の丸◯某が「便宜」を図り、YMCA山岳会創立以来半世紀という歴史、栄えある名誉をおとしめる大破廉恥=「保険金詐取・背任事件」を起こしてしまったのである。30年近く当会に貢献した運営委員長のたった一人の「反対」があり、上手くやろうとした会長一派との間に軋轢が起きた。結果として①「事実」を押しやって、②一人反対した運営委員長をクビにして、③遭難保険金を詐取し遺族に不正な保険金を渡してしまった。会においては無届山行はずうっと禁止されており、特に会山行時の個人山行は許可無しではできない。それは保険の制約条件にもなっている。

その後、「この間の事実を述べる義務あり!」と運営委員長が日本山岳協会共済会に不正を直訴したのだから、さあ大変! 火消しに躍起となりさらに嘘を嘘で塗り固める。④彼らは事前に謀議し、総会にて引◯某による動議発議を行い、⑤強権的に運営委員長を「会の名誉を傷つけ会を貶めた」と作為的な事由で処分してしまった。まるでファッショではないか?⑥さらに運営委員長の為した会活動30年の在籍歴をないがしろにする除名処分で葬り去った。こんなことが有っていいのか! 

なにが臥月眠雲なのだろう?誰が仙人だというのだろうか?何をもって道元禅僧の引用を為したのか?俗界を離れた 神仙の境地・・・だと? ヘソで茶が沸くとはこのこと、深野稔生氏にとっての知性とは嘘の上に成り立つ「悪知恵」のことらしい。

あれほど山に対して真摯に向かっていた運営委員長は山から遠ざかり、今は自ら忘れ去ろうと音楽活動に挑戦しているが、、、当の御大は知的生産物の発刊と名誉づくりにぬくぬくと勤しんでいる。片や山岳会員としての名誉を奪われ山さえ忘れようと苦しんでいる男がいるにもかかわらず、此方は臥月眠雲の仙人気どり・・・?おかしいではないか? 

真実が公然化しゆくゆく正体が暴かれる日も来るだろう・・・その際には眠雲ではなく、一派ともども社会的に雲散となるかもしれない。 なかなか面白そうじゃないか。 (後半に続く)

あとで知ったことだが… 総会で緊急動議を発した引◯某はYMCA山岳会をさんざんかき回しておきながら 今は某労山山岳会に二股入会して爺さん婆さん会員を連れ歩いているそうだ。 運営委員長が除名になったという当会始まって以来の大混乱を画策しておきながら、一転、他会に入会し、新境地で「大活躍」しているというではないか?破廉恥そのもの・・・どういう了見か? 根幹から「会」を愛せもせずに…何をか言わんやである。冷静に物事の道理を見極めれば「無届け山行を禁じ 組織集中を案じてきた運営委員会の任務」とは一体何だったのだろう。お二人には教えてほしいものだ。



ブレスする彼の表情を見たら・・・深野さんはなんと思うだろうか? 尋ねてみたい。












[PR]
Commented at 2016-03-21 21:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabilogue2 at 2016-03-22 11:53
まあ 好きなことをやってるわけだから・・・ 誰でもおおかた利己主義なんだが
それでも他と上手くやれるというのは その人の気づかいだったり 人間性だったりするわけ。
文中にも 人につく 人から離れる について 上手い表現していたけど・・・
それは深野さんの尺度なんであって 周囲から見れば彼の勝手な尺度なんだね・・・。

震災の時にいち早く運動を興した会員と 遠巻きな会員と ちょっとだけ罪滅ぼしの人間と
今でもボランティアに出ている人間と・・・会員もいろいろいるわけだが 
深野さんの場合は 常に自分があって 常に自分を大事にしてきた人間だから
他のために どうこう動けるようなタイプじゃないんだな。
山岳会はそういう点で利己主義な人が多いんだね。残念だが 
飛びぬけていいヤツってのは 普段 なんでもない 凡庸な人間に多いんじゃないかな?
by tabilogue2 | 2016-03-21 18:13 | mount | Comments(2)