山小屋にこもって・・・⑥

d0347140_20580310.jpg
チングルマ



問題は 今後 これからです

平和憲法を変える「必要性」が一体どこに?「アリ」なんでしょうかね?
「押しつけられた憲法だから」?、ムードや雰囲気で「なんとなく無防備は不安だから」?
そうではなくて、、、
国防・軍備の問題だけで憲法を論ずることは危険だ、と結論を先に述べておこうかな

北朝鮮がドンっと一発やれば? 中国が領海を犯すたび?・・・国防論者が雀躍する
これじゃ もはや憲法論議とは言わない 旭日旗を掲げた右翼と同レベルのガス抜きだ 
争点を世論誘導されずに、先ずは「純粋に日本国憲法を知る」べきです

第二章「戦争の放棄」と 第一章「天皇」の関係、天皇が日本国の象徴とされる歴史的意味は?とか
第三章「基本的人権」とは具体的に何が人権として保障されているの? それは何故なの?とか
第十章の憲法が日本の「最高法規」であるとした定義づけについては「立憲主義の基本」となるもので
より深く知り、再度学び、これらを理解すべきで 無知を無知のままやり過ごすのが一番よくない
一人一人がネットや本で、憲法で護られた「平和な国家像」を条文から学ぶべきです
 
武器には武器をもって制す・・・ これはもう20世紀風な 旧い考え方で 野蛮そのものです 
人を殺せば憎しみを生むだけ、ISISの自爆テロとなんら変わりがないです
そんな考えで日本の国防を模索するのは たいへんに危険です
小学生の孫たちに聞いてもわかる・・・「戦争はイケナイんだよ」と。 

 平和憲法9条改正をひた隠しにし、争点を避け選挙戦を戦わざるを得なかったのが 自民党の実態でした
つまり、「仮想敵国前提」の国防論議では 改憲の大義は成立しないことを彼らは知っているわけです
であればこそ、私たち市民は基本にかえって 憲法立憲の精神に触れておくことはとても意義深い事 
憲法9条「戦争の放棄」を謳った真の「平和な国の姿」を頭に描くことこそ とても大事です

過去の歴史を学ぶ すると平和憲法の条文一字一句が生まれ出たその背景が解ってくる
なぜ太平洋戦争に突入したのか その時 軍部は政治をどのように操ってきたのか 
軍部は天皇はどのように担ぎ出したのか? もちっと知ろう、調べよう と問題意識が芽生えます


世界唯一の戦争被爆国、その日本が「核の傘」によって護られる?・・・って どういうこと?
一方で ノーモア ヒロシマ・ナガサキって主張しておきながら、他方で 核の傘は必要悪だって???
おかしくないか? どう考えたって説明つかない矛盾、8月15日は式典で終わりか? おかしいじゃないか? 
世論操作を仕掛け 日本史、歴史教科書を偏向編集してきた、不気味な公安の国家戦略が窺える

兵役義務 徴兵制は考えていない、でも「経済的徴兵制」はある! それはあくまで「志願」だから 
・・・って昨年、言ってたアレね 
貧乏人は軍隊に入れ! 自衛隊に入れば奨学金は返還無用だから って問題発言だった
その一方「武器には武器を」「どうせ戦うのは軍隊なんだし」・・・老齢層と若齢層とに安易な考えが蔓延してる
これじゃ・・・いつまでたっても戦争禍から脱け出せない 平和的外交なぞ空論になる 



原発再稼働も 福祉切り捨ても 防衛軍備も・・・問題山積み
21世紀に生きる孫子たちへ 少なくとも「禍の源、禍根」を遺してはならないと思う 
あらためて・・・中高年なオヤジたちよ
「平和憲法下での国家像」をイロハのイから考えてみようじゃないか で現在、何が欠如しているかを知ろう

そのために オヤジたちよ もっと政治に関わって生きようよ 「ヤマレコ」ばっかり見てないでさ(笑)
今以上 ポリティカルな生き方をしようよ 生涯、憲法を学習し いまの政治に関心を持とうよ( `ー´)ノ
76歳 ガン手術4回の鳥越さんを すこしは見倣え! ってなもんで

もっと考えようぜ!・・・これだけは 譲れない。





d0347140_21492631.jpg

トラックバックURL : https://tabilogue2.exblog.jp/tb/23291958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabilogue2 | 2016-07-13 07:49 | 朝日連峰 | Trackback | Comments(0)