人気ブログランキング |

三岩岳  広葉樹から針葉樹へ繋ぐ

d0347140_09303569.jpg


小豆温泉のスノーシェッドの上を歩いて 
黒桧沢コースに入るのだが

数年前の豪雨でコースが荒れ
今は沢沿いのコースは閉鎖されている

ここ何年か 冬道で登っている



d0347140_09181880.jpg


無線中継アンテナ設備のある地点から細尾根になる

その尾根道には カラ松と姫小松の落葉が赤茶色に光り 落ちている
フカフカ道の始まりとなっている
松の脂もあってか?靴音は ススッ ススッ と しなやかさを感じさせる


d0347140_09180913.jpg


やがて 1000mあたりからは ブナの落葉に移り
靴音も ガサッ ゴソッ に変化する

時々 朴葉の大きな葉が
バサリ バサリ と落ちてきている


d0347140_09175998.jpg


1300mのブナ平から
1600mあたりまでかな? 

その尾根が すべてブナの樹林帯

風の通り道は枯れ葉が落ちていない
風が運んでしまうからだ

つまりここでは強風に遭いやすい ビバークしないこと
と言ってるようだ



d0347140_09565452.jpg


陽射しはあるけど とても寒い

続いたブナロードも この辺で終わる



d0347140_10020309.jpg


d0347140_09174148.jpg


1700mを超えると 
途端に
アオモリトドマツの樹景に変化する 

この様相、激変が堪らない 心を揺らすのだ

あれ程の ブナの木が
一本もない 潔いではないかw

この変化が 会津の山のおもしろさなのだ


d0347140_09175090.jpg


d0347140_09173417.jpg


針葉樹の中に 
ダケカンバが白い樹肌の奇形を晒している

その昔 

完成したばかりの三岩岳の小屋で
白露のクリスマスツリーを見たっけ



d0347140_11093418.jpg



三岩の小屋で 白秋の山を語りあう
 
夜は更け 月は高きにあり 透明な白で輝きをます 
小屋を囲むシラビソの木々を 白く照らしだす

シラビソの米つぶほどの葉先には 小さな雫が垂れ 
その一粒一粒の葉の 一滴一滴の雫を 月が透明な白で照らし出す
キラキラと幾千幾萬の葉先が 光の瞬きを繰り返す

とてつもなく大きい クリスマスツリーのようだ
闇に立つシラビソは 幻想のうちに薄衣を纏い 光を飾りとした

深く静かに魅入ると 突然 風が吹きあげた 
枝が揺れ 光の飾りが掃われて どぉっと「光」が降りかかってきた 

凄い 見惚れるばかりで 何もすることができなかった
この驚き、、、これが自然?茶飯事なのか? 
魅入る者に感動を宿らせ それに触れてしまった心を震わせる
 
その感動に 崩しかけた身のアンバランスを知る
都会ズレした身の そんな浸し方でもいいではないか 
オオシラビソの光のシャワー・・・、少し早いメリークリスマス

振り返ると 薪ストーブの灯りが 小屋の硝子から漏れだしている
その硝子のこちらとあちらとに 人間臭さの境界が見えた

仕事に追われ 山にも行けないと嘆いたS
忙しがり屋の彼も そんな硝子の内側の人間だった

賑わいの夏が終わり 山もそして仲間もそれぞれに迎える秋
山との関わりを 静かに見つめなおしている

山は思考の場でもある 
白秋の宵に 想いを・・・、じっくり 語り 伝えよう   

1994年 山行記録より




d0347140_09593719.jpg



d0347140_09172726.jpg


登山道の手の届く高さに 何本ものピンクテープ
5mおき?
無粋な人々の造作に憮然としてしまう

この高さに下げたとしても、、、無意味だろ?
雪に埋もれてしまうだけなんじゃないの?

もっと高いところに下げられたテープはないものかと
周囲を見渡し探すが 
風にゆれるテープはなかったようだ







トラックバックURL : https://tabilogue2.exblog.jp/tb/23578185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by andanteeno at 2016-10-27 21:34
1994年の山行記録・・とは言え、
そこに辿り着いた者にしか決して観ることのできない、
山の神様の素晴らしい贈り物・・・そんな印象の光景が目に浮かんできます^^
そして、
山を想えば人恋し、人を想わば山恋し・・・
遅きに失するも、未だに、こんな境地に憧れております ^^;
Commented by tabilogue2 at 2016-10-27 23:38
> andanteenoさん
そうでしたか・・・w 僕もあちこち泊まり歩きましたが シラビソやコメツガの森の
あのツーンと香るあたり一面の空気がとても好きです。その夜 月は煌々と照って 山肌が白く浮き出て
黒い木々に光が灯って その小さな光がプルプルと震えるさまが とても微細で感動的です。
光のシャワーに遭遇したのは 後にも先にもこれ一度でした。

遅きに失するといえば そうかもしれませんが 逆に考えて・・・
毎度 決まった山を登っているとなれば? 遅かったなんて全然思いませんよね?
その山しか知らない それでいさえすればいいんですから 加えて 毎度お馴染みの山なら 
他の人より知ってる事柄が多いし しかもリアルで 最新ネタだし 豊富であるからですよね。

冬山は経験が必要ですが その経験だって夏山から始まるわけですから・・・登ってください!w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabilogue2 | 2016-10-27 09:49 | 会津・越後 | Trackback | Comments(2)