あとは天候待ち 新川岳(にっかわだけ)

d0347140_15291818.jpg



ゆくゆく" Nikkawa BASE "を750m地点にあげて。。。
2泊目を1069m峰から1043m峰直下への「矢盡尾根 やつくしおね」に設ければ
「矢盡」にも立てそうだ…県境越えも、、、か?

問題は、厳冬期にやれるのか、ソロで? ということだが。。。
2泊3日の「叶わぬ?夢」を見る、、、か?
それこそ自分の山旅だから、自分さえ善ければすべてが好いはずw 

その意味では、北面白山から矢盡に向かうルートは…
僕にとって 「意義」が存立しない。
肝心なことは 登山道のある北面白からではない…ということ

登山道のない、誰からも歩かれることのない「矢盡尾根」を
北沢の最低基部から、林道を伝わず、
尾根筋に高度を順々に上げ、一連の行動を終える方が 
「いかにも”厳冬期”登山らしい」と確信している。

たった1000mの県境の山だが、この2泊を要するロングルートは
達成感や経験の深み、忍耐力などを 
踏破者にだけ 一味違う妙味で与えてくれるはず。

それに、一つの山に冬期ずうっと関わっていられるなんて
最高の幸せじゃないかな? 
いかにも、旧来の「山男」が求めた「山へのコダワリ」そのもの(´艸`)

とりあえず「矢盡尾根」まで「ソロで行こう」と思う。
ひとたび登れば…親近感からか?山域が違って見えてくることだろう。


他人と違う時って…? 同じ山で5年目を数えている…こんな時かも。
「叶わぬ夢?」と思しき山に 気を新たにして助走をはじめている。
5年目の実現目標を 今年5年目も 同じ山で立てている。
他人と違う時って…こんな時なのかもしれない。


初めから…自活登山を諦め 模索もせず 指を咥え…
他人任せで登る、パーティに組み込んで貰う、他力をあてにしないと夢が見れない
それが実現不可能ならば…その「夢」さえ諦めてしまう
世の、中高年男子よ こんな「呟くだけの人生」で終わっていいのか?
まだ 追いかける時間はあるんだ、、、
天候を読んで実行すれば? 何度目かには「ソロの思い」は叶うはずだ。


厳冬期から春山へと装備も軽くなった その分酒を多目に揚げよう
次回は ラム肉でも焼いてジンギスカン”義経焼き”にするか!
効率なんて糞食らえだ 「非効率」大いに結構!



[PR]
トラックバックURL : https://tabilogue2.exblog.jp/tb/26536076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HITOIKI at 2018-03-04 19:44 x
ご無沙汰しております。HITOIKIです。自分の身の回りもやっと落ち着いて来てなんとか真面目に山に向かいたいとの気持ちであります。「5年目の実現目標を 今年5年目も同じ山で立てている。他人と違う時って…こんな時なのかもしれない。」まさに今僕が悩んでいたことでした。繰り返すから違いがわかる。反復するから人と違う自分が見えてくる。習慣をどうとらえるか、そこに人生の落とし穴も楽しみもあるのでないかと、最近、思索していた所でモトキチさんのブログに出会えて感激しました。
 雪の番城山に再登頂できて、達成感に浸ってます。これからも、南蔵王山形ルートをさらに深めたいと思ってます。
Commented by tabilogue2 at 2018-03-05 18:04
> HITOIKIさん
こんばんわ 番城山の記事読みました。肩が張らずに書かれていたので 内面が良く見渡せました( ´艸`) 久しぶりに味わう達成感か…いいですねえ。自分なりの快挙ですね。昔から 登山って「ネット情報のない時代」は自分で登ってそこから先 またその先・・・と 自分のノートに記していったと同時に 体験も今日はここまで 次回はそこまで 三度目は泊まってみよう・・・と体験を記録しながら路程も徐々に遠く長く延長していったという経緯があります。僕の行ってる奥新川などはまさにソレですが。
 
残念ながら、今は、、、その先 三度目の先 泊まった夜の体験など、すべてネットで白日のもとに晒されます。個人の知る楽しみが いつのまにか 他人の歩いた道の検証にすり替わってしまって 出会う感動も味わえない時代になりました。 ガイドブックやヤマレコや写真集やブログなど 罪なものです。

その点 番城山などは ほぼUPされない藪山なので 独り占めしたい欲望が満たされ 充実感へと繋がるんでしょう。じつは、、、七ヶ宿から登れば 途中一泊するほどにロングな山なんです。次回 宮城側から偵察日帰りで3回ほど 路程を徐々に延ばしながら歩かれるといいと思います。お勧めです。
Commented by tabilogue2 at 2018-03-05 18:24
番城山を七ヶ宿から登る場合
滑津大滝に車を置いて 境沢から取り付くと思うのですが、、、
その際 徐々に尾根が広くなっていくので 赤布を小まめに打ちながら、、、
振り返ってみて 「赤布が見える位置」に注意し付けて登ってください。
Commented by HITOKI at 2018-03-05 21:43 x
赤布、承知しました。注意して登って来たいと思います。
by tabilogue2 | 2018-03-04 15:34 | 面白山 | Trackback | Comments(4)