新庄神室 槍ヶ先(1060m)

d0347140_21452439.jpg



まいど槍ヶ先に登るのは・・・ この「八森山の景観が好きだから…」に他ならない

ここから景色を眺めているだけで 満足してしまう自分がある というか 火打に向かったり 八森を循環したり 山に来たというのに?ジタバタするなんて…じつに勿体ない 初夏の風に じっと座っているだけで 心豊かに登山を終えることができるw 

山をピークで捉えない、どちらかというと 沢からも 里からも 歴史や暮らしからも 山を観るタイプなので…「テッペンやその通過」に拘ったことがない。その故か? 目を瞑っているだけで 縦走もラッセルも沢登りも縦横にできる(´艸`)

山の懐に入ることを実感できる、この峰に坐って眺めるだけで「済む」というのが 今の心境かな

登高欲を満たしてくれる「魔術」を持った山 それがこの槍ヶ先なのではないか? まっ、冬も、沢も、たっぷり登ってきたから言えるのだが。 タメがあるということかな? いや、たぶん… 自分の性にあった山がほぼ定まってきたから …ということなのだろう。

写真も同じで、春も秋も来る度に、同じ構図で撮影してる。だけど何度撮ってもアキの来ない「八森山の山襞」。意外にこんな風景にアキが来ることもない いや、かえって また見たいと毎年思う、、、これも自分の性に合う対象、構図、色彩が影響因子であり決定要素なんだろう。。。

アチコチ山、沢を登ってきたが すてきな山だと思う神室連峰の南部。。。たかだか1000mしかない山だけど・・・ 好きなんだねえ。


「山高きを以って貴しとせず 木あるを以って貴しとす」・・・こんな格言めいたことを つい口にしてしまうよな? いい山です。

そういえば、ヤマドリの母衣打ちの音(ドラミングのような羽音)が頻りとしていたけど、、、繁殖期なんだろうね。

d0347140_12050350.jpg

左手奥に 葉山を飾らせて

d0347140_21461366.jpg

右手奥に ガッシャンも…

d0347140_09040196.jpg

稜線の花はカタクリとイチゲが花期を終え シラネアオイとキジムシロとに旬が移っている

d0347140_21454501.jpg

火打岳のテッペンが重なる中先と大尺山1200m~1100mの連なり

次回は火打に登ろかな? 雪解けが早いから、中旬にはキヌガサソウも咲くなあ
田代山にも 吾妻にも 朝日にも 飯豊にも行きたいし… ああ忙しいw

大行沢、大滝沢、葛根田…、沢登は3回しか時間とれないね(*´ω`*)ゴメンネ 
中級程度は「イメトレ」して カバーしておいてくださいw

d0347140_21441564.jpg

ブナの梢の間から 大尺山

d0347140_21445863.jpg

田植え真っ盛り 最上盆地が見渡せる

d0347140_10342453.jpg

ムシカリの白い花

d0347140_10345582.jpg

イワガラミでしょうか? ツルアジサイでしょうか? どっち?

d0347140_10495794.jpg

FUJIFILM XE1

鳥海山 16:9の構図で 
真室川町の満水の稲田を「入江」に見立て 鳥海を仰ぐ

石蓋狩沢、明神沢、大沢川、三滝沢、小又川、、、丁の沢はほぼ登りつくした・・・
三滝山 水無大森 丁 萱森 観音森 大森山までを右手に

d0347140_09182079.jpg

PENTAX-Q
胎蔵 魚止森 弁慶などの出羽丘陵を左手に

d0347140_10334414.jpg

登山口のナナカマド

d0347140_10331444.jpg

登山口の苗代

親倉見(しんくらみ)登山口駐車場で出立の準備をしていると、かつて新倉見の住人だった方がバイクで来られて ご挨拶。昔の集団移転の話に至っては長話をしてしまった。40年前、親倉見は12軒ばかりの集落だったが、昭和48年と49年(1974年)に自治省の「集落整備事業補助金制度」により、大横川対岸の2軒とともに、7軒ずつ2年で14軒で町内大堀地区に集団移転した。で、今は農作業には軽トラで毎日 新倉見の田畑に通っている。「通勤農業」というらしい。

山間部のこちらで 米と炭焼きとで生計を立てるのは厳しい。豪雪・陸の孤島、三ちゃん農業、嫁飢饉、冬場は出稼ぎの村となって、集落維持が困難といわれる。この親倉見地区以外に集団移転となったのは赤倉温泉近くの山間部、作造原地区14軒と大森地区8軒。いずれも昭和期に開墾された地区で、林業の衰退で営林署勤務者の多かった大森地区はほとんど集団移転に賛成した。しかし、作造原地区は開墾に要した借金がいよいよ返済できそうという段になっての減反政策の追討ちとで「将来の展望が持てない 移転しても同様だ」とのことで今現在も4軒が移転せずに農業で頑張っていると聞く。(2014.06.23 のhttps://tabilogue.exblog.jp/20834020/記事 から引用)











[PR]
トラックバックURL : https://tabilogue2.exblog.jp/tb/26807054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barabara at 2018-05-21 19:53 x
3っつ目の写真、最高です。
主峰、神室山と小又山には申し訳ないけれど、登山者が少ない火打から八森にこそ、この山塊の素晴らしさ凝縮されていると思います。
Commented by tabilogue2 at 2018-05-21 21:29
> barabaraさん
お~ 私と同意見ですね、、、そうなんですよね。
地元には申し訳ないけれども、、、なんつうかもう少し
「主峰主義」から脱け出して戴いて 見直して欲しいですね。
あ、でも冬山は主峰がキリッと屹立感が絶対いいですけどね。
むかし 雪の主峰には だいぶ泣かされましたから。

槍ヶ先から眺める連峰南部、八森山の山襞 いいんですよねぇ。
by tabilogue2 | 2018-05-21 11:39 | 新庄神室 | Trackback | Comments(2)