d0347140_21023137.jpg


2015年の冬に「会津学」vol.1と vol.2を読み始めて 2018年今冬でvol.5まで読み続けたことになる。
vol.1~vol.4、今号のvol.5も 奥会津に棲む人々の暮らし向きを「聞き書き」を通じて「昭和時代の会津」として知るところになり 
それは大昔のことではなく、つい先ごろまでの「爺ちゃん婆ちゃんたちの暮らし」なのでとても興味深いものだった。

読み物だから難解な活字がつきまとう、奥会津の方言が入り、独特の因習があり理解に困る場合もあった。
まあそんな時には、ご迷惑様でも発行元に電話して 仕事の邪魔をしながら 具体的な意味合いを習ったり  
まあ色々と活字以外のことでも教えて頂き  理解してきたつもりである。

--------------------------------------------------------------------------------

個人的に「岐 マタ」については 一種の「辻 ツジ」ということであろう…という自説をもっていたが 
それが「檜枝岐」や「羽後岐古道」を考えてゆくうちに、「辻」という捉え方で良いことが徐にわかってきた。
この特集で赤坂憲雄先生もおっしゃっておられたが、、、海のものと山のものとが出会うところ 
物々交換のために近郷の人々が往来し、「市」が立てば「辻」ができ、人が集まれば「巷」(チ)マタができる。

例えば、、、「辻占い」という言葉がかつて生まれた。 では、何故、「辻」で占うのか???
それは「辻」に立って耳をすませば 死者たちの呟きが聞こえ 何かを教えてくれるから…といわれる。
では何故?「辻」に立つと死者、亡者、亡霊の呟きが聞こえてくるのだろうか? 
ふだん「死後の世界」なんて考えたことがない、、、ので 次々と疑問が湧き上がる。読者の皆さんもそうですよね?

今回は「マタ」について 赤坂先生の考えの一端をうかがい知る。
岐 又 股 亦 俣 胯・・・それが「ミチの岐」ミチノマタ=「巷」チマタ を意味するものであり、
「辻」でもあり、、、「巷」そのものは 霊を葬る場所、葬送の場所・・・でもあったと先生はおっしゃる。   

柳田国男の『遠野物語』に拠れば、
村の老人は還暦になると「デンデラ野」(姥捨ての地)に追いやられ そこで死を迎えるまで「老」を生きた
よその地方と違ってか? 農繁期には村に出て来て農作業を手伝いながら現世の「村」と行き来する
デンデラ野から野良に出かけることをハカダチといい、野良から帰ることをハカアガリという。
60を越えた年寄りたちは 生ける亡者か? 

「異界との重なり」にも共通して、村という「生」の地を挟むように、一方に「老」の地「デンデラ野」があり 
その反対側に「ダンノハナ」と呼ばれる共同墓地の「死」の地があって それらが村を挟んで対になっている。
つまり、「老」と「生」と「死」とが横並列に捉えられていた ということになる。

「楢山節考」のように、”七つの山を越えたところに荒涼とした姥捨ての地がある”とされた考えとは対象的で 
生きている者の営みが見えるところに「老」の地「デンデラ野」があった…と語られている。 
「老」の社会と「死」の世界とが、「生」の地である村の隣り(村外れ)に地形的に並列にデザインされていた。

つまり この世とあの世の「堺」を行き来するものたちの声が聞こえる場所 であったり、
この世とあの世の「境界」、魔物や病から村を守り 魔物を村から追い出す場所(境界)であったとされ
「境界」とは「異界」への入口でもあり、この世とあの世が重なり合う場所、そこが「巷」「辻」だと。

前述の「辻占い」の意味する疑問を「異界との重なり合い」という角度で捉えると 自ずと答えが出てくる。 
なんかとてつもなく「世界の果て」に旅するその門に立った境地で今特集を読んだ。
じつに不思議だった。いや、不思議な「死・老・生」という”終生の旅”だった。。 
境界を「線」で考えがちの今の自分であったが 昔の人はそれを「点」で考えていたようだ。

「軒下」という言葉があるが それは屋根が防いでくれる雨との「境」、ここにも意味が含められている。
家の中にも「扉」と「窓」の違いがあり、「扉」は異界へも行き来できる入口だが「窓」は外から入れぬ境界。 
ただ同じ境界でも「壁」とは違っていて、「窓」は内から眺められるという、つまり「異界」をである。
壁(境界)に開けられた異界を眺める穴」それが「窓」だということ。この考え方が面白かった。

つまりは「生」と「死」とが 「点」という境界であらゆる所で「異界」と通じていた。
家の「敷居」を踏まない、何故なら敷居は「境界」だから。。。あの世とこの世の重なる場所。。。
などなど 昔から言われる「暗示」「ことわざ」の意味を 「マタ」を通じて色々と教えて戴いた。
「マタ」について 日常的に言い伝えられ崇められてきた「異界」をわれわれ一般読者が考える切っ掛けになれば 
この話の続きはさらにおもしろく展開するはずだ。

--------------------------------------------------------------------------------

山形県小国町金目のマタギ猟の現状と今後のマタギ猟について 
現代マタギの「種の保存」と「乱獲」についての一考が興味深い。
昔からの熊皮の「抜荷」の背景考察。
江戸時代の文献にこそ載ってはいないが現存した「抜荷」を紐解くのが面白かった。

何度も何度も同じページを前や後ろに戻りながら理解を進めてゆくので じれったいのであるが 
五巻まで読んでくると いざ読むに当たっての「苦労、苦痛めいたもの」が薄らいでくるのは確かだ。
これからも 初刊に戻りながら何度も往復して 読み耽りたい冬の読み物になることだろう。






[PR]
by tabilogue2 | 2018-01-26 11:24 | 会津学 | Trackback | Comments(0)

安全祈願登拝 薬莱山

d0347140_00162366.jpg
山頂稜線、南峰に抜け出る!青空が見える!





「船形山のブナを守る会」
29年度最後の例会に参加してきた
 
「加美富士」、薬莱山だ。
薬師如来が祀られている山である。








薬莱山は 初めて登る山。

里山なので…、「とっておきの山」の部類に入れており 
70歳になったら…と 実現の頃合いを伺っていた。

そういう点では 今回の薬莱山初登山は貴重な意味合いを持つ。
今後の「里山登山」を占うには いい試金石となった。


d0347140_22002805.jpg



この山が 「ブナの会」新年登山に4年連続選定なされてきたのには 
なにか特別の訳でもあるのだろうか。

本日さすがにこの山に向かえば、裾野を大崎耕野に向けて大きく拡げ 
大きな山容を持ち上げる。。。
北隣り 宮崎地区から見上げるのが最も美しいと、、、 自分は思っているが。。。



アチコチの里山をたくさん観てはきているが 登ってみたいと欲する山はなく
そもそも宮城県で里山が大きいと思わせるほどのものは 何一つない。
しかしこの里山は 
全容は中新田町からずんずん近づくに連れ 視界からはみ出すほど。
なかなかのスケール感だった さすが「加美富士」と呼ばれるだけの山だ。

・・・というのがこの山の印象である。


d0347140_21253949.jpg
南峰へ向かう




泣く子も黙る…と言われるほどの県北古川の伝統ある山岳会、
「雪沓(ズンベ)山の会」と「古川どっぽ山の会」の旧メンバーさんたち
山で行き会った方々も「どっぽ」のメンバーさん5名、、、?
山を十二分に知り尽くした大人たちである。

雨でも、雪でも、嵐でも、、、経験に裏打ちされた人間のもつ安定感が感じられる。
共通の「匂い」めいたものがある…不動の落ち着き。


山に登っては、せっせとブログに写真をアップし余韻に浸る…「町場の老人」たちとは大違い。
失礼かもしれないが しかし まんざら言い過ぎでもないだろう。当たっているはずだ。

それにしても皆さんお若い 
若造小娘たちばかり30人ほどで 白い山頂付近は埋まった。

正月に一人も落ちこぼれなく登山できたことは
大いに喜びたいところである。

万年青年萬歳

d0347140_21261506.jpg
南峰から北峰を見る。今日のリーダー氏は「素手」に金剛棒、さすがに”産土の人”だ。



新年に 山に登る・・・

昔の人はどんな気持ちで 新年の山に向かったのだろう? 
けして山、自然を侮らず 自分の力量をその一歩に確かめ 
歩みを高まらせたに違いないのだが 、、、

信心深さという点で 現代人とはどれほどの違いがあるというのだろう?
祈るという点で 昔人との「差」など認められるんだろうか? 
それほど現代人も 厄介な世の中で暮らしているわけだから。。。


d0347140_10355198.jpg
”世界農業遺産”「大崎耕土」



さらに この山頂から眺める”世界農業遺産”「大崎耕土」の雄大さ 
登れば、眼下の広がりにすっかり感銘を受けることになるだろう。
それはそれは素晴らしい天然の耕野と居久根を配した散居村との調和だった。

じつは この感動を得るための登路であったということを
山頂に立って 眺めて しみじみ窺い知ることとなるのである。

d0347140_21272451.jpg
北峰山頂でランチ 北は西小野田から宮崎方面か?



 自分は不埒者なので
500mという標高を ハナから小馬鹿にしていたフシがあった。

今日の登りで700段という登拝路を持つこの山に 
大いなる畏敬の念を抱いて かえることになった。
”世界農業遺産”を眺め降ろす山・・・つまり、小バカにできない山ということ。
「初めての山」=「新発見の楽しみ」というのもある。

言い換えれば 次からの登山は「登る覚悟」もさらにグッと深まるというもの。
何事も侮ってかかってはイケナイということだろう。新年にあたり いい教訓を得た。
帰り足は北峰から派生する北東陵。標高点374を経てゲレンデ北部に下りた。
そこで反省会をする。 

モミジの枝に高貴な繭が一房 春の陽光に揺れていた。

d0347140_21275945.jpg
古代、この緑の繭を集め 「機織りもの」に献上したという



次回は2月4日の「世話人会」、、、これに私も招かれている。お餅が出るそうな
杵と臼とで餅搗きをするそうで 三本木の餅米で搗いた縁起物の振る舞い餅を味わい戴きたい(´艸`)

記念講演もあり、36年という会の歴史を史資料を通して学んでこようと思う
大和町のチバさんの「船形山探検」講演もあるというから 聞き洩らしができないか?

さて、30年度の計画について 希望する「観察コース」を出さねばならんが… 
ブナ林のきれいな所を県内から数ヶ所 それと 皆さんと花を楽しめるところを数ヶ所 
船形山山系を数ヶ所、、、など リストアップしなければいけない。

3月 南面白山ブナ二次林・かんじき踏破
 船形山系「御堂森」 もしくは荒雄岳
5月 ブナの巨木がある笹谷葡萄沢から雁戸山 
 伐採から逃れた大東岳 大行沢から北石橋  
7月 秋ノ宮温泉から神室山とキヌガサソウ群落 
 層雲峡の沢登り(大沢小屋まで)
9月 太さに度肝を抜かれる針生平の電柱ブナ
10月 船形山頂小屋薪荷揚げ
11月 冬枯れ山行 ハゲ禿の小鏑山か 大鏑山か?
正月 まだ わからない
 こんなところだろうか?


YMCA山岳会時代、「ブナを守る会」活動に参加していた。1991年前後の3年ほどのこと。
「中曽根リゾート法」が行き詰まりスキー場・リゾートの乱開発で山や村が荒れ バブルが消えトマム、シーガイヤが潰れ 
ついに97年、大きな赤字との引換えに「林野庁解体」が叫ばれ、古来の林野行政がトドメを刺され「死んだ」。

つまり「90年代」はバブル崩壊の国、国家が「日本国土の営林事業を放棄」した年代でもある。
それらの多くが「船形山のブナを守る会」の設立・活動・背景とに時期(乱開発から営林放棄まで)を合致させる。


d0347140_22013782.jpg
桜並木の登拝路 右手は薬莱山スキー場





昨年3月、初めて「ブナを守る会」の自然観察会に参加し その時の感想をしたためておいた。
「初心忘るべからず』の教訓を思い起こしながら 行事に参加してゆこうと思った次第で 
忘れる前にここに記し 思いを新たにもち 2年目も自然観察会に参加したいと思う。

-------------------------------------------------------------

今日は北泉ヶ岳山頂のランチタイムまでは風もなく日差しもあり 良い天気。
観察会(山行)は知的な説明が付加され「カルチャー教室」さながらのアカデミックな内容が盛られていた。
なかなか他では味わえない山の奥深さを「言葉として学べた」ことで有意義な一日だった。

ソロ山行の身にとって「観察会」という「人様の言葉が耳にできる」ほどありがたいことはない。
長年山に登ってはいても「山を知る、深く識る」という点で自分の登山スタイルはどうであったろうか?
という見返りの機会にもなった。

「山を識る目」を持つことが 山に関わる見方、見識を深め、豊かな味わいにしてくれる…こと、
それと社会問題にも参画する意志を養うことが 将来的に「社会的価値」として表出するはず。

30年前に”ブナを守る”という命題に取り組んだ先輩たちが居られたという事実、
今もこうして和やかに森の観察会を継続しておられるという事実とが 
30年経ても曇りのない「社会的価値」を具体的に表しているのである…ということも、、、
今日の観察会の感想として付け加えておこう。

つまりは「登山を私的な楽しみとして捉えている」うちは
”社会的にかかわっている人間” としてはまだまだ「稚拙の域を出ない」ということでもあるのかな。
つまり餓鬼なのである(´艸`)

「山が好きな人=登山行為が好きな人」と限定的に評価されてしまいがち。
そこを一歩飛び出るには 自然観察、歴史、草木、地質などの視点などにより
副次的な「生活にかかわる教養」を身につけることが大事で、
必要とあらば 「社会的行動の意志を伴う」ことも知らねばならないよ 
と「守る会」の先輩諸氏は語っておられるのだろう。



d0347140_23554216.jpg


[PR]
by tabilogue2 | 2018-01-21 21:31 | mount | Trackback | Comments(2)

d0347140_17424086.jpg


新年 明けまして おめでとうございます。
 本年も よろしくお願いいたします。 


今正月は年末から松が明けるまで家事に専念。「主夫業」というか「終活」、人生一度キリ!どっちが早く逝くかなんて誰にもわからない。 老いても「主夫」として自活する方向で!「 いつ逝くの? 今でしょ!」って?そんなのわからんw けど・・・準備だけはしとこぅ ( ´艸`) 先を見て、掃除・洗濯・炊事、なんでもこなし、「自活」をテーマに暮らし、山遊びもしよう、本も読もう。。。死に際に往生際が悪いのだけは「恥」と思って 今のうちにやれることはヤッて「老い」を生きよう。

健康なうちに「終活」ヤッておかないとネ (´艸`)  お陰さまで、正月にやってきた孫たちにはミートソースとカボチャ入りクリームシチューを作ってあげることができたし 娘たちには福島の味であるイカニンジンと田舎風味の白菜漬けを食卓に出し 福島の”ふるさと”の話題にもなった。被曝の話もしたし補償打ち切り問題もした。大事なことを娘や旦那さんたちに伝えていかないとね。立ち消えになっちゃう。

年越し蕎麦もオヤジの役目に定着、17年?になる。大根おろしを摺ってきざみ葱とワサビを用意し、茹で上げた蕎麦を冷水にガンガン晒して、水切りしたら一口大にくるくるっと捲いて大皿に盛る。くるくるくるっと大皿にたくさんの渦巻きを眺めながら蕎麦を戴くのが当家流。孫のウケがいい(´艸`)。蕎麦は大久製麺「さらしな蕎麦」と17年前の「月山正月合宿」食当で年越しそばを合宿メンバーに提供して以来ずうっとソレだ。仲間のウケが良かったのだ。

今年に限っては次女の縁戚から戴いた「七ツ森蕎麦」に変えた。芯粉で打ったきれいな蕎麦だった、タレもおいしいし、蕎麦湯もきれいに白濁した。でもよくよく考えてみると…家族が集まる年夜の晩ぐらいは「定石通り」「定番」「保守」でなくちゃいけなかったのかもなぁ(´艸`) 世の中あまりに変化し過ぎるから…、こういう団欒にこそ定番が一番、「安心」が味わえるのだと思う。
 
じつは・・・先日、七十の手習いって言うか?調理能力UPのため生まれて初めて”天ぷら”を揚げたノ(;´・ω・)あぁキンチョーした。ネットで粉の溶き方 冷水 溶きすぎない 具材の厚さ 油温 油とり紙 下味つけ などを学んで速攻で実技に挑んでみた。実際、、、野菜かき揚げの具材を天ぷら鍋に投入したら 揚げている最中に天ぷらの具材が勝手に散り散りになってしまった。で、四方八方に散ったニンジンとゴボウを集めて、それに溶いた玉ネギを乗っけて、集めて乗っけてまとめて、集めて乗っけてまとめて…を繰り返すハメにw、かき揚げならぬ「かき集め揚げ」になってしまったw どーしてこーなるの!?(。´・ω・)??? 台所の換気扇に向かい声を大にして叫びたかったぁ(´;ω;`)ナキ

クックパッドには何故?どうして?の答は書かれていない…てことは、これって「暗黙知」なんだろなぁ。 天ぷら用の「網お玉?」を使えば簡単らしい。でもまあ自分評価で1回目にしては上出来、あとは「経験知」を上げればいいと思ってみた(´艸`) ジコマン 

昨年から始めた「終活」で料理の下準備・下ごしらえが板についてきているからだと思うが、段取りなんかはパパッとできるようになった・・・それが料理が上手くいってる主因だと勝手に思っているが( `ー´)ノジガジサン。 粉を溶きすぎない 冷水で溶く 油温 具材の厚さ この4項目さえきちんとできれば油温180℃で揚げる上では何の問題もない ( ̄ー ̄) ホントカ? いつの日にか「終活料理」をネットに特集したいものだw「インスタ映え」を狙えるようになったらブログにアップしてやろw ”毎日おりょーり楽しんでるわー” とでもペイントで吹き出し…しよっと「終活いかが?」っともw。真実は常に「真逆」だ(´艸`)(キャラ弁はやり過ぎだと思うけどなぁ 本音)

家伝にしん昆布巻 家伝にしん山椒漬 人参シリシリ いかにんじん スライスニンジンのレモン和え キュウリ・玉ねぎ・大根クスクス各種サラダ&ソース各種 ジャガ芋ニョッキ・かぼちゃシチュー じゃがいも・挽肉・ベーコン炒め 肉野菜炒め レバニラ炒め なす・挽肉炒め 野菜カレー 甘塩鮭シチュー ビーフン・野菜炒め キャベツ回鍋肉 キャベツコールスロー(極細) せり鍋 タラ鍋 鍋各種 ポークジンジャー ハンバーグ ミートソース たらこスパ スープスパ各種 玉子焼き ベーコンエッグ 蕪漬け 白菜漬け キンピラゴボウ お出汁 味噌汁 吸い物 麸椀もの 魚の下処理(鰯・鯵の開き 鯖三枚おろし 鰈の五枚下ろし) 刺身各種 それに天ぷら・・・

昨年一年やり抜いた「終活」のお陰で(料理とは言い難いが)単品で30品は作れるようになった。山料理とラーメンの具、肉野菜炒めと焼ソバ・うどん、ミートソース…ぐらいしか作れなかった30歳の頃に比べたら雲泥の差、進化だ。「やろう!できる!」の合言葉通りとなった。これ以上は言わないwww にしても 女性というのは普通にこれらをチャッチャと料理しちゃってるわけだから大したもの。その腕を持ってして男の一人や二人を料理するのは、朝飯前・・・か?www

d0347140_13161727.jpg
  1. かぼちゃクリームシチューと海老入りニョッキ


-------------------------------------------------------------

さてと、、、ここから 今日の問題だ。耳が痛いだろうけど、ちょいと聞いとくれ。

●アマチュア趣味とプロ、、、自分を売り込むためにネットを利用しようとする。その為に交際範囲を広くし、カテゴリーも山や花に特化し自己アピールに余念がない。行きつく先…は「独立願望」「コラム執筆」「企画プロデュース」「物販営業」など…ネットで身を立てるという目論見。でも余りに見え過ぎてしまうとモヤっとする。周囲は「趣味の友」として親しくしていたわけだが、本人は次の人生目標に向かい「今」を踏台にしてサッと飛び立つ。「趣味の相関図」を「商いの相関図」へと塗り替え新たな人脈を構築しようと明日へステップする。もう「趣味」という護符はつかえない。

●仮想社会の眩みに陥る、、、社会生活をある程度犠牲にしないと趣味は成就しないもの…、ただ、ソレのために仕事や家庭を放棄もしくは蓋をし、「できる自分」で居たがるのも困ったもの。実生活から乖離したネット社会で「理想的な暮らしの中にいる」「趣味を満喫する」「チャレンジする」姿をアピールしたがる。しかし読者側にすれば「真実は正反対に潜むもの」と達観する。だが、そうであっても今日も虚構を盛ろうとする・・・裏側の透かし彫りがさらに深まる。

●中高年の”パターン化”、、、2003年に”ホームページ”を始めてから15年。車趣味の集まり「泉ヶ岳ミーティング」HTML形式ホムペ以来…ネット歴は長い部類になるのかな。それだけ色んな人達を百人単位で見てきたことになる。車関係では若者たちの多様な志向を知ったし、”2ちゃんねる祭り”というネット内騒動も処置してきた。山関係では中高年の画一的な金太郎飴に出くわし、ネットを開けば中高年のパターン化された「人間模様」が間断なく寄せてくることに気づく。ここいらで…ネットに支配された思考や生活を停止しよう…と思うほど。

●仮面を被って、、、「他を意識した」自分があって、「他にウケの良い」写真や、当たり障りのない論調にうんざりする。本音が裏に押し隠され、代わりに「虚構」が表に押し出される風潮。他を「意識している」、他に「観られている」、他に「嫌われたくない」、、、そんな自分が書き綴った意味のない「仮面」たちのブログ。 それじゃぁ 反対に考えるとどうなるのだろうか?…「素の自分」が内外面に起きている事実を書く、それをどう思うかもキチンと意見を書き添える…となる。この辺が気になり当ブログも暫時休憩…点検中だ。 結局「軟弱さが身を守る」とでも人生訓を得ているのだろうか。

●主客逆転生活、、、 ネットのために、ブログネタのために、山に登っているわけじゃないだろう?耳が痛いか?w が、ココを主客転倒するケースが増えてるんじゃないのかな?皆さんはいかが?一概に否定もできない?(´▽`*) 普通に自分の生活圏をとらえると、この冬空にそんなにそんなに「事件」は起こっていないと思うが、違う?w いや? 無理して起こそうと努力してるんだったね君は。ブログネタのために三日に上げず山に登ってるんだから。 

-------------------------------------------------------------


まだ今年も、、、里山を歩かないつもり 

今まで此の方、「里山を歩く」という概念を自分は持ちあわせてこなかった。学生時代から「山岳指向」で今もって頭の中は、標高でいえば4桁以上(出羽丘陵など例外はあるが)、高低差なら00m以上、時間で言うなら登り2時間以上。それが自分にとっての「山岳」基準であり、それ以下は意に沿わなかった。いわゆる「山の深さ」を尺度にあてがっていた。その尺度以下を「山」と称する感覚が自分には「ない」。

福島育ちだからか、学生時代から山はキスリング担いで「飯豊、朝日、吾妻…縦走一本」だった。社会人になってからも南会津の雪山だったし、仙台では「沢登り」ばかりで、里山といえば泉ヶ岳ぐらいだったろう(泉ヶ岳は奥山に分けられるけど)。逆に…僕にとっての里山は「焚き付けを拾う裏山」。その焚き付けでさえ「山止め」を決めて「山のくち」まで入山できなかったもんだが。里山はそもそも歩く対象になかった。他家の裏山でもどこでも歩くといった今の風潮がとても不思議だ(笑)そのうちイノシシの罠に人間がかかるんだろう。

幸か不幸か 体力的に登れるうちは「山岳指向」でいたい。今でもそう誓ってる。飯豊、朝日、南会津…のテント山行が主体、小屋泊まりも多くなる。朝晩の「空気感」を身に着けずに、「公然と山に登ってきた」とは言い難かった。生まれたときから山が深かったので 山での野営は違和感なしむしろ必然だ。逆にそれができなくなった時、「自分の山」という概念を捨て去ろうと思っていた。その頃からでも里山を歩き始めようか?スポーツ登山をして汗をかこうか?と思っている。

しかしそうは云っても いつまでも「自分の山」に未練タラタラ…ってのが一番よくない 一応、わかってはいる(´艸`) 


d0347140_13333692.jpg
晩酌の供 チンピラゴンボw





[PR]
by tabilogue2 | 2018-01-08 20:00 | mount | Trackback | Comments(0)