人気ブログランキング |

後白髪山 踏査報告

d0347140_19085910.jpg



雪の付き具合 夏道の出具合などの調査に行ってきました 結論から、、、雪の消えるスピードが「今夏は早い」です いま言えることは 雪が柔らかいので「直登」はロープなしでも可能とだけ。但し アイゼンは必携ね。 でも 万全で臨むなら ロープを100mほど張って 簡易ハーネスで プルージックですね。 上の写真では、緩斜面にしか見えませんが m(_ _;)m・・・実に急斜面です。

山頂手前の登山道までの100mほどは 「踏抜き」あり~の 「藪こぎ」あり~の です。 藪こぎを最短で終わらせるには GPSを使って真直に夏道への最短方向に進路をとること! 山頂は 以前の踏査時点から 既にもう雪はありません。「ヤンビツ尾根分岐」から 上空沢へ向かう急斜面の夏道は 所々雪が残っています。 ここの雪も 消えるのは時間の問題でしょう。

1124標高点から下空沢伝いにも下降してみました。 下空沢の夏道横断地点は たっぷり残雪がありますが 特に問題なしです。 上空沢の夏道横断地点は 沢への下降に残雪があります 急斜面で 様子見。 なお、催行直前に、、、上空沢の残雪、その貼りつき具合を もういちど点検します。 おそらく今から10日後には 雪は消えていると思われますが、、、いちおう 念の為。 ココさえ消えれば、上空沢から約50分で山頂までいけます。以上です。


d0347140_10052392.jpg

前回の画像、同じ位置、割れ、解け具合を撮影しました

d0347140_10222033.jpg

前方転倒


はこの冬、雪山登山を始めたばかり。初心者レベルを超える、彼の「滑落停止技術」を眺めてきました。 いけッ!ヤレッ!と云われw 頭から転がることを躊躇なくできる…わけですから すんごい度胸ですね。 ロープの結び方も アンカーの採り方も パッとやりこなしてましたから。よっぽどこの冬、雪山技術を訓練・修得したんでしょうね。凄い努力だと思います。 あとは、沢でのルート判断と 岩場でのビレイ経験を積むことでしょうか。仙台勤務の間に「禁忌事項」を身に着けてほしいですね。


でもね ノッてるところを水差すようですが? 自分の経験から、、、まずは「怪我しないように~!」心がけです。 アイゼン交錯や、勢い余っての反動などで怪我したら意味がない、道具でケガ?なんて「真逆」ですね。

d0347140_10224144.jpg

左手ピッケルでの転倒

d0347140_10250419.jpg

右手ピッケルでの転倒

d0347140_10231662.jpg

停止

アイゼン装着の靴も上方へ綺麗に上がっており 見事な制動姿勢です 左手(スピッツェ側)でのシャフトの「掻き上げ」が明確にあれば、尚 最高(´艸`) 35度ほどのこの急斜面で 前転倒から完全停止まで、機敏な動きの彼でも15mほど 流されました。 緩慢な動作であれば さらに15m以上は流される…たぶんね。ほんと、落ちるのは アッという間だから。

スノーバーはアンカーとしても ランニングビレイ支点としても使います。 スキーシールによる「抜け防止策」を 済ませてから使用しましょう。バリを取り除く 角を丸める 穴も滑らかにテーパーを掛ける等も 済ませること。 スキーシール貼付け方法 は以下の通りです。

沢登りで実践的に使う結び方 … エイトノット ブーリンノット エバンスノット タイオフ ダブルフィッシャーマン フリクション(プルージック マッシャー バックマン) インライン8ノット バタフライ インクノット(クローブヒッチ) 半マスト

イタリアンヒッチ(半マスト)… 雪面や岩場をツルベで登る際は便利です。流動と制動のどちらにも使えるので覚えましょう。
インクノット(クローブヒッチ)… 岩場でセルフビレイの際には常に使います 是非とも覚えてください。 必須です。
ブーリンノット(ボーライン)…「ブーリン結び」はハーネスのない時、緊急確保の際に使います、片手でもできるように!
ガルダーヒッチ … カラビナ2枚でフォロアーをビレイできる。引き上げる際には、ロープが後戻りしないアッセンダー的役割

立木に結ぶ…ブーリン、インクノット。 ボディに結ぶ…ブーリン。 片手で、ボディへのブーリン結びを練習しましょう。
その他・・・ スキーシール処理済みスノーバーと 未処理スノーバーとを同時にテンションかけて「抜け」を比較します。


d0347140_19105278.jpg

下空沢です 雪は充分にあります

d0347140_19095763.jpg

下空沢の出会い

d0347140_19063548.jpg


ブナの若葉は900mまでがきれいに緑色
青い空の背景に 白いタムシバがポツポツと咲き、スミレも顔を出していました
登山道は まだ一部で雪が覆ってますが 間もなく消えます

それから ブヨが出ました まだ余裕がありますがw 
いずれ 防虫ネットをお忘れなく





by tabilogue2 | 2018-04-28 19:12 | 船形連峰 | Trackback | Comments(2)

d0347140_17215016.jpg
妖怪 あかいのっぺらぼう




岩手、遠野の文学者であり民俗学者である佐々木喜善(ササキキゼン)の生家、
土淵を訪問したい

以前に書いた*会津学 vol.5 の記事で理解できなかった
姥捨ての地:デンデラノ(蓮台野)、死の世界:ダンノハナ(壇の端)とを
佐々木喜善の生家から この目で眺めようと思う 

関連書物をあさっている最中だが 調べれば調べるほど遠野に住み着かないと 
知れないことが たっくさん出てくる 既に お手上げ状態だ。

どこから? 手を付けてゆけばいいのやら? さっぱりわからない 
先に深く親交のあった宮沢賢治の考え 共通であった”エスペラント”の志向を理解したい 

賢治が好んだと云う種山高原にゆき 「おお風」の中に立ってこよう 
近くの山々には 50基ほどの風車が回っているという

あ、市原悦子さんの朗読も聴かなくちゃ 山師のオヤジと転校生高田三郎
青い胡桃を吹き飛ばせ~♪ 酸っぱいかりんも吹きとばせ~♪



周囲の山には 安倍一族の冠がつけられたものがあり 
生活圏に大和朝廷文化との交わり、蝦夷文化の排斥が散見できるという 
それと六角牛山にも登ってみようと思う。
眼下の遠野と その地の暮らしが眺められるだろうか

その後に「遠野物語」の柳田国男に民話を口述した
民俗学の先駆者:佐々木喜善の”人となり”にアプローチしてみよう

とはいえ、、、「遠野」を研究した先人はあまたおられるわけだから
その中、エキスを吸えれば 素人としてはそれで充分
”古”を興し、満足するよな「懐古趣味」に浸るつもりはさらさらない
ゆくゆく、赤坂憲雄先生の講釈が理解できる素地になれば…それでいい。









by tabilogue2 | 2018-04-26 16:51 | 花巻 遠野 岩手 | Trackback | Comments(4)


d0347140_18565539.jpg
Pentax 100mm macro



山形県左沢(アテラザワ)の中世代の山城 楯山城跡の曲輪に咲く、キバナノアマナというユリ科の小さな花を見に出かけました。テッペンまで車で行けるので 下から登ろうという考えには至らず、ソロソロ車を進めると「日本一の公園」と称される最上川を見下ろす景勝地に出ました。実にイチコロニコロサンコロです。これで田んぼに水を満々と張った季節になれば 月の光りで見事な写真が撮れちゃうんじゃないかしらん? 懐手にしながら髭をさすって胸算用はじいてみました(笑)

左沢駅が右手下方に見えました。目をつむれば、イヤ 開いていても思い出しますがw大学1年時に学友と2人で左沢線(ザワセン)でこの駅に降り立ち、*予約しておいた宮宿経由の朝日鉱泉行きの小さなバスに乗りこみましたっけ。揺られながら遥か遠く、夏休みの山旅に向かったことを思い出します。懐かしい。最初の小屋が鳥原小屋でした。嗚呼…と感慨に浸れども 当時山以外には目もくれず、花の何たるかの知識も持たず、ただ只管に歩みを進め翌日には以東小屋まで行けたりして なんともはや ただ歩くだけの味わいのない縦走でしたw

複雑な地形の曲輪の中に足を踏み入れました。展望台の後手から3段ほど下りた当初は、他の草たちに紛れて一つも見つけられず。目につくのはエンゴサクばかりで…諦めかけていたのですが 周囲に眼が馴れてくると黄色い花が咲き出しているのが不思議と分かってきます。日が昇るに連れてそれが緑の中に目立ち始めました。たった滞在1時間の間にたくさんのキバナノアマナを見かけることができたのです。以前、白いアマナは見ていましたが今回の黄花は初めてです。春爛漫の野に咲く、”可憐”という言葉のためにあるような 貴女のような?とても慎ましい花です barabaraさん情報ありがとうございました

d0347140_19034128.jpg

d0347140_19043834.jpg

d0347140_05543270.jpg

d0347140_19064605.jpg

d0347140_19171889.jpg

雪解けの水を満々とし、置賜からの流れはこの城下で180度(測ってはいないが…)屈曲する。交通の要衝の地 左沢。

d0347140_11285622.jpg


長井に向かいましたが 目的の農家レストランはご法事の貸切営業とかで、、、帰路の荒砥に向かい、素朴な農家蕎麦屋の「熊屋」に立ち寄ってもり蕎麦と追加一枚を戴いてきました。ツナギを使わない蕎麦粉100%の短い蕎麦ですが「白鷹の隠れ蕎麦」の純朴さを提供なさる蕎麦屋さんです。タレが椎茸で出汁をとったような味がしましたが、何でしょう?二度目の訪店ですが謎解き未了です。

お腹が塞いだところで、揚々と黒鴨温泉まで足を伸ばし ヌルヌル蕩けるような泉質のPH8.8のお湯を浴びました。足下を流れる川は雪代で激流です。こちらの「黒鴨の即身仏」様は5月連休まで公開はされないようでした。ちなみに頭殿山の積雪期登山口です。宿の婆さまは頭殿山を”トオドノオヤマ”と言わっしゃっておられましたね。

d0347140_19370849.jpg


今日の山形は28℃まであがったのかな?旧車にとっては過酷な一日となりました。RR車なので既存のリアラジエターに加え、フロントに増量コアラジエターを増設し 水温対策は済ませてあったのですが山形の暑さは容赦なかったようです。山形市緑町の「鯛焼わかば」さんの店先で 緑の冷却液を御商売中の店前に撒き散らしご迷惑をおかけしました。店主に詫びると「きにしなくていいよ~」の一言。まことに申し訳ありませんでした。

いつも予備に持ち歩いている(笑)2リットルの水を足しながら走りましたが、水温計を覗くとあれま!レッドゾーンをはるかに越えているじゃありませんか!? 直ぐにスタンドに飛び込んでラジエターの冷却水温度が下がるまで水をじゃんじゃんラジエターに飲ませてあげて定温を維持しつつ、ボロボロの頭でオロオロした上、ほうほうの体で帰路につきました。途中、笹谷峠で民家に水を求めて立ち寄り、大量に頂いてご親切にわざわざ表まで出て戴いたり 様々な御心配ご厚情をいただきました。

みなさまのご厚意に感謝申し上げます 誠にありがとうございました。お陰さまで車共に無事帰宅できました。御礼申し上げます。



*車両前後に搭載した2基のラジエターを1基のウォーターポンプで循環させており、その力が弱いことと配管の途中に空気の層があってか?循環が巧く行かずに、沸騰した冷却液がフロント側のラジエター継手からダダ漏れしていた状態でした。今朝ほどオーバーフロータンクのラジエター液量を見た所 ほとんどカラに減っていたのでエンジン&配管内にバキュームされた事がわかっており、空気の漏れは治まったかもしれません。さらにショップに行ってパイプ継手の増し締めを行い、ラジエター液を総取っ替えすれば「なんとかなるはずです」 とまあココらへんは「修理は推理だ」の世界ですがw

*追記の追記…結局、フロントラジエターに水漏れ穴を発見。修理不可なので新品コア購入・交換と相成りました。

*追記の追記の追記ヤフオクで年代物のデッドストックが放出されていました。20段コアの出物 さっそく落手。なかなかパーツのない中で 加工せずに取り付けられるのは有りがたい。にしても「ねん金生活者」にとって旧車は弊害多々でがんす(´;ω;`)





by tabilogue2 | 2018-04-22 18:57 | アラカルト | Trackback | Comments(4)

d0347140_07430135.jpg

後白髪山 山頂

この画像の右手にある雪面を登ります。中ほどまで傾斜角35度ほどの急斜面です。ご覧のように斜面中央部には「立木」がありません。ビレイするにも程よくとれません。斜面左側のブナ林には立木があり安全ですが、雪が薄いので消えるのも早いでしょう。斜面右側はデブリこそ在りませんが 中腹から雨で沢のように流れた跡が一筋あります。どれだけ雪が残り、薮が出るのか? 今はまだわかりません。次回28日の踏査までお待ちを。

d0347140_07433634.jpg
雪堤の雪に深い雨溝が掘られ、ゆくゆく庇は崩壊する


d0347140_21445055.jpg


「船形山のブナを守る会」5月観察会の案内が郵送されてきましたがサブリーダーらしく(笑)「観察会と登山」というテーマを補足する意味でポイントを書いてみようと思います。

---------------------------------------------

●後白髪山、、、標高点1124地点からコンターライン1200に向かってみて、、、改めて気づいたこと。

斜面の積雪状況はザラメ雪。所々、ザラメ斜面に硬い雪面と柔らかい雪面とが交互に縞状に現れる。斜度のキツイところは雪が硬く、比較的緩い斜度のところは雪が柔らかい。の汚れでその違いが分かる。柔らかい部分の雪は 大気の汚れ、自然なゴミなどが溜まって黒ずんでいる。硬い雪はキックステップに馴れた私でさえ10cmも蹴り込めなかった。せいぜいプラブーツの靴先が5cm程度入るか?といったところ。 斜度は「蔵王スキー場:横倉の壁」のイメージ。長さは50mロープで3ピッチ弱程度、120mあるかな? だが、ここさえクリアすれば、あとは中斜面と緩斜面が続くのみだ。 

コンターライン1150にて登攀装備を整え、ロープを繰り出しながら急斜面左側をスタカット&ツルベで試登してみた。ピッケルがバッチリ利いて安心感がある。適度に息抜きしながら、ジグザグに方向転換も楽チンだった。鋳鉄12本爪アイゼンはツァッケが効いて「逆ハの字直登高」、斜登高ともに問題もなく余裕だった。 アルミ10本爪アイゼンでの直登は意外に滑りやすく苦戦させられた。斜登高、横歩き(階段登高)が最適だった。

ロープでアンザイレンしピッケルとアイゼンを装着。催行当日もこの装備なら何の問題もなくイケルはず。斜度そのものは斜面の中にいると、意外に意識することも判断することもできないものだ。たった2ピッチだったけど距離は100mはあるわけで、、、案の定、下部を見るとブナ林が遠く、小さく感じられた。こんなところで滑落するのはゴメンこうむりたいので、「無防備」の参加者はココは登らない方が良いと判断した。山スキーなら最高の斜面なんだがね。。。

あと一月、雪の状態がどのように変化するか? これから未だまだ変化するので不確かなことは言えないが 女性の脚力を勘案し、キックステップが10cmほど楽に蹴り込めるほどにザラメ雪が柔らかくなったとして それでもアイゼンだけでは不安。ピッケルもしくは「チェストハーネス装着+プルージックで確保」が必要な登りになろうかと思う。 

●今回の結論  
アイゼンのない人は「雪堤伝いに山頂」サミットプッシュは無理・・・ これが現在での私の結論。「夏道の雪解けが間に合えば」という条件付きだが、下空沢(シモカラサワ)を雪渓伝いに200mほど東進して「夏道」に合流し、のちに矢櫃(ヤンビツ)尾根に向って山頂へ…が「正解」(下空沢から2km 60分)。このルートなら全員が山頂に向かえる。 28日にもう一度踏査し「夏道が出たか? 雪の付き具合は?」などで最終結論となる。お待ちあれ。

●小道具をお持ちの方へ
ロープ ピッケル アイゼン テープスリング カラビナ お助けロープ(細引き) 60cm以上のスリング各種 当日 お持ち寄りください。 小関代表 千葉さん ロープの用意をお願いいたします。「安全を補助する」「安全のための道具」という観点で「小道具を積極的に使う」のであって、 道具を使うから危険だ!…という考え方ではありません。

●技術的には
アイゼンでの「逆ハの字直登高」ならびに「斜登高」「横歩き」(階段登高)がベストな登山方法になる。急斜面を登るなら…チェストハーネス(120cmまたは150cmのテープスリングとカラビナ)、プルージック用スリング60cmは必携。
ここからは一般的な話になるが、、、急斜面を途中まで登ってから…「蝉」のように固まる人が居る。よく岩場で見うける光景。その対策には50mロープを張って、「チェストハーネス」を身につけさせ、「プルージックで確保する」のがベスト! ついでにその方々をロープで「ガルダーヒッチで揚げる」ことも さらに「エイト環で下げる」ことも その両方を想定しなくてはいけないので その場合はロープ捌きのできる人が数名ほど欲しいところだ。

担当としては上記のように判断。しかし今回の「案内状」には小道具のことは一つも記されていなかった。つまり道具を使う方法は「ボツ」ということか?((+_+))  逆に考えれば、、、道具を使って登ったほうが如何ほど安全か計り知れないのだが…。皆が皆ロープを使うことに賛成とは限らないから まあ仕方がない。

d0347140_12122031.jpg
左の長陵が後白髪山 右端は夏道のあるヤンビツ尾根。ほど左の雪が5月に予定する登山ルート。中央部の雪渓は上空沢の雪渓。ちなみに下空沢は見えません。


d0347140_07344367.jpg


d0347140_09244398.jpg
↑クリックで画像を拡大できます
標準タイムは4時間? 1時までに山頂に着けたら 最高だね。



by tabilogue2 | 2018-04-17 22:09 | 船形連峰 | Trackback | Comments(2)

d0347140_21050290.jpg



ラーメン本竈本店さんに伺った。

リバイバルと云うには「時の経過」が足りないけれど。。。
以前の復刻版とでも言おうか?
「限定メニュー」に気づかず、思わず食券を買い直した。

黒胡麻担々麺 
以前に黒胡麻リピーターと言われるほど 
毎週食べていたのだ。
黒胡麻を食べていれば「風邪ひかないよ」 
Qさんに言われて信じていたほど。


それが今月の限定メニューとして復活していた
となれば? 
食べないわけにはいかない。。。
この大きな丼のそこに 黒胡麻のスープが潜められたまま
よくよく掻き混ぜて いただきます! なのだ




by tabilogue2 | 2018-04-15 21:06 | Cafe/ Bar/ Foods | Trackback | Comments(0)

d0347140_19052326.jpg



小桧原川(コヒバラガワ)の向こうが湯井俣川(ユイマタガワ)。
茂松沢から離森に登って鍋森へと続く草原を確かめ 北沢 楢山沢などの谷を降りてきた。

50mもの直瀑、白糸滝沢も左側途中まで登攀した。
北ノ沢、オリト沢、南ノ沢で赤見堂に出るし湯井俣川源頭で枯松山に出る。 
夏合宿で湯井俣流域の枝沢ほとんどを踏査した、慣れ親しんだ流れだ。
その左に丸森山、それを挟んで八久和川(ヤクワガワ)が出合川(デヤガワ)と名前を変えて
ずうっとこちらの紫ナデの北側にまで食い込んでいる。
紫ナデの対岸は以東・エズラ・茶畑山だ。

その頃、会の夏合宿では八久和流域の完結を目指していた。
結果は海外遠征組の遭難事故*発生により緊急招集がかかり平七沢を辿って終わっている。
翌年には完結できたはず、、、。
一度でいいので 狐穴小屋にソロリと沢姿で現れてみたかったw 

しかし、あの海外組の遭難事故以来、僕はほとんど山に行かなくなった。
遭難対策連絡本部を一月近く務め上げて 魂のほとんどを燃やしてしまったようだ。
何故 海外登山なのか まったく意味の無い遠征で命が失われた リーダーの責任は絶対にある

眼下に大桧原川を控える紫ナデから、、、 月山を遠望する 
月山の手前に赤見堂、その左手奥に離森 鍋森、右手に石見堂が横たわっている。
春は、高安山~茶畑~以東と雪の紋様が虎斑のようになってるはずだ。
朝日の稜線はたおやかで東北の峰々という感じ・・・
離森の草原と池塘や赤見堂までのコンモリ感など地図を見ながら何とも言えない気分になる。

丸森山の左向こうにムカゲ沢を抱えて高安山が構えている。
八久和川の入口に構える綺麗な山だ。
朝日軍道の北端部、高安山のムカゲ沢遡行、最後の詰めが泥壁となり
ハンマーを打ち込みながら木の根を掴んで登った。
フタマツ沢を下降する前に、灯明岩を左に見ながら眼下に八久和の流れを障子ヶ岳方面まで目で追った。

その時は、一言 遠いなぁ・・・と思ったものだった。
そういえば北面の高安沢での滝の捲きで落石に遭い、足の親指にヒビが入ったっけ。

まあ いずれも30年もの時間が経過している 懐かしい山たちだ。
この記録をめくるたび メラメラとヤル気が熾きてくるのは 今でもとても不思議だ。


d0347140_19540949.jpg



d0347140_19541991.jpg






by tabilogue2 | 2018-04-13 19:05 | アラカルト | Trackback | Comments(0)

d0347140_14073701.jpg






いよいよ今年も旧車ファン必見のイベントが始まります


4月14日 ー 15日

勾当台公園 市役所前市民広場

花冷えです 暖かい格好でお出かけくださいね

とくに 子供さん連れは新学期が始まったばかり 要注意です








d0347140_13422265.jpg


現代的にリファインされたモーガンですね? 



d0347140_13410685.jpg

PORSCHE 356 Aですか? Bですか?







d0347140_12563240.jpg



d0347140_19212153.jpg



d0347140_19220130.jpg




d0347140_12500304.jpg





d0347140_19261308.jpg




by tabilogue2 | 2018-04-09 21:12 | Car | Trackback | Comments(2)

撮ってる・・・って?


d0347140_14593309.jpg




こうして数年前の写真を引っ張り出してみると・・・

画角の中で 配置とか構図とかを考えながら
一生懸命 あれこれ悩みながら 撮っていたような
そんな 自分を想いだした

最近はというと・・・

ブログ用に証拠写真を撮ってるだけ? 
少し手荒な表現だけど 漫然とした山岳写真の羅列
広角レンズに頼っただけの ”機材の性能任せ”な 
だだっぴろい 風景写真ばかりで 内容なしw

反省しきりだ 

画角いっぱいに風景の画で終わらせてしまって
ヒトヒネリすら ない
被写体のフォトジェニック性にすがって 飛びついてばかりじゃ
写真を「撮ってる」って 言えやしない

こんなんじゃ だめだな。。。
厭きてしまうのは 時間の問題だな

cafe 街 人の居るところ・・・?
被写体と出会いに出かけるかぁ 熱込めて見つめないと

見逃がしちまう。



d0347140_14584073.jpg





d0347140_11412056.jpg




d0347140_11425564.jpg




d0347140_14573934.jpg





by tabilogue2 | 2018-04-09 10:43 | Cafe/ Bar/ Foods | Trackback | Comments(0)

d0347140_12534973.jpg



今日は趣味車の集まり、「泉ヶ岳ミーティング」イッズ・ミーの日。

車検が間に合わずに 乗り付けることができませんでした。
5月のイッズミーは「観察会」と重なっていて これまた不参加になります。

昭和41年(1966年)に造られた車なもんで さらに2年間も格納していたんで
いきなりボンッと火を入れてw、、、スタートできません。
あちこち点検して ゴム類交換して いよいよ明日 車検です。

排ガス規制前の車なもんで、、、特には問題ないのですが 少し心配。
錆びもとらなくちゃ・・・((+_+))ハア…

代わりに 愛車10インチミニが2年間 格納になります。
売りたいんですが イザとなると愛おしくなり手放せませんです
高値で売れるはずですが 中古車屋さんに声がけできず オロオロ(´艸`)


さてと今日はラーメンのお話 

「味の新宮」小鶴店に立寄って腹を満たします。
登山帰り、JR仙山線沿線登山の帰りには 食べたくなるんですねえw

僕の場合 酢を多目に どんぶり一周半ほど垂らして
揚にんにくを一盛りもって さらにGABANの黒胡椒かけて

甘くて 酸っぱくて にんにくが利いて 美味しいんですよねえ 
カラッと揚げられた豚肉のパーコーが イイんですよねぇ 実にたまりませんです。
登山後に塩分もとれて さらにスープが旨いんですココ 懐かしい味。。。

一日の疲れが すっかり消えていきます。 
餃子も旨いんですよ。 登山の打上げには ピッタリのお店です。

 


「味の新宮」小鶴店  月曜定休 夜8時まで営業





by tabilogue2 | 2018-04-08 11:36 | Cafe/ Bar/ Foods | Trackback | Comments(0)

d0347140_21001753.jpg


雪道を走れる車がない今、冬季7回目のJR仙山線登山でした。すっかり仙山線にはお世話になりました。6時に自宅を出て8時には面白山高原駅。カモシカ尾根を登り 山頂から天童高原経由で循環してきました。時間が読めるって 最高ですね。遅くとも17時20分に乗れば 夕刻ギリギリには帰宅可能ですから 17時までゆっくり歩いてスギ花粉に殺られながら「グチュグチュ」させ 一日中歩けばそれでいいんですw

さて、すっかり雪がなくなり 長左衛門水平道まではオール夏道でした。プラブーツが重いです(笑)水平道から上部はザラメ雪で詰まっている急斜面。おまけにいやらしいクラックの斑模様のやりにくい斜面。斜面を前にちょいと一服、、、ストックを折りたたみ ザックサイドに括ってピッケル&アイゼンを出して いわゆる「ピッケル&アイゼン登高」が山頂まで。雪山から春山に姿を変え、残雪の山々が楽しみですね。

100m続く急斜面の中ほど・・・・下山してきたソロの男性とすれ違いました。挨拶を交わし数歩やり過ごしたときに ザザザーッ という音。振り向きざまに ソロの男性が落ちていくのを目にしました。ストックで止めようと必死にもがく。突いたっ!と同時に反転し、頭から仰向けに滑り落ちる、あっという間その男性はブナの木に思いっきり体当り、一度は止まりかけましたが 勢い余ってさらに5mほど滑り落ちました。暫くうずくまってたけれど、、、立ち上がったようで、まずは一安心。 

その方、朝の電車が一緒だった男性ですが かなり飛ばしてのピストンのようで・・・、おそらく足にきてたんじゃないかな? ソロだから 休憩も充分とらなかったでしょうし。。。上り電車は午後1時半、次は午後3時半。2時間も待ち時間があるのは確かにツライ。急いでいたんでしょうね。いきなり15mも滑落って・・・怖い!まだこんな斜面だからいいですけど。これが100m 200m ってなれば? 一般ソロ登山者の現実、「春山の恐怖」なんです。それにソロだから、休憩せずに歩きっぱなしでしょう?


d0347140_12470849.jpg

一般登山者の典型スタイル=軽アイゼン6本爪+ダブルストック、ピッケルなし知ってか知らずか 春山は一旦滑り始めると止まりません。アルミ10本爪でさえ 滑り出すんですから…! 滑るのは承知していても 止める道具がないんじゃ どうしようもない。 打つ手なし 無防備そのもの。ザラメ雪じゃ止まりません! 朝のうちは 氷結して軽アイゼンでも効きがいい。午後は…腐れ雪で 表面下10cmほどがザラメ層になります。

朝に効いたはずのアイゼンも 午後はまったく歯が立ちません。おまけにアイゼンの「プラスチック製アンチスノープレート」がさらに滑る役目を果たし どんどん滑るわけです。軽アイゼンの刃は短いので なおさらザラメには役立ちません 春は氷結斜面以外はまったく効きません。頭から滑り落ちて 天地逆さまじゃ仰向けになって 頭から立木に激突★★★ストックが長いので、止めようにもなんともならない ただ空を掴むようにもがくだけ? 落ちるに任せる 哀れ。


d0347140_12173990.jpg


急斜面でのピッケル&アイゼン歩行は三点確保が基本春山でピッケルを持っていない人は・・・「それで いいヨ」って 何処から知識を得たんでしょう?ピッケルの使い方がわからない? 仮に滑ったらどうする?、、、尖がってる先を雪に打ち込めば「初速」なら片手でも止まる!三沢山から北面白山の山頂まで、長左エ門水平道から山頂まで、、 縦走用ピッケルが必携になります。

歩き方は・・・ピッケルを刺して、一歩、そして二歩、進めます。前進も後退も ピッケルを刺してワン・ツー。ピッケルを刺してワン・ツー、ピッケルを刺してワン・ツーのリズム、急斜面の定石です。キツイ斜面は カニ歩きでジグザグに登ります。雪に刺しこんだピッケルが効いてるんで 怖くありません。ピッケルは 常に(自分に対して)山側に位置するように持ち替えながら 確実に刺しこむようにする。アンザイレン時のロープは 自分に対して谷側に位置するように持つ。左斜上は右手にピッケル左手にロープ。右斜上は左手にピッケル右手にロープ。ジグザグの度に持ち替えます。理由は 刺したピッケル支点から滑リ始まった所までの距離 =「落下のモーメント」を初動で最小限にするため。

下降時はピッケルを刺して横歩きで 一歩目を少し大きめに下方へ踏み出します。二歩目は小さく添える感じ。急傾斜では なおさらピッケルでの「三点確保」で降ります。とにかく キッチリ刺しこんでください。急斜面で、氷結バーン、、、なら ピッケルの尖った先(ピック部)を氷結面に刺して バックステップで下りる。ピッケルを打って 後ろ向きにワン・ツーでおります。最大傾斜角に近い登下降は、どんなアイゼンでも滑りやすいんで、最大傾斜線に正対して降りる」のは危険が増します最大傾斜線に対してアイゼンを真横」に置いて カニ歩きのように登下降します。過信」は禁物ですがね。

とまあ こんなことを山岳会にあっては教えてきました。一般の皆さんにも教示は必要で、今日からでも覚えてください。実戦でやる前に 何処かのお山で練習を積まないと 急斜面の山には なかなか思い切りよく入れません。


d0347140_15165361.jpg
在庫販売も秋まで になりましたね 富士フィルム(モノクロふぃるむ)
by tabilogue2 | 2018-04-05 21:06 | 面白山 | Trackback | Comments(0)